こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

UA-55とSound Blasterを使いたい

コンデンサマイクを使うためにUA-55を買いましたが
Sound Blasterの音周りの機能が優秀なので
Sound Blaster側にUA-55に接続したマイクを認識させたいのですが
何か方法はないのでしょうか?
Sound Blaster側はSound BlasterZです

投稿日時 - 2015-08-16 16:43:32

QNo.9031260

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして♪

なんか違和感が有りますfが、、、一応可能だと思われますよぉ。

UA-55を、単なる「マイクアンプ」として利用する。という事になります。
一般的には「アナログオーディオミキサー」を用いた方が良かったと思いますが、手持ち機材での運用と言う事で、行けると思います。

UA-55はUSB接続で電源を得ていますので、USB接続が必用に成ります。
これでマイクは利用出来ますので、UA-55のラインアウト、ここからSound BlasterZのラインインへ 
コンピューター側からはSound BlasterZを利用し、UA-55はデバイスとしては除外します。
(と、言うか。コンピューターは音声系の入力/出力に対して、一つだけのデバイスしか選択出来ませんから、Sound BlasterZを選択すれば、それでオッケーです。)

UA-55のマイクアンプ、そしてSound BlasterZのラインアンプを通って来る信号と成りますので、両方のレベル設定を上手に組み合わせませんと、無用なノイズを増加させたり、オーバーレベルで音が潰れたりします、適宜各部のレベルを調整しながらベストバランスを見つけ出して下さい。

あと、UA-55の出力は業務機器仕様のバランス伝送(平衡伝送)ですが、おそらくSound BlasterZは民生用のアンバランス伝送(不平衡伝送)だと思います。厳密には最適な接続状況では有りませんが、ここは気にせず接続しちゃいましょう。

おそらく、ローランドという有名ブランドですから、バランス出力端子に、アンバランス接続をしたくらいでは壊れない様な設計に成っていると思います、時には何十メートルもの配線を行なう可能性が有る業務機器では、バランス伝送(平衡伝送)が常識的に使われます、しかしわずか数メートルであれば、バランス/アンバランスの差異はほとんど無く、モンダイは手抜きの設計回路だと動作出来ない場合が有る、という程度です。

標準フォン端子には、接点が2カ所の物と、3カ所の物が存在します。
3接点で一つの信号を扱うのがバランス方式、2接点で信号を扱うのがアンバランス方式。

しかし、3接点でステレオ音源を扱う場合もアリ。この場合は、共通アース(マイナス側)と左右の2つの信号を扱い、多くはヘッドホンやイヤホンにも利用されます。

このため、2接点の端子を「モノラル、アンバランス、TS」などとも呼び、3接点の端子を「ステレオ、バランス、TRS」とも呼びます。
モノラル/ステレオ や、アンバランス/バランス は、接続時の利用環境に撚る呼び方で、TS/TRSは、先端のチップ、根元のスリーブ、中間のリング という物理構造からの呼び方です。

おそらく、最も入手しやすい「TS-TS」というフォン端子ケーブルで大丈夫でしょう。
万が一を考慮して、あるいは将来的に業務機器系列で揃える場合は「TRS-TRS」のフォンケーブルを用いても良いと思います。

マイクが1本なら、この接続ケーブルも1本で済ませられますが、他の利用なども考えたら、同じケーブルを2本(ペア)で購入しておいた方が良いかもしれませんね。

なお、ケーブルを自作してもかまいませんが、フォン端子やフォンケーブルは一般的な家電店等では入手が出来にくいと思います。楽器店等なら大丈夫でしょう。
何なら、Eギター用の、アチラ側では通常「シールド」と呼ぶケーブルでも利用可能です。

なお、UA-55から、アンバランス信号を取り出したい、と言う場合は、ヘッドホン端子が流用出来ます、でも、この場合は変換ケーブルが必用に成るのと、他の面から考えても、対してメリットは無い、と思えますので、可能/不可能と言えば、間違いなく「可能」ですが、あまりオススメはしませんねぇ。第一、変換ケーブルは需要が少ないから「割高」ダッタリしますしね。

追伸:コンピューター側から視えているのは、Sound BlasterZまで。となりますので、画面上に利用しているマイク等は表示されませんので、『マイクを認識させたい』という表現は、少々的外れに成ってしまいます、その先にどのような機器を繋いで利用するかは「利用者の認識」ですよぉ~♪

実際の製品を持っていないので、実機で試していません、問題点が他に有ればご報告下さい。また、私以外の有識者から適切なアドバイスが有ると思いますので、多くの人のアドバイスを総合的に活用して、目的が達成出来るよう、ガンバって下さい。

投稿日時 - 2015-08-16 19:36:41

お礼

ありえないほどに親切なご回答、本当にありがとうございます!!
素人なので一度読んだだけではまだきちんと理解はできてないかと思われますが、何度も読み返しながら用語を検索しながら、どうにか
自分が求めている状況下に持ち込めたらいいなと思います!がんばります!
本当に感謝です!!

投稿日時 - 2015-08-16 19:46:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

方法は幾らかはあるが おやめなられた方が良い
ノイズや劣化の原因になるアンプ機器はいくつも必要ない

”Sound Blasterの音周りの機能が優秀”は疑問だが 
audio-technica デジタルオーディオコンバーター AT-HDSL1 を使えばデジタル変換できるかも 使った事が無いので 資料など探されて見ては如何か しかし不要(?)なコネクションが増えます 音の善し悪しも不明です

本格オーディオセット で云うパワーアンプ無しでプリアンプ2個を繋げているようノイズや音質に良いとは思えません

UA-55も優秀です それだけ使えば充分 どうしてもコンデンサマイクを使いたいならば この際 Sound BlasterZは 無視

USBを差し替えましょう なお ドライバーや設定は必要です

投稿日時 - 2015-08-16 23:26:24

お礼

貴重なお時間を割いてアドバイスをくださり本当にありがとうございます!
ですがどうしてもSound Blasterを切ることはできません><
これにしか出来ない&自分にとって重要な機能があるので・・・ごめんなさい!

投稿日時 - 2015-08-16 23:44:12

-広告-

ANo.2

Sound Blaster側にUA-55に接続したマイクを認識させたいのですが

★回答

マイク入力信号を引き渡すと言う意味と解釈すれば以下だ
マイクを差し込んでも 他機種では 自動検出はしないよ

★劣化しない方法
この手の機材はアナログ入力 デジタル入力において
通常内部LSI演算で デジタルミキシングした後デジタル出力される仕組み(出ないボロ機もある)

マイク用オーディオデバイス(PCでコントロールするだけ)→録音用オーディオデバイス(PC取り込み用)
COAXIAL OUT デジタル→ COAXIAL IN 
光1系統(角型)16/24bit・44.1/48/96kHz もつなげられれば 同じ仕組み

そう使うのが劣化しない
もちろん そのようにつかってる

※他社 他機種(ローランド ESI products  E-MU )で15年以上つかっているが 
※貴君の機種は保有してない コピープロテクションはつけない 仕様確認必要です
※Sound Blasterは多品種あるので これではわからん

※SPDIFについて
旧CP-340 規格 AES/EBUも音響信号データーは同じ
IEC60958-3(S/PDIF)フォーマットに対応してりゃ
そのとうり 仕様どうり データーを渡すのみ なにもしない仕様
サンプリング合わなきゃPLLがロックしないだけ
そのように作られている

※アナログや USB経由は愚策
※USB経由は愚策=ウインドウズ仕様により劣化する場合あり メーカーによりけりですけど
※カードによりデジタルルーティング機能がついてりゃそれを使う その場合 USBでもOKだ
いわゆるデジタルコピー機能である
ぼろい国産は ついてない プロ仕様がおすすめ 外国製品が多い
馬鹿はアナログでコピーする もちろん劣化する 


・・・・・・・解説 おしまい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿日時 - 2015-08-16 20:45:33

お礼

お忙しい中細やかな解説を頂き本当にありがとうございます!
やはり素人な自分では一読しただけでは意味の理解は厳しそうですが
頂いた貴重な解説を糧にそろそろ問題解決に取り組もうと思います!
感謝です!

投稿日時 - 2015-08-16 22:13:04

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-