こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

引っ越しでアンティーク家具に傷がつきました

先日引っ越しをしました。その日はバタバタして気づかなかったのですが、翌日、母から譲り受けた大切なアンティークテーブルの脚に大きな傷がついていることに気が付きました。15センチ程の傷で、カッターで傷つけられたような線状で、結構目立ちます。
引っ越し屋さんは、運ぶ前に傷の有無を慎重に見ていた(食器棚に最初からついている傷があり、それについては一緒に確認してもらえますかと言われました)ので、最初からあったものではなく、引っ越しでついた傷と私は認識しています。(テーブルの脚は雑巾がけの時によく見えますから)コールセンターに連絡をしてみるつもりですが、それに先駆けてお尋ねです。
(1)引っ越し屋さんがつけた傷と言える証拠はありませんが、このような場合は引っ越し屋さんの過失と認めてもらえるものなのでしょうか。一度傷を確認に来られるかと思いますが、何をもって引っ越し屋さんの過失と認めてもらえるのでしょうか。
(2)過失と認めてもらった場合は、修理を提案されるようですが(修理費用を引っ越し業者が負担)、以前、違う家具を修理に出した際(これは引っ越しとは関係ありません)満足のいかない仕上がりでしたし、修理には出したくありません。でも精神的ダメージは大きく、このまま泣き寝入りもしたくありません。
この場合、修理代相当の賠償を請求することができるでしょうか。
(3)減価償却で賠償となった場合、アンティーク家具はどうなるのでしょう。購入してからは10年ほど、母によると当時の購入価格で20万円だったそうです

引っ越し屋さんは、よくやってくださったと思いますし、激しいクレームをつける気はないのですが、このまま黙っておくことができないくらい悲しくて、やはり引っ越し屋さんに一言言わずにはいられませんし、決して高額目当てなわけではありませんが、規約内で補償してもらいたいというのが本音です。
(1)~(3)でいずれか1つでも構いません。何かご存じであれば教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-09-23 01:57:21

QNo.9052236

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1.当初は認める可能性はありますが、その後、質問者様が証明できないことがわかれば知らぬ存ぜぬの可能性あり。
これは相手がどう出るかの問題です。
安くすみそうだと踏んでいたら、結構かかりそうだとなれば、手のひら返すこともあります。

また保険適用してくれるかどうかもわかりません、使えば掛け金上がるので。


2.相手が過失を認めなくても修理費相当の慰謝料請求(精神的苦痛に対する賠償請求)は可能です、ただ、その請求を相手が呑むかどうかです。

3、骨董品の場合、例外はありますが、時の経過によりその価値が減少しない資産は減価償却資産に該当しません。
なので、保険屋も嫌がります。

骨董品を搬出する際には別途保険をかけておくほうがいいです。

投稿日時 - 2015-09-23 11:04:40

お礼

ありがとうございました!ご回答感謝申し上げます。
ひとまず連絡したところ、近日中に確認しに来てくれることになりました。
誠意をもって対応してくれそうな雰囲気だったので、それだけで少し心が落ち着きました。
皆さんの回答がとても参考になりましたが、とても具体的にお答えいただきましたのでベストアンサーとさせていただきます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-09-24 22:27:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

移動前に業者立会いの下に証拠写真でも撮影していない限り、「やった、やっていない」の話になってしまい、民事裁判を起こさないと解決できなくなります。

そのための裁判費用、時間、弁護士依頼料、調査費などを考えれば割に合わないと思います。

投稿日時 - 2015-09-23 03:45:33

お礼

ありがとうございました!ご回答感謝申し上げます。
ひとまず連絡したところ、近日中に確認しに来てくれることになりました。
誠意をもって対応してくれそうな雰囲気だったので、それだけで少し心が落ち着きました。

投稿日時 - 2015-09-24 22:25:45

-広告-

ANo.1

(2)修理代が妥当と認められ、かつ時価額を超えていないものならば。
 保険会社が妥当と認めず交渉も決裂するようならば、最後は裁判ですが・・・保険会社もそこは見越した賠償額を提示していますから、ひっくり返すのは大変でしょうね。
 なお、法令で「賠償は時価を以て為す」と決まっていますから、時価を超えるような修理代の請求は基本的に認められません。

 時価は同等程度のものが今いくらで買えるのかです。サンプルは1つではなく複数ないと主張の根拠として弱いですし、数があれば信憑性が増します。

投稿日時 - 2015-09-23 02:14:12

お礼

ありがとうございました!ご回答感謝申し上げます。
ひとまず連絡したところ、近日中に確認しに来てくれることになりました。
誠意をもって対応してくれそうな雰囲気だったので、それだけで少し心が落ち着きました。

投稿日時 - 2015-09-24 22:24:05

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-