こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

出世できない中小やベンチャーに何かメリットあるの?

中小企業にありがちな、創業者一族のみが儲かるような会社に長く勤めることのメリットって何がある?

そりゃ成果出せばある程度は評価されるだろうが、結局は社長の息子に追い抜かれるし、要職は創業者の娘婿とか一族の連中に占められるし、モチベーションが上がる要素ないと思うんだけど。 もちろん、社長に惚れてその右腕としてみたいなのはあるかもだけど、単に就職先としてみた場合、オーナー企業で働くことのメリットってある?

キャノンやサントリーくらいの規模なら、創業者一族が入り込んでも上手く回ってるけど、上場もしてない中小企業で創業者が身内をいれまくってるような会社でバリバリと仕事する意味があんまり分からん。

どうせ成果あげたって、得をするのは社長をはじめとした創業者一族だよ?自分が死ぬほど頑張っても会社内での地位もあっさり社長の息子に取られるのなら頑張る意味なくね?

中小企業以下のベンチャーや零細企業でも同じで、ストックオプションも貰っていないのに昼夜問わず働かされてIPOをやらされたりとかしても自分は大金をせしめられないし意味がない。

ベンチャーの採用でよく言われる「ポストが空いているからすぐに昇格できる」っていうのも、ポストが空いていたら人材会社に頼んで人材を買ってきてそれで埋めるから、内部昇格とかさせない会社もあるし。


中小企業やベンチャー企業の良さって大企業と比べて競争相手が少ないから出世しやすいってことだけでしょ?

福利厚生、給与、賞与、退職金、全て大企業以下なんだから中小って。

だから中小企業やベンチャー企業って大企業に入れなかった人が、出世してマネジメントラインに乗って自分に箔をつけて転職なり起業なりするための踏み台にするための場所ですから、出世できなのならさっさと辞めるべきでしょ?

出世しないと公衆便所以下の環境しかないんだから。

投稿日時 - 2015-11-03 11:15:59

QNo.9074163

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

質問者さんの言うとおりです。

でも、その「創業者一族のみが儲かるような会社」を辞めたとき、次の就職先が見つかるか?見つかったとしても、給料はどうか?ブラック企業が多い昨今、現状よりも職場環境は悪化するかもしれないかも?、という迷いがあると思えます。

将来的には、この会社を辞めたほうが良いかもしれないけど、短期的には、辞めたあとが大変そう、と思えて辞める決断ができない方が多いのではないでしょうか?

投稿日時 - 2015-11-03 12:35:45

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

質問を別々にされてますが、同一質問のようですから合わせて回答を
させて頂きます。

まずメリットですが、正直に言ってありません。給料は入社当時のま
ま。地位も入社時に与えられたまま。個人経営の造園屋に勤務してい
ますが、メリットと言えば造園に関しての知識が得られ、今まで何も
出来なかった事が出来るようになった事でしょうか。
給料が多くなるのは希望ですが、別に地位なんて必要ないと考えてま
すので、別に今は不満はありません。
出世しないと攻守便所以下の環境と言うのは言い過ぎです。出世だけ
が人生ではないと考える人も居る事を言わせて頂きます。
今与えられている現場代理人と主任技術者だけで十分と思ってます。

休みの件ですが、日曜と祭日は休みです。盆、GW、年末年始の休み
はあります。休もうと思えば休めますが、休んだ日の賃金は出ません
ので、出来れば出勤した方が良いと考えています。

投稿日時 - 2015-11-03 18:07:32

ANo.1

人間みな同じではないので、上昇志向の人もいれば安定求める人もいる
鶏頭牛後ということわざがありますが、どちらが良いかはその人次第なのです。

>自分に箔をつけて転職なり起業なりするための踏み台にするための場所
これは、ちょっと違うと思います。
転職先が大企業であれば、人材豊富で出世は鈍るでしょうし、
起業するならば、自分もまた踏み台になるのか?というジレンマに陥りませんか?

>中小企業やベンチャー企業の良さって
出世じゃなくて、自分の意見が反映しやすく、小回りができて、ニッチ市場へ対応ができることではないでしょうか?

つまり、中小やベンチャーはやりたいことをやるために起業した人たちが
ある程度の成功を収めた形ではないでしょうか?

そのニッチ産業を育て上げ、市場を開拓し、ニーズを作り規模を大きくしたからこそ
今の大企業があるのではないでしょうか?
二股ソケット、カブ(原動機付き自転車)、オルガン修理からの製造業への転換、SNS
まぁ過去の何もなかった時代と、今のあふれかえっている時代では環境・条件いろいろ違うでしょう、

さて、本題の中小ベンチャーで働くメリットとは?
自分のやりたいことをやっている企業に就職すれば、ノウハウを自分の物にできます。
そして長く務めるメリットは、関連する企業・人脈の信頼関係です。
信頼には、裏切りはいけません。
が、自分のやりたい事と会社のやっている事に差が出たとき、補正が効かなくなったとき
自分のやりたい道を進むため、すべてをなげうって、起業する為にメリットがあると思います。
やりたい仕事をやれているうちは決して「公衆便所以下の環境」ではないと思います。

投稿日時 - 2015-11-03 12:32:48

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-