こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

インタビュー等の番組、泣くとアップにするのはなぜ?

インタビューや取材番組などで人が泣き出したり、涙を流すと顔や目元が急にアップになります。
どの局のどの番組というのではなくほとんどの番組がそれをやっているような気がしますが、あれってなんの意図があるのでしょうか。しかもずっとアップを続けているような気がします。
涙が視聴率を上げるとか?

投稿日時 - 2015-10-10 18:01:02

QNo.9061731

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「演出」です。
TVの編集は視聴率確保の為に行います。
「泣いた目元のアップ」で「瞬間視聴率」が期待できれば、アップの編集にこだわります。

投稿日時 - 2015-10-11 08:24:11

お礼

ご回答ありがとうございました。

「演出」かぁ、そう言われると納得できますね。

涙は人の感情の現れですものね。

それで視聴率稼ごうとするとなるとやはり売らんかな精神が先に立って、見てる側としては画面から目をそらしたくなります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-10-22 12:58:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

 過去に誤解された事件があったからだと思います。

 撮影中に泣き出した人がいたとしますよね。カメラが避けて映さないようにすると、視聴者は不審に思いますし、番組制作で出演者が泣く行為(暴言、暴行、脅迫など)をしているのではないかと疑いますよね。

 誤解されない為に、涙を流した人がいるとカメラをアップにして撮影するのだと思います。

 実際、映画の撮影などでは、出演者が監督から暴言を吐かれたり、殴られたりすることがあるそうで、そういうことを知っている人は、撮影中に出演者が泣いた番組は全てが作られているヤラセではないかと疑います。

 視聴率ではなくて、番組に疑問を持たれないようにする為のものでしょう。

投稿日時 - 2015-10-10 19:08:03

お礼

ご回答ありがとうございました。

そうか、そういうこともあるのですね。
ただ、泣き出した人を撮さないのではなく、逆にワイドにして全体像を映せば済むことだと思います。

ちょっと解釈が違ったらすみません。

見る番組にもよるのかな?私が見て不快に感じたのはワイドショーやドキュメンタリー番組の中でのインタビューシーンなどです。

顔が映って泣いているのは十分わかっているのに更にアップにする、その行為が無神経に思えたからです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-10-22 13:19:40

ANo.2

こんにちは

例えば2人で映っているより一人の方がインパクトがありますし
それよりもよったほうがさらにインパクトを与えます。

顔のアップにするのは顔が一番出やすく
その中でも目が一番感情が判りやすいパーツですから。

涙は視聴率取れますよ。

投稿日時 - 2015-10-10 18:17:53

お礼

ご回答ありがとうございました。

確かに涙は人の心に訴えます。ただ何でもかんでも涙顔をアップにすればよいというものでもないと思うんですが。

メディアのマンネリのようにも思えます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-10-22 13:00:58

ANo.1

どんな表情でどんな発言をしているかということを
報道したいんじゃないですか?
「泣いた」とか「笑った」とか「怒った」とか。

とおい、引いた画面で報道されてもよくわからないでしょう?

CMにあったように、裁判で小さく、「勝訴」と書いてもわからない。
大きな紙に大きな文字で「勝訴」と書いたほうがわかりやすいでしょ?

投稿日時 - 2015-10-10 18:12:14

お礼

ご回答ありがとうございました。
そうですね、確かにアップにするとよく見えますが、それ以前でもかなり近くて表情はわかるのにドアップにするのでちょっとなーと思ったのです。

笑った、怒った、はあまりアップにならないのですが涙を流すといきなりアップで、なぜそこまでするか知りたかったのです。

投稿日時 - 2015-10-22 12:55:19

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-