こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

インドネシア高速鉄道、日本案が中国に流出か?

インドネシア高速鉄道:中国案、用地取得など波乱含み
http://mainichi.jp/select/news/20151001k0000m030116000c.html

>「ルートも駅の位置も全部同じで、違うのは金額の見積もりだけ。これは明らかに先行する日本案のコピーだ」。中国が8月に提出した案を見たインドネシア運輸省の幹部は、毎日新聞の取材にこう証言した

>日本、インドネシア両政府は数年前から協力してジャカルタ-バンドン間(直線で約120キロ)での高速鉄道導入に向け、需要予測や地質調査など綿密な調査を実施していた。ところがこの幹部によると調査結果が「親中派」の関係者を通じて中国側に流出したという。実際、今年3月に中国が突然参入を表明してから、提案書提出までわずか5カ月。中国側が詳細なボーリング調査などを実施した形跡もない。


安易に陰謀論に走るのは良くないと思うのですが、・・・しかし、本当に売国奴が売ったのでしょうか?

投稿日時 - 2015-10-02 21:27:50

QNo.9057636

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(10)

ANo.10

インドネシアの経済は華人が握り、
資本は華僑が抑えています。
現在インドネシアも中国の海洋侵略の脅威下にあります。
日本が当て馬の出来レースです。
然し、中国の新幹線技術は日本の物です、
喜ばしい事です。
唯、仏に魂入れず、事故起こさないよう願うのみです。

投稿日時 - 2015-10-13 14:01:24

-広告-

ANo.9

 インドネシア側から中国側へ情報を流したのは間違いありません。

 今のインドネシア政府にしてみれば建設したいがお金は出したくありませんし責任は負いたくありません。
 日本案ですと政府が債務保証しないといけませんから、それを逃れるために中国に情報を流して参入させ競わせて有利な条件を引き出そうとするのはあり得ます。
 日本はインドネシア政府の債務保証を譲りませんでしたが、中国は受け入れました。
 中国は日本案を潰せれば良いのですから採算は度外視しています。
 建設方法はまだわかりませんが、これまでのやり方ですと中国人が来て建設して帰る事になるでしょう。インドネシアのお金で資材を持って行き、中国人を雇用できるのですから中国側にしてみればトータルでは儲かる話です。
 日本は現地の雇用や経済活動に配慮しますのでトータルで考えますとインドネシアが潤う計画のはずですが、目先の利益を重視するのは想定外だったようです。
 途上国の中には中国より日本の援助を期待する流れになっているのは中国のやり方が知られてきたからです。

 インドネシアは今回の決定を後悔する事になるでしょう。
 インドネシアは地震が多い国です。建設費を安くして大地震に耐えられるか疑問です。
 高温多湿な環境で問題なく運行できるか。
 懸念事項はたくさんあります。  

投稿日時 - 2015-10-04 11:50:33

日本には愛国心を持つ人が少ないと言われていますから、売国奴がいても不思議ではないと思います。ただ国民の生活を犠牲にしても私腹を肥やすのは日本、インドネシア両政府共に五十歩百歩だと思います。要するに金の無い国は卑しいということでしょう。

投稿日時 - 2015-10-03 17:32:05

ANo.7

やっと、まともなニュースが流れ始めましたね。

もともとインドネシアの鉄道事業は、中国に決定する前にも話しが流れていたんです。
その内容も書かずに、最後のところだけで記事にしようとするのでそんな記事になるんでしょうね。

少し遅れてですが、参照URLの記事も出てきました。読売新聞からです。


先に、中国と日本での見積提示になったとき、中国の方が安値で出ていました。そして日本の案は、インドネシア政府に支払いの保証を求めていました。
この段階で決まっても良かったのですが、インドネシア政府は、
・新幹線のような高速度鉄道はいらない。
・政府保証はしない。

上の二点を考慮の上、再度見積もりを出すように求めていました。
実際、この時点で中国に決まっってもおかしくなかったのでしょうが、本当は日本のものでやり難かったように思える内容です。(そうでなければ中国のものにこの時点で決まっていたはずです。それを再度提示してください。と出したわけですから。)

この条件に対しても、日本は新幹線のままで、政府保証は必要。と条件提示をしました。

クライアントの要求を無視した提示をしているわけですから、断られるのは当たり前の話しでしょう?と私は思いますけどね。

それなのに、負けた負けたって、、、
日本としても、新幹線にこだわったことが原因でしょう。
インドネシア政府は、「時速120Km/h程度の鉄道で良い!」と条件提示をしていたのですから。

あとは、政府保証でしょう。
政府だって高額になりすぎた鉄道事業で、赤字になって国が保証ししろと言われても困る話しです。
それなら、もっと遅くても安い鉄道の方が欲しかったはずです。
上の状況から考えれば、中国の早い鉄道より、中国と同じくらいで、120km/h程度でも、本当は日本の鉄道の方が欲しかったというようにも感じます。
だって、中国の高速鉄道案も、一度蹴っているのですから。

中途半端なニュース報道が最近多いんですよね。

複数のニュースメディアを見ていると、上のようなことがわかるのですが、特定メディアダメ見ていると、結構偏向状態になっているニュースメディアもあるんですよねぇ。
困ったものですが。

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151003-00050004-yom-int

投稿日時 - 2015-10-03 16:50:59

ANo.6

日本案がインドネシア側によって、中国に情報が流された
のは間違いないようです。

あまり報道されていませんが、インドネシアの経済は華僑(中国)が
ほぼ支配しています。
よって政治家へ強い影響力を持つ華僑が多くいます。
中国が力をつけてきた事から、今後インドネシアは日本ではなく、
中国よりの姿勢に変わる可能性がありそうです。

投稿日時 - 2015-10-03 10:08:57

ANo.5

まぁ仮にですよ?
流出したとしても 作るのは「中国の技術で」です
粗悪な低レベルの高速鉄道です 今に事故が多発するでしょう

「日本にしておけば良かった」とインドネシアが後悔するのが目に見えています

投稿日時 - 2015-10-03 07:58:36

お礼

ありがとうございます。
昔中国で高速鉄道が事故を起こしましたよね。罪の無い人が死なないことを祈るばかりです。

投稿日時 - 2015-10-03 09:24:17

ANo.4

質問者さんの文面では、日本側が情報を流したように受け取れますが、記事を読んでいるとそうともとれません。
むしろ情報を流したのはインドネシア政府筋では?
たしか、前の大統領の時は日本を採用しようとしてました。
が、政権が変わり今の大統領はあまり日本を信用していないと言うか、金がかからないようにする、金の亡者的な人物だと聞きました。
政権が変わると同時に中国が手を挙げてきました。
そうやってインドネシア政府の親中派が日本側の資料を中国に渡したのだと思いますね。
ま、中国がこのデータを完全理解できるのかはわかりませんが、適当な工事で完成させるでしょうから、事故が起きるのは時間の問題でしょう。
中国の高速鉄道車両も、日本とドイツの技術をパクったものですしね。
陰謀論というより、トップの卑しさからの情報漏洩じゃないでしょうか。

投稿日時 - 2015-10-03 00:34:37

お礼

ありがとうございます。
それで罪の無い人が死んだら可愛そうですね。

投稿日時 - 2015-10-03 06:41:49

ANo.3

もともとjr東日本が東海、西日本に無断で中国に転売可能な条件で新幹線をあげたのがいけない。 東海道新幹線が元なのだから東海の承諾がいるはずだ

投稿日時 - 2015-10-03 00:10:56

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-10-03 06:39:35

ANo.2

ルートや駅を決めるのは発注者である高速鉄道会社(インドネシア)です。
日本側にしても詳細な測量や地質調査をしているわけではないので既存の地図や地質図を元にした基本設計しかできません。
この段階ならば誰が設計しても同じになります。

>需要予測や地質調査など綿密な調査を実施していた。
実地の調査は行っていない模様です。

>インドネシア運輸省の幹部は、毎日新聞の取材にこう証言した
記事の何処にも幹部が誰なのか書いていません。
幹部も毎日の記者も鉄道土木に対する知識が欠如している物と考えられます。

投稿日時 - 2015-10-02 23:17:19

お礼

ありがとうございます。

確かに名前が出ていませんね。
進み方や駅の配置は、高速鉄道なので、請け負いたい日本側が、日本のノウハウで設計したのかと思いました。
日本とインドネシアでは地理が違うだろうという指摘はあると思うのですが。

投稿日時 - 2015-10-02 23:47:31

ANo.1

そういうことでしょうね。
中国にしたら「漁夫の利」ということで、日本の調査コスト分を安くして落札したということですね。
まぁ、中国と通じた人間がそういう操作をしたのは明らかでしょう。

投稿日時 - 2015-10-02 21:39:15

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-10-02 23:06:09

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-