こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

サイバー攻撃能力は中国より米国が劣るのですか?

米中首脳会談によって、米中両国は、経済的利益のために企業情報を盗むサイバー攻撃を指揮したり支援したりしないとの合意を発表しました。

この「合意」は米国にどのような利益をもたらすのかに疑問があります。

中国政府がサイバーテロを実施、あるいは支援するのを止めたところで、北朝鮮やロシアやイラクなどがサイバーテロを仕掛けるリスクがある以上、サイバーテロ防衛努力を無くす・減らすことはできないからです。

一方、世界一のハッキング技術を持っているアメリカ合衆国政府が中国(国家機関および国営企業)に対してサイバーテロを実施するオプションを放棄するなんて、サイバー攻撃力の能力増強投資の一部無効化を宣言する様なもので、サイバー攻撃力増強のコストを負担しているアメリカの納税者が納得しないのではないでしょうか?

質問1:アメリカが国益になる(=共産主義国家を疲弊させる)サイバー攻撃の手段を放棄するメリットは何が考えられるでしょうか?

質問2:アメリカは、中国からのサイバー攻撃に対する防衛力に自身がないという事を世界に公表している様にも見えますが、今回の合意でアメリカが失うものは無いのでしょうか?

サイバーテロやサイバーテロ防衛技術などの最新情報に精通している識者の皆さまよりアドバイスいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2015-09-26 18:22:16

QNo.9054230

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 サイバーテロと一口に言っても手段は千差万別で、一概に決められません。

 たとえば、湾岸戦争で米国はプリンタのROMにウイルスを仕込ませてイラクに輸出し、コンピュータに感染させて迎撃能力を失わせ、空爆をおこなったと言われています。

 現在のように、インターネットを媒介にしたウイルス感染やハッキング技術が使われるようになっても、古い技術が使われない保障は無いわけで、サイバー攻撃をやめても、第三国経由の攻撃や古い技術を使った攻撃や盗聴が完全に無くなるわけではないでしょう。

 サイバー攻撃は中止しても、ハッキングなどによる盗聴は続けるのが実情だと思います。どの国も軍事情報が手に入らないと作戦が立てられないお家の事情があるので、情報収集をやめる可能性はありません。

 一つの攻撃方法を中止しても、全ての攻撃方法を中止するわけでなく、今後もサイバー犯罪が続くのが現実だと思います。

 核軍縮と同じで、軍縮条約を結んだ後もサイバー攻撃の技術競争がエスカレートする結果になるだろうと思います。取り敢えずは、お互いに得にならない行為はやめようという程度のお話に過ぎません。

 米国が中国のサイバー攻撃に手を焼いているのは、最新鋭兵器の開発現場までハッキングされて情報が盗まれているからで、研究開発に支障が出ているからだと思います。

 インターネットを使わない情報伝達手段に置き換えるしか方法がないとなると、開発ペースが遅くなったり、大量の情報を入れたメディアが物理的に盗まれる危険もあり、打つ手が無いのではないかと思います。

 日本も数年前に中国による激しいサイバーテロに晒されて、サーバーダウンが起こり、インターネットが全く使えない状態が何日も続いたことがありますが、無益な争いはやめようということだと思います。

 サイバー攻撃を完全に防ぐ方法はコンピュータをインターネットに繋がない以外にありません。専用回線だけを使用して、インターネットに接続しないようにする以外に対策が無いわけで、事実上、米国の降伏宣言に近いものだと思います。

投稿日時 - 2015-09-26 23:05:38

お礼

どうもありがとうございます。

>サイバー攻撃を完全に防ぐ方法はコンピュータをインターネットに繋がない以外にありません。

核兵器と同じように、中国がサイバーテロを実施した時にはその100倍の規模でサイバー報復攻撃をするというのはどうでしょうか?
核兵器では抑止力が成立するのですから、サイバー攻撃でも圧倒的な攻撃力を背景に”報復宣言”をしておけば、さすが中国共産党も報復が怖くてアメリカの企業や政府機関にサイバーテロの先制攻撃をしなくなるのではないかと思うのです。

素人考えでございますが、サイバー戦争の場合は、核戦争の様に”抑止力”が機能しないものなのでしょうか?

投稿日時 - 2015-09-26 23:17:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

いつも質問して遊んでるだけのあなたが本当にこの答えを知りたいのかは疑問ですが回答させていただきます

質問1:サイバー攻撃によることのデメリットの方が大きかったから、やめる事のの方がメリットがあると判断したんでしょうね。
アメリカの技術が流出することがあっても中国の低い技術を得ても大した特にはならないでしょうしね。

質問2:人間が作り出した防御壁なんてものは人間によって破れないことはないというのが現実ですからねぇ、そりゃあその辺の知識のない中学生の僕がいくらやっても無理だけど、中国には何万という専門集団がそろってますからね。

まぁ中学生があなたに教えられる程度なんてこんなもんですがよろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-09-26 19:07:31

お礼

サイバーテロやサイバーテロ防衛技術などの最新情報に精通している識者の皆さまに質問しております。

以後、くだらない投稿をしないようにお願いします。

投稿日時 - 2015-09-26 21:03:18

-広告-
-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-