こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

【政治・国土交通省の1兆円の防潮堤と日本語】堤防と

【政治・国土交通省の1兆円の防潮堤と日本語】堤防と防波堤と防潮堤の違いを教えてください。

国土交通省が東日本大震災での津波被害を見て岩手県、宮城県、福島県に総延長距離400kmの防潮堤を総工費1兆円掛けて建設しているそうです。

津波被害に合った被災者たちを安全な陸地を用意して全員移住させた方が安上がりな気がします。

津波被害に合ってタダで土地、建物を上げても1兆円も掛からないでしょう。

被災者に土地、建物を提供すると言っても移住しない人は震災ヤクザですよね。

こんな危険だから移住してくださいと言っているのに移住しない人たちのために1兆円の税金を使うことをどう思いますか?

タダで移住先まで用意するって言ってんだからとっとと移住してくれよと思います。

たかだが10分程度いままで住んでいたところより陸側で何が不満なんですかね?

投稿日時 - 2015-09-23 21:10:15

QNo.9052657

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

結局、日本が民主主義の国だからなんでしょうね。

震災直後は大パニックに陥ったけれども、何年かたってみると、不便な山の上より、住み慣れた元の地がよいと住民の大多数が感じ始めた。

再度、津波が襲ってくるかもしれないけれども、防潮堤を作ればそのリスクを低減できる。

このように現地の人たちが思い始めれば、行政も議会も民意に従って動かざるを得ません。
自分一代で建てた家なら、十分な補償があれば、自分と家族の決断で移住もできるでしょう。
しかし、これが先祖代々ともなると、そう簡単にはいきません。
隣近所の付き合いを断って、引っ越しができる人は、震災直後にそうしています。

日本が、中央集権かつ独裁国家であれば、上の決断で質問者さんのようなこともできるでしょう。
長い目でみたら、そちらが正しいのかもしれません。

しかし、民主主義かつ地方の意見を尊重するのであれば、現地住民の意向が必然的に反映されるのです。

投稿日時 - 2015-09-24 11:19:09

お礼

みなさん回答ありがとうございます

投稿日時 - 2015-09-24 20:52:35

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-