こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

フォルクスワーゲンと三菱自動車

フォルクスワーゲンが排ガス規制を偽装するといった不正を行いましたが、2000年以降に三菱自動車がリコールを隠すといった不正を行い、どちらも大きな社会問題になりました。
フォルクスワーゲンの車は購入を検討した事もあるため気になりました。
社会問題として大きいのはどちらですか?

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2015-09-24 12:57:32

QNo.9052984

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

会社の規模としてはVW社のほうがはるかに大きいわけですから、そういう意味においての社会問題としてはVW社の事件のほうが大きいです。
しかし三菱自動車の場合は人命が関わっていたというか、死亡事故まで起きていながら隠そうとしたのですからこちらのほうがタチが悪いともいえます。

どこを軸足として判断するかによって変わってくると思います。

投稿日時 - 2015-09-24 13:42:18

お礼

規模はフォルクスワーゲンですが、質が悪いのは三菱の方ですね。
人の命を奪ってしまったわけですから。

御回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-09-24 13:55:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

>社会問題として大きいのはどちらですか?

現実問題として、VWでしようね。
三菱自動車の場合は、日本の小さな自動車メーカー事件に過ぎません。
が、VWといえば世界最大の自動車グループですよね。
傘下に、ポルシェ・アウディー・ランボルギーニ・ドカッティー・ベントレー・ブガッティなどそうそうたる会社があります。
ディーゼルエンジンは、グループ各社も使っていますからね。
確か、アウディーにも飛び火しています。
アメリカ政府だけで2兆円の課徴金。その他、VW輸出先の国々から課徴金。
VW所有者個々の損害賠償請求。環境保護団体からの、訴訟。
金銭的被害は、莫大なものになりますね。が、経営的には痛くも痒くもない額です。
金銭的な問題はクリアしても、世界各国相手の社会問題・事件ですからね。
今日のニュースで、大韓反日民国住民のインタビューが流れました。
「VWを買おうと思っていたが、国産車か日本車を買う事にした」
あの反日国家の住民が「日本車を選択肢に入れる程」ですから、社会的な影響は大きいです。
アメリカ政府の基準値を40倍も超えた排ガスだと、中華反日人民共和国のPM2.5よりも環境問題が大きいですから。

投稿日時 - 2015-09-24 23:21:13

お礼

金額的に考えるとフォルクスワーゲンということになりますね。
ただ、これで日本から撤退するとは思ってません。

御回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-09-25 06:37:59

ANo.4

結果として起こった事件なら三菱の方が社会的影響の大きい事案ですけど、行為の悪質さと言う店ではフォルクスワーゲンでしょね。
故意に騙す事を目的として行動しているのですから。

投稿日時 - 2015-09-24 21:47:34

補足

日本国内での社会的影響は三菱でしょうね。

御回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-09-25 06:38:35

お礼

世界的に影響が大きいのはフォルクスワーゲンであることは間違いありません。

誤って補足の方にお礼を投稿してしまいました。
改めまして御回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-09-25 06:39:53

ANo.3

三菱は「黙ってた」

ワーゲンは「騙した」

と、考えると「騙すのはマズイんじゃね」

投稿日時 - 2015-09-24 19:39:34

お礼

黙るよりも騙す方が良くないですよね。

御回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-09-25 06:36:34

ANo.2

三菱のリコールの問題って、乗用車を作っている三菱自動車ではなく、三菱ふそう トラック バス のほうの話ではないでしょうか?

現実的に別の会社の話なんですけどね。三菱自動車にとってはとても災難な話だった内容です。

日本で立って結構怒っていて、トヨタは、ハイラックスで、走行中にステアリングのリレーアームが折れるというリコールを隠していたことが発覚しました。
具体的にこれが壊れると、走行中に右と左のフロントタイヤの方向制御ができなくなる。という重大な話だったのですが、一瞬報道されただけで、ニュースの中からは綺麗に消えてしまったんですよね。(実際にリコールは行われています。)

後日調査の結果、実は、トヨタ車内での耐久試験中にも何回か折れたということなのですが、発売を遅れさせないために、そのことに目をつぶってOKを出したと言うことを行ったのだそうです。

こういうのから見れば、フォルクスワーゲンのごまかしは、排ガス基準のごまかし程度ですから、生命安全に関わるようなものじゃないので、まだ良いものだと思いますけどね。
もちろん、三菱ふそうトラックバスのほうの問題は、生命安全にかかわる問題ですから、そちらは、厳しいかと思いますけどね。


環境基準オーバーという内容と、走っている車のコントロールが失われる(三菱ふそうトラックバスのタイヤが外れるのも同じですが)は、どちらがより、重大だと思いますか?


個人的には、車のコントロールができなくなって、事故を起こすリコールのほうが重大だと思いますけどね。

投稿日時 - 2015-09-24 17:22:28

お礼

三菱ふそうもそうです。

御回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-09-24 17:57:04

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-