こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

人口減少が進む地域の集会施設とコミュニティについて

閲覧ありがとうございます。
特に自治体・公共政策・都市計画に携わったことのある方の意見に関心があります。


昨今コンパクトシティや公共施設の統廃合などが議論されています。その際に、市街地に比べ人口減少の割合が大きいことが予測される郊外・農村をどのように維持、あるいは撤退していくかが大きな議論になろうかと思います。

ここで、議論の対象を公民館のような各地域に整備される集会施設に限定した時に、自治体の取る政策としては、
A. 「人口・利用者は減るだろうが、だからこそコミュニティの維持が大切だから集会施設を維持する」
B. 「人口・利用者が減ることが予想されるので、人口・利用者が残っていてもある段階で集会施設の更新は行わず廃止する」
というABの2つの大きな方向性があろうかと思います。もちろん、自治体はどちらか一方ということではなく、議論の中で複合的に盛り込まれていくものと思いますが、実態としてはABどちらかの傾向が強まってくるのではないかとも思います。

上記のような議論に関して、今後の自治体はどのように動いていくと思われますか?


議論をわかりやすくするために、この時の前提として、民営化や住民管理の可能性は無視するものとしていただきたく思います。

「とりあえず維持して将来検討」や「ケースバイケース」というような回答はもちろん現実的ですが、将来の自治体、都市地域の状況を想像していただいた上でより切れ味のある回答をいただけるとありがたいです。
(集会施設ではなく、学校に関して同様の議論があることは承知しております)

ご回答・ご意見のほど、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2015-10-14 04:40:14

QNo.9063663

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

教育委員会が管理運営している物件です。
人口減と市の予算が減少している状態で、どの様にするかです。
学校は、少児化と施設が古くなっているのが原因で、新しい学校を作り、統合しています。
公民館はAの方向で動いています。

投稿日時 - 2015-10-14 06:03:14

補足

ご回答ありがとうございます。
とすると、郊外・農山村では、極端に人口・利用者が減らない限りにおいて、自治体の予算が苦しくとも、現在の学区に公民館があれば建物寿命が来た際に建て替えるように動く「傾向」に進んでいくと「予想」されるというお考えでしょうか。

それから、必ずしも地域内で集会施設の整備状況は均質ではなく、他の学区には公民館があるのにうちの学区にはないというような状況もあろうかと思いますが、その点はいかがですか。

また、特に市と町村が合併した自治体だと、整備方針が異なるようにも思いますが、その見直しについては行われていくでしょうか。


長文となって申し訳ありません。一つでもご回答・ご意見をいただければと思います。

投稿日時 - 2015-10-14 15:29:39

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-