こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

レコードプレーヤー 出力を上げる方法について

質問失礼します。

先日レコードプレーヤーを購入しました。(オーディオテクニカのAT-PL300 フォノイコ搭載)
現在、プレーヤーとパワードスピーカーを直接繋げて使用しています。
ボリュームが、スピーカー側のつまみでしか調整出来ません。
このボリュームを別の装置で操作したいと考えています。
左右のツマミをいちいち操作するというのが面倒という事もありますが、ツマミが無段階ではないため、好きな音量に調整できないという事で悩んでいます。

denonのPMA-390RESPのようなプリメインアンプを購入し、プリアウトからスピーカーへ繋いだら、アンプ側でボリューム調整出来るのかな と思いましたが、プリのボリュームが変化するのかが分かりません。

そもそも、アンプを使うのであれば、パッシブスピーカーを用意すべきだと思いますが、試しに購入した安いプレーヤーですので現在のスピーカーを変えてまで、、 というのが本音です。

ちなみに、オーディオインターフェイス(focusrite 18i20)を所持しています。
プレーヤーをこちらに接続してからスピーカーに出力すれば、間にボリュームつまみがあるので、考えているような操作が出来ます。
ただ、入出力はアナログなのですが、途中でA/D D/A変換されていたら意味がないかなぁと思って使用していません。そちらの知識に明るくないので、調べてもあまり分かりませんでした。これが、アナログで入ってそのままアナログで出て行ってくれれば良いのですが。。。

長くなりましたが、アドバイス頂けますと幸いです。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2015-09-14 00:35:31

QNo.9047338

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして♪

PMA-390REには、プリアウトが装備されているので、お考えの使い方、問題なく活用出来ます。
(以前の390シリーズには、プリアウトが装備されていませんでした。)

プリアウトはメインボリューム、おそらくトーンコントロール系も通った後の信号を取り出せるはずです。
(390REの取り説を見る限り、直接パワー案ウへ接続、という接続例が有るので、トーンコントロール系も利いていると思います。)

昔からのオーディオメーカーでは、プリメインアンプと言えばスピーカーを駆動するメインアンプ部と、各種コントロールする機能とフォノイコライザーアンプの質でトータル評価を受けて来ています。

このため、AT-PL300と組み合わせた場合は、プレーヤー内蔵のフォノイコライザー経由でCD端子等のラインレベル受けとした場合と、アンプ内蔵のフォノイコライザーをキャンセルして、プリメインアンプのフォノ入力に接続した時。というフォノイコライザー回路の違いに撚る音の違いが体感出来そうですねぇ。

それぞれ試してみて、ご自身の環境とご自身の感覚で、好みの方を選べば良いと思います♪

パワードスピーカー、この種の中にはPC用スピーカーとか、気軽に使いやすいアクティブスピカーと呼ばれる物も含まれますが、有る程度本格的な製品であれば、一般家庭ではプリアンプ(コントロールアンプ)に繋ぐのが前提だったり、業務用途であればミキサー卓に繋ぐ事を前提としたりしていて、前に繋がる機器で扱いやすいレベルに設定し、ソレ以降は舞いに繋がった機器側で操作する。という物が主流になります。

一応、音量コントロール機能だけで甥のであれば、こういう物も有ります。
http://www.fostex.jp/products/pc-1e/

さて、オーディオインターフェース(以下IFと書きます) focusrite 18i20を使ってみた時の実際の印象はいかがでしたでしょうか?
私が所有する製品では無いので、取り説等を詳しく辿ればワカルかもしれませんが、こちらは手を抜きまして、、、(汗)

私が所有するIFの中には、入出力信号をアナログ信号のまま迂回出来る製品も有りますし、多チャンネルのIFでは内部にDSPミキサーが有るので、必ずAD/DAを通る、という機種も有ります。

私自身は、アナログだ/デジタルだ。という強いコダワリを持たないので、聴いてみて悪く無いなら、それで良い。という感覚だったりします(苦笑)
と、言いますか、子供の頃からのレコードやカセットテープ、オープンテープや将来再生出来なく成るだろうと思えたMDなど、およそ10年程前からコンピューターに録音し、音源を保管(アーカイブ)し始めましたからね(笑)

レコードの再生は、「コレで完璧」という終着点が無いので、とりあえず長年積み重ねた利用可能な範囲で、「出来る限り」を尽くした状況でした。

純粋なアナログ部分、特に微小な振動を扱うレコードプレーヤー周りは、置き台の振動等の影響も大きく、コダワッてDIYによる創意工夫が非常に多い分野でもあります。
(ただ、若い頃はイジリ過ぎて、機器を壊した事もある、、、)
まぁ、こういう、ちょっとマニアックなオーディオファンでもない限り、プレーヤーの改造という分野まで手を出さないのが常識範囲ですので、プレーヤーの置き方まででイロイロ対策された方が良いと思います。

とにかく、現状での利便性。と云う部分だけで考えますと、上に張り込んだURL先の製品でも充分だろう、と思いますし、聴いていて違和感が無いのならIF経由でも良いでしょう。
(ただし、実際に聴いて違和感は感じないが、どうも気になる。という場合は、精神衛生上よろしく無いので、他の手法を用いた方が安心して音楽が楽しめますね♪)

デノンは、元々レコードプレーヤーやテープレコーダー、アンプなどの分野が得意だった電音(デンオン)です。プリメインアンプの本格製品としては最下位機と言える390シリーズ、前世代の型番の時代から価格に比べたら非常に良い面が有る。と言われてウン十年とロングセラーになっています。

ご予算的に問題が無いのであれば、このプリメインアンプを導入する。という方向を、個人的には強くお勧めしたい気持ちです。☆

しかし、多chのIFをお持ちのようですから、アアログオーディオミキサーを導入。という方向も、脳裏をよぎりますが、、、(苦笑)

投稿日時 - 2015-09-14 19:58:30

お礼

ご回答ありがとうございます。
自身の希望と、おすすめにより、昨日PMA-390REを購入してきました。
希望通りの使い方が出来て満足しています。
今回は音質を追求するという事ではなく、アナログレコードをなるべくアナログの機材だけで聞いてみたいという希望を実現する為に質問させて頂きました。現時点でノイズ等ありますが、こういうものなのかという印象でノイズを含めてとても楽しめています。音質の追求となるとかなり大変な事になりそうですね・・・。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2015-09-17 12:56:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

もうすでに挙がっていますが fostex の PC-1e を使うのが良いと思います。

ボリュームのアンプ(増幅)機能の無いものをアッテネーター(減衰器)と呼ぶのですが、あまり浸透してる名前ではないですね。検索すれば、そこそこ出てきます。

抵抗の音質、アナログレコードにSN比・・そこ笑うところです、たぶんw

投稿日時 - 2015-09-16 22:06:09

お礼

ご回答ありがとうございます。
PC-1eに関しては面白い製品ですが、このたびは見送りました。
音質を求めている訳ではないですが、色々と疑問が出てきてしまいましたので、今後の事も考えて質問させて頂きました。

投稿日時 - 2015-09-17 12:49:20

ANo.3

ちょっと話が二転三転しているような...

Scarlett 18i20は、アナログ入力→アナログ出力の場合でもAD/DAを経由するはずです。ただ、それが問題かといえば、あまり気にしなくて良いでしょう。質問文にも書かれている通り、AT-PL300自体がそこまで音質にこだわるようなプレーヤーではないからです。Scarlett 18i20のAD/DAよりプレーヤーを変えた方が遥かに影響が大きいはずなので、AD/DAを経由することを気にしてもあまり意味がありません。

単体のボリュームだと、たとえばFostex PC-1eのような安いものがありますが、可変抵抗器自体の品質がそれほど良くないこと、回転角によって入出力インピーダンスが変わること、パッシブ型でS/N比が悪化することなどから、Scarlett 18i20のAD/DAに比べて必ずしも有利とはいえません。

ということで、割り切ってScarlett 18i20を使うのが一番手っ取り早く、クオリティ的にも特に問題ないと思います。

投稿日時 - 2015-09-15 23:44:04

お礼

ご回答ありがとうございます。
scarlett 18i20を使用した場合、コンバートがかかる事がわかってよかったです。今回購入したプレーヤーに音質は求めていませんが、色々気になる事が出てきてしまいましたので、質問させて頂きました。
Fostex PC-1eに関しては、見るからに音質が劣化しそうだったので見送る事にしましたが、他のものに使えそうだったので知れてよかったです。

投稿日時 - 2015-09-17 12:46:26

ANo.1

LPプレーヤーの出力はごく微少です。普通のオーディオアンプにはイコライザアンプなどの増幅回路を設けたPhono(LP)専用のライン入力が用意されていて、普通のライン入力(CDなど)と同じレベルで聞くことが出来ます。あなたが使っておられるアクティブスピーカーにはそういう増幅回路が付いていませんので、ボリュームを上げてもごく小さな音しか出ません。また今時の安いプリメインアンプはLP入力を考えておらず、Phono入力がない機種が多いです。おそらくPMA-390RESPもそうなのでしょう。その場合LPプレーヤーは増幅用のイコライザアンプを介してアンプにつなぐ必要があります。
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%97&ie=utf-8&oe=utf-8&hl=ja#q=%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%97&hl=ja&tbm=shop

投稿日時 - 2015-09-14 11:41:36

お礼

質問内容と製品情報をお調べの上ご回答頂けますと幸いです。

投稿日時 - 2015-09-17 12:58:22

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-