こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

人物写真のプライバシー(モザイク/ぼかし)処理?

みなさま、初めまして。

普通、人物写真にモザイク処理をするときは、目線を
黒く塗りつぶすのが普通だと思うのですが、最近、
目線はそのままにして、鼻から顎までをぼかしたりする
のをよく見かけます。

なんか、違いはあるのでしょうか?。

目線を見せて方が、「なになに」の印象が出るとか。
目線を見せない方が、「なになに」の印象が出るとか。

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2015-09-06 09:48:15

QNo.9042874

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

目線を塗りつぶすのがなんで「普通」なのか分かりませんが、
昔は画像処理技術が未熟で、他に方法がなかったというのが実情だったと思います。

でも目線だけ隠しても、分かる人には分かってしまいます。

顔全体をぼかせば、人相そのものを隠せる利点があります。




「体格や服装で分かってしまうじゃないか?」という反論には、「そうですね」という回答をあらかじめ用意しておきます。

投稿日時 - 2015-09-07 08:18:12

ANo.1

 顔を隠さずに眼の周辺だけを隠すと、非常に印象が悪くなります。敵意や殺意を植え付ける結果になります。事件に繋がる事もあります。昔からわかっている事なのですが、マスコミが対策を取ろうとせず、現在に至っています。

 眼の周辺だけを残して顔を隠しても、知っている人から見ると、本人だとわかるので、効果が無いと思いますが、肖像権に関する報道が問題化しているのでしょう。

 逆に、CMなどでは、眼の部分に商品を張り付けて宣伝する例がありますが、眼の周辺に視聴者の視点が集中するので、宣伝効果が大きいのを狙った演出ですが、同時に不愉快な印象を持つので逆効果とも言えます。

投稿日時 - 2015-09-06 10:06:29

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-