こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

22世紀の発電機

火星で圧縮空気のダム発電機。

火星の採掘廃棄粘土を、圧縮して、ダム(ミキサーにて対流)化。

ダムから圧縮放水路に格納され、圧縮密閉された粘土を放射状爆発させて、空気対流を起こし、無重力状態でのハイブリッド発電を行う。地上に落下を重力的に行い、走らせながら自動発電するバイクや、電信安全総理でリズムによる交通状況をネット配信した道路状況。

地球のダムを参考にした、未来の宇宙での発電方法です。

投稿日時 - 2015-10-02 13:02:40

QNo.9057432

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>火星の採掘廃棄粘土を、圧縮して

の時に消費されるエネルギーの方が

>圧縮密閉された粘土を放射状爆発させて、空気対流を起こし、無重力状態でのハイブリッド発電を行う

事によって得られるエネルギーよりも必ず大きくなりますから、そのシステムではエネルギーを無駄に消費するだけで、動力源として使用する事は出来ません。

投稿日時 - 2015-10-02 13:36:07

補足

圧縮密閉された発火粘土は、長寿命で信頼性・環境性に優れる「断熱圧縮空気蓄電システム」の開発に起因している。

http://www.kobelco.co.jp/releases/2015/1191385_14507.html

圧縮空気(あっしゅくくうき、英:Compressed air)とは加圧することにより体積を縮小させた空気である。圧搾空気(あっさくくうき)ともいう。圧縮された空気の圧力と大気圧の差により発生する力を利用して鉄道車両のドアなどの自動開閉装置や空気ブレーキ、原動機、エアブラシなどに利用されている。これらの圧縮空気を原動力とした機械を空圧機械と呼ぶ。また液体や粉末の散布などに広く利用されている。

参考資料
生成方法 機械式
圧縮機を使用して圧縮空気を生成する方法。圧縮機の動力には電気モーターまたは内燃機関等が使用される。工場などで据え置きの場合には運用コストが安い電動モーターが多く使われる。化学消防車等、野外で粉末を散布するような用途には内燃機関が使用される。また化学プラント等の、停電時でも動作する必要がある装置装置を制御する空圧機械に使用する場合にも内燃機関が使用される。

手動式
人力で圧縮機または空気ポンプを動作させて、圧縮空気を生成する方法。手で動作させる方法と足踏み式がある。農業などで使用する小型の粉末や液体を散布する装置や玩具等で使用される。

供給方法 組み込み方式
圧縮空気を必要とする装置の内部に圧縮機を組み込む方式。

配管方式
金属製のパイプ及びゴムホース等を利用して圧縮空気を供給する方法。大きな出力や精密な制御を必要としない複数の装置の動力源として圧縮空気を使用すると、圧縮機が一つで済むため運用コストが安くなる。工場で広く使用されている。

カートリッジ方式
圧縮空気をカートリッジや小型のタンクに閉じこめて供給する方法。ダイビングや空気銃などに使用される。殺虫剤や化粧品などに使用されるスプレー缶のほとんどはエアロゾルを利用したものであり、圧縮空気とは異なる。

圧縮空気の応用 工業用
動力用
漏電や放電などが火災及び爆発などの災害を引き起こす可能性が高い工場において、電気を利用した動力の代わりに使用される。また食品加工などの工場において大量の水を使用する行程では簡易な防水で済む空圧機械が使用される場合が多い。

断熱圧縮による発火実験 - YouTube
断熱圧縮 発電 の動画検索結果▶ 1:34
http://www.youtube.com/watch?v=yHDZ3aKjIB0
2015/03/28 - アップロード元: 花田研究室

断熱圧縮による発火実験です。 摩擦ではなく、空気の性質を使った安全な発火。 プチ大気圏突入です。

これの応用で沢山の火星の採掘による廃棄粘土の利用にダムや圧縮空気を使います。

投稿日時 - 2015-10-02 14:19:50

お礼

プチ大気圏での断熱圧縮ダム実験。うまくいくのか?

火星へ行かなきゃわかりませんね。

投稿日時 - 2015-10-02 14:22:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

発電をするために使うエネルギーより発電により得られるエネルギーのほうが大きくなければ発電とは言えません。
どれも上記の条件を満たしてはいないのではないでしょうか?

ダムで水力発電ができるのは上から雨が降ってくるから、太陽が海の水を蒸発させ雨として降らせることで水を標高の高いダムに汲み上げてくれるからです。
火力発電や原子力発電は、化石燃料の燃える化学エネルギー、原子力の核がもたらすエネルギーをとらえています。

圧縮するなら圧縮、爆発させるなら爆発させるエネルギーをどこからもってくるかが大事であって、そのエネルギーをどうとらえるかは発電の本質ではない些末な部分です。

投稿日時 - 2015-10-02 14:05:25

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-
-広告-