こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

国交省のボンドアース線太さの根拠、計算方法について

国交省標準仕様書によると
ボンド線の太さ選定として
配線用遮断機等の定格電流100A以下:2.0mm以上
225A以下:5.5sq以上、600A以下:14sq以上となっていますが
この根拠と計算方法を教えて下さい。
内線規程『1350-3表』の接地線太さより細いので根拠が知りたいです。
ちなみに、動力トランスのB種接地線の太さを求める計算式で計算すると
上記国交省の太さに当てはまります。(ボンド線の太さが3パターンしかないので何とも言えませんが...)

投稿日時 - 2015-11-12 22:15:08

QNo.9079401

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

公共建築工事標準仕様書(電気設備工事編)67ページ
http://www.mlit.go.jp/common/001108790.pdf
本件のボンディングとは例えばケーブルラックや電線管に接続する線の事ですよね?
(所謂等電位ボンディング)

因みに公仕にもC種、D種接地工事なら53ページに内規と同じ表が記載してあります
こちらはモータ等の負荷に接続する接地線です


等電位ボンディング線の太さに関しては
JISC60364-5-54:2006
建築電気設備-第 5-54 部:電気機器の選定及び施工-接地設備,保護導体及び保護ボンディング導体
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=399136
それなりの記載は有るが
例えば「ケーブルラック同士を接続する場合の太さ」と明言した条文は見つかりません

http://jecamec.jeca.or.jp/catalogue.php?top=7510&id=7739#7739
めんどくさいのでケーブルラック純正ボンド線を使用するのが業界の慣例では?

投稿日時 - 2015-11-15 17:51:56

お礼

ご回答頂き有難うございます。

回答者様の仰る事は私も認識しているのですが
今回の質問は
あくまで質問に書いてある国交省のボンド線太さの計算根拠が知りたいのです。

投稿日時 - 2015-11-18 21:48:23

-広告-
-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-