こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

AC100vグリルつきIHクッキングヒーター

IHクッキングヒーター でAC100vグリルつき据え置きタイプの商品はありませんか

投稿日時 - 2015-09-16 09:50:45

QNo.9048516

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

はじめまして♪

電気の限界を考えますと、まず「有り得ない」と思って良いでしょう。

家庭のコンセント、一カ所(口数に関係ない)で、最大15A、ワット数で言うと1.5kw(1500w)が安全上の上限値となっています。

電熱利用のグリル(ロースター)だけで、通常は800wから1200w(8Aから12A)なので、これだけでも基本的には壁のコンセント、他の機器を使わずに単独利用が推薦されます。

IH方式は、電気をそのまま熱に変えてしまうのじゃなくて、電磁気を活用し鍋自体が発熱する、これによって調理においてはより食材に近い部分が加熱されるので、高効率と成って居ます。

効率が良くても、得られる熱量よりも、消費される電気エネルギーの方が多いのは間違いない事実で、IHクッキングヒーターも800wとか1200wが使われます。

つまり、一体型にしても、同時には使えない、切り替え式とせざるを得ないので、そういう製品をワザワザ造っても売れるかどうか、、と考えれば、おそらく、こういう製品は無いだろう。というのが私の考えです。

他の方も言及されていますが、アイリスオーヤマのIHクッキングプレートには鍋が1つでは無く複数が利用出来る製品が存在します。
たまたま、昨年、私の地域の集会所に2口の同社IH製品が導入されました。

取り説をチャンと見たら、両方同時に強火力には出来ない造りで、大きい方を強にすれば、小さい方は停止、大きい方を中にしたときは小さい方が弱(保温?)か、中。という程度。
大きい方が弱の時、小さい方が強(と言っても大きい方の中程度)、あとは両方とも弱で使うのは丈夫のようです。

数年後、あるいは数十年後に、コンセントの中や裏側から火災、という最悪の事態の多くはキッチン周りです、炊飯器や電子レンジ、トースターや今回のような加熱調理家電を、同じコンセント、あるいは同じ配線のコンセント部分から利用し、20Aや30A(2000w,3000w)という使い方を続ける事で、徐々に壁の裏側で問題を積み重ねてしまい、目に見えない部分から火が出ても、壁から天井裏とか、よほど燃え広がるまで気がつきにくいので、とても怖い火災なのです。(運良く、コンセント手前側、見える側に煙や炎が速い時点で出てくれれば、ブレーカーを落として水を掛け、コンセントの上側の壁を破戒し、内部にも注水。という事で初期消火が出来る可能性は有り得ますが、、、)

基本的に、「天井まで炎が達したら、初期消火は危険、すぐに非難しましょう」というのが古くからの消防チラシに書かれている事実です。

100Vで15Aの電流を流しますと、100V×15A=1500W
しかし、200Vで15Aの電流を流しますと、200V×15A=3000W
電力は、電圧×電流ですから、電線に流しても良い上限値が有るので、結果的に最大電力に制約、安全基準が有るのです。

ちなみに、過去のイベントで、1000Wくらい使っている場所で、きちんと1500Wまで使える電源ケーブル、ドラムで発火事故を2度目撃しています。
多くの電流を流しますと、電線が熱を持ちます。
長い電線をドラムに巻き込んだままですと、発熱した熱が電線同士が近過ぎてより加熱され、絶縁層のビニルやゴムが融けて燃えた、という事です。

一般家庭でドラムを使う事は少ないと思いますが、余分な電源コードを束ねたりしないように、というのは、こういうい危険性が有るからです。

ついでに、自動車のバッテリー、そこに繋いでいるケーブルがやたらに太いのですが、これは電圧が低いから多くの電力を取り出す為に、とても多くの電流を流す必要が有るので、とっても太い電線を使うんです。

日本の100Vという一般電源は、世界に目を向けますと低い電圧です。200Vを超えるのが「普通」という国も有りますからね。

そんなこんなで、一体化した製品の場合、多少使い方を間違えて事故になった場合でも、製造者責任(メーカーの責任)を問われますから、そういう危険な製品は、一流メーカーは造らないのです。

アイリスオーヤマは、既存に技術を上手に組み合わせながら、比較的低価格で、その中の制約が有っても有る程度需要が見込める、大手が見過ごした隙間を開拓して、どんどん躍進している企業の代表格ですね。

ついでに、数年前の大震災で、何日も停電した体験から、電気だけじゃなく、いろんな方法で利用が出来る環境が、とても大切だなぁ~って思っています。
カセットガスコンロも、ガスが売り切れて使えなく成り、バーベキュー道具を持っている人達は炭を購入し、これも間もなく枯渇。
いやはや、ご近所で「薪ストーブ」を利用されていたご家庭が、羨ましかったなぁ~(苦笑)

我家では、まだ雪がちらつく時期でしたんで、とても古い電源無用の石油ストーブを持ち出して、急遽整備しどうにか暖を取りながら、上に鍋を置く事で最低限の食事が出来た。。同級生の知り合いにオール電化の人が居たので、「だいじょうぶかぁ~」と訪問したら、バーベキューが好きだった人なんで、多量の炭も保管してて、「昨日の朝から焼き肉ばかりで、うんざり。でも冷蔵庫が動かないから、冷凍の食材、全部喰うしか無い、、、ご飯が食べたいと、子供がだだをこねる。、」って。

アウトドアが好きなご家庭でも、「炭火でご飯やうどんが出来るじゃないかぁ。」って私が言うまで、気付かなかった、、という事例もあります(苦笑)

電気はとっても便利ですが、それに頼り切ったり、あまりにも使い慣れ過ぎちゃうと、広い発想が隠れてしまう事もあるのでしょう。

そんな感じで、IHクッキングヒーターと、グリルは別物として準備された方が、普段はどうかワカリマセンが、応用範囲としては大きく広がりますので、別々の製品を、違う位置のコンセントで利用された方が良いのかも知れませんよぉ~♪

投稿日時 - 2015-09-16 19:56:36

ANo.2

>IHクッキングヒーター でAC100vグリルつき据え置きタイプの商品はありませんか

存在しないでしょう

そもそも据え置きなら100ではなく200Vにした方が、
複数のヒーターを高出力で同時に使用できます。
100Vだとmax1500Wまでなので、複数のヒーターを設ける積極的な理由がありません。
(アイリスオーヤマに100VでIH3口の製品が存在することが驚きです)

グリルを使って、IHを強にできないような製品が欲しいですか?

必要であれば、ロースターを単品で購入されることをお勧めします。

投稿日時 - 2015-09-16 11:27:20

ANo.1

こんにちは。

残念ながら、100V用のIHクッキングヒーターでグリル付きの据え置きタイプは商品化することが出来ないです。

理由として、100Vコンセントから取れる最大許容電力は1.5kWですから、200V用据え置きタイプIHクッキングヒーターのように3kWヒーターを2口にグリルを付けたらコンセントの許容電力を遥かに超えてしまうからです。

投稿日時 - 2015-09-16 11:17:14

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-