こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

光回線とインターネットサービスの一体化とは

インターネットプロバイダ各社からNTT光回線とプロバイダサービスを一本化するようにとの勧誘があり、8月31日までキャンペーン期間中に申し込めば割引が大きいということのようです。

電話回線(固定電話:光回線)を使ってインターネットに常時接続しているわけですから、今まで電話に関してはNTT、インターネットに関してはプロバイダというように別々ではなく、料金やサービス等の窓口が一つになることは理解できるし、効率が良いと思うのですが、うまい話には裏があるという気持ちもあります。

シミュレーションしてみると私の場合、2年間は今までより月々約1000円、2年後は500円安くなるのですが、今の通話品質、ネットの快適度が損なわれることも出てくるのではないかとの不安があります。NTTにとっても顧客を取られる格好になるわけですから、積極的ではないように思われます。逆にNTTがインターネット事業を展開し、電話料金とインターネット料金を一本化して安価に提供してくれればいいのにとさえ思います。

1. 一本化した場合の金銭以外のメリット、及び考えうる限りのデメリット、
2. こういう状況になった政治的・経済的背景

を社会の発展に疎く経済感覚に乏しい貧乏人(笑)の私にご教示ください。

投稿日時 - 2015-08-20 18:23:05

QNo.9033620

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

プロバイダとネット回線のサービス一本化は、NTTの光ファイバー回線の帯域卸売りの結果可能になったものです。光ケーブルの敷設は膨大なコストがかかるので、今まではNTT、KDDI、電力会社など一部の巨大インフラ企業しか出来ませんでした。特にNTTはそのほとんどを独占してきました。その帯域の一般企業への卸売りが始まったのです。プロバイダは購入した帯域を使ってネットサービスが出来るようになったのです。帯域は同じNTTのバックボーン回線ですから、実際的には今までと何も変わっていないのです。そういうことをご理解頂いた上で、

1.一本化のメリット: 光回線の小売り価格をプロバイダが自由に決められるので、競争原理が働いて料金が安くなること、これに尽きます。今までと同じNTTの光ファイバー回線ですから、品質やサービスは何も変わらないのに。

2.政治的・経済的背景: 元々NTTの事業は独占禁止法すれすれだったのです。NTTは元の日本電信電話公社です。その立場と資金力で、巨大投資が必要な光ファイバーの全国網を敷設できました。これで独占的に事業収益を上げて続けていたら、、近いうちに独占禁止法違反で問題が起きていたことでしょう。それを未然に防ぐことが目的でした。この卸売り化を進めたのは、旧郵政省である総務省の行政指導です。NTTではありません。NTTは渋々指導に従ったはずです。

投稿日時 - 2015-08-20 19:20:39

お礼

背景について分かりやすく説明していただき、ありがとうございました。私のいる地域ではこのことについての電話による勧誘は1社だけでした(私のインターネット・プロバイダからはメールで勧誘がありましたが)。ということはこの地域の回線はその会社がほとんど買い取ったと推測しています。地域的に独占されても全国的規模でて自由競争があるのなら消費者としてはその動向を注視すればいいですよね。

投稿日時 - 2015-08-21 14:44:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

質問の内容から、h50923ru12r さんの現在のインターネット回線会社は、NTT東・西「フレッツ光」であり、プロバイダは別途契約と推定されますので、その前提での回答です。



> 2.

NTT東・西のフレッツ光回線が、今年の春から「卸売り」が可能になったためです。

勧誘のあったのは、契約のプロバイダ)からですか?
そのプロバイダのサイトを見てください。
そのプロバイダの料金プラン名(回線名/速度名等)に、「フレッツ・FLETS」が付いているのと、付いていない両方があるはずです。
もし、プロバイダの料金ブラン名に「フレッツ」が付いていれば、インターネット回線会社は、NTT東・西「フレッツ回線」対応ということです。

h50923ru12r さんの「プロバイダとの契約」の現在の料金プラン名を見ると、「フレッツ・FLETS」が付いているはずです。

その「フレッツ・FLETS」の料金プランを、プロバイダ等との契約回線(つまり、NTT東・西の光卸回線)にプラン契約変更すると、「フレッツ・FLETS」が取れて無くなります。
NTT東・西のフレッツ光から、「転用」の手続きをすると、他の光回線卸し先の回線契約となります。

たとえば、もし、h50923ru12r さんの携帯がドコモなら「ドコモ光」の場合
https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/
ドコモには、「フレッツ・FLETS」の付いた料金プラン名は有りません。
h50923ru12r さんの現在のプロバイダが、この「ドコモ光」のプロバイダ一覧に有るなら、私のお勧めです。(プロバイダをドコモにすることも可能)

また、たとえば、もし、h50923ru12r さんの携帯がソフトバンクなら「ソフトバンク光」の場合
http://bbpromo.yahoo.co.jp/campaign/sbhikari/
携帯がソフトバンクなら、ソフトバンクの光は、料金プランに、「フレッツ・FLETS」が付いていない光回線がお勧めです。(「フレッツ・FLETS」が付いていなければ、光回線の契約先とプロバイダが同一のソフトバンクです)
ソフトバンクの光は、料金プランに、「フレッツ・FLETS」の付いていれば、NTT東・西のフレッツ光回線で、プロバイダがソフトバンクです。

★ NTT東・西のフレッツ光から、「転用」で、インターネット回線契約先が変わっても、光回線の工事・メンテナンスはNTT東・西が行ないます。

★ 携帯がKDDIauの場合は、NTT東・西のフレッツ光からの「転用」には対応していません。
携帯がKDDIauならば、「auひかりONE」の契約(光回線名が?)で、NTT東・西のフレッツ光とは別物です。



> 1.

h50923ru12r さんの携帯がドコモ/ソフトバンクならば、上記の「ドコモ光」、「ソフトバンク光」をお勧めしますので、それで検討していただいて、メリット/デメリットについては省略させていただきます。



質問の趣旨と違った回答になってすみません。

投稿日時 - 2015-08-20 19:40:56

お礼

携帯と絡めてのご教示、参考になりました。検討してみます。

投稿日時 - 2015-08-21 14:20:00

-広告-

ANo.1

代理店からの勧誘でしょう。
いちいち話を聞いてしまうと執拗に電話を掛けてきます。
契約が取れれば本人に歩合給が入ります。
上手い事ばかりをまくし立てます。
必要ないと思ったらきっぱり断る事です。
土・日曜日に家電量販店の売り場で相談されるのも良いかと思います。

投稿日時 - 2015-08-20 18:58:19

お礼

そうです。代理店からの勧誘だと思われる電話が何回もかかってきました。さすがに現時点ではなくなりましたが・・・・
勧誘対応に関するアドバイスをありがとうございました。

投稿日時 - 2015-08-21 14:23:33

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-