こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

ロボットで戦争無人化しなければ徴兵制は必至では?

ロボットで戦争無人化しなければ、日本の徴兵制は必至になるとは思いませんか?
日本の少子高齢化は急ピッチ、あっという間に人口は半減するでしょう。
今回の安保法案で自衛隊の入隊希望者は激減するでしょうから、大至急、無人ロボットで兵站輸送を行うようにしないとアメリカの援護は不可能になるでしょう。志願兵だけで無理になるなら、徴兵制も「自衛」のためならやむを得なくなります。
速やかにあらゆるロボット兵器の無人運転で戦争遂行できるようにしなければならないと思いますが、いかがでしょうか。
どこへでも誰にも気づかれず近づける自己増殖型の昆虫を模した殺人暗殺兵器や、生物兵器ならぬDNA解析しながら特定攻撃する自己増殖ナノウィルス兵器、コンピュータウィルスならぬ指定国内部の民生以外の全コンピュータを自動解析しながら徹底的に無力化し破壊する無数のソフトや、無人低空飛行のレーザー兵器や衛星レーザー兵器など、人間同士ではなくロボット間の戦争になれば日本の技術力に勝ち目があるかもしれません。海外への武器輸出でも必ず売れるようになると思います。

投稿日時 - 2015-07-21 14:12:16

QNo.9016230

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

僕は徴兵令ていう言葉を聞くたびに、まだまだ何もわかっていない人がいると思います。次のHPを読んで下さい。
http://okwave.jp/qa/q1894379/a23239088.html

ただ、貴方はロボット化ということに注目されていますね。
今では戦争もロボット化(または自動化)できる時代です。
貴方の話はまんざら夢物語ではないのです。

例えば、湾岸戦争を見ると「バーチャルリアリティと同じじゃないか」と考えた人はいませんか?
だから、こんなことも冗談でない話として言われています。
今度戦争をするときに一番役に立つ人材は誰か?
「そりゃ体が頑丈で根性もある人間だろう」と考える人がほとんどでしょう。
ところが答えは「テレビゲームの達人」です。
戦争がバーチャルリアリティと同じならば、テレビゲーム感覚で戦争ができる、となります。こうなればテレビゲームの達人に任すのが一番となるのです。

こう考えると、皆さんの考える徴兵令なんてバカげている、とならないでしょうか?

投稿日時 - 2015-07-21 23:26:37

お礼

回答ありがとうございます。
全く同感ですね。私も徴兵制は現実的に難しいだろうから、ロボット化を進めるべきではと考えました。
おっしゃる通り、イラク戦争のころから、CNNで中継された映像はテレビゲームそのものでした。ターゲットを定めれば、どこまでも無人機が低空飛行でカメラで追いかけていき、攻撃まで確認できるものでした。
今では、海中でも同様の兵器が開発されており、アメリカ軍では四脚歩行の兵站ロボットやパワードスーツや消えるスーツまで開発され、実用化に近づいているようです。
ネットワーク時代は、戦争開始直後にまずネット破壊戦争の電子戦になり、ロボットが動かなくなる危険もあります。国内だけの自動再生増殖する何らかの通信網や有線網・イントラネットを開発しておく必要もあるかもしれませんね。

投稿日時 - 2015-07-22 18:39:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(8)

ANo.7

まだまだロボットには繊細なことはできないと思います。
無人ロボットで何とかなるんだったら、原発もロボットで片付けてほしい。できてないですよね。
日本の企業は、実質戦闘機などの部品を海外に販売していますけどね…。

投稿日時 - 2015-07-21 22:01:27

お礼

回答ありがとうございます。
確かに、繊細なロボットの開発は難しいようですね。兵器に繊細な能力をどの程度組み込むかも問題だと思います。破壊し殺す兵器には、敵味方の区別が最低必要ですが、その識別能力を持つ自立型ロボットの開発を認めるか認めないかでも、もめるところです。スターウォーズ計画がアメリカでとん挫したわけは、ソフトにはバグがつきものだということでした。敵味方識別ソフトにバグがあれば、自滅しますからね。人類の戦争好きは、DNA進化のバグでしょうか。

投稿日時 - 2015-07-22 18:30:20

ANo.6

>ロボットで戦争無人化しなければ、日本の徴兵制は必至になるとは思いませんか?

全く、思いません。

いや、Robot 化には大賛成なのですが、Robot 化する、しないに拘わらず、徴兵制は再来不可能と思っています。

理由は日本社会の状況……誰もが徴兵制に反対しているのであれば徴兵制を施行する政党など支持する筈もなく、徴兵制など施行できる筈もありません。

国会で徴兵制を審議? 強行採決?……反対派市民が 1 日 4 交替で国会を占拠し、審議すら行わせないでしょう?

ついこの前の「ひまわり学生運動」は御存知ありませんか?

台湾の学生達と市民等が立法院 (日本の国会議事堂にあたる) を占拠して台中間貿易協定の批准に向けた審議を中止させ、貿易協定の仕切り直しを実現させた運動です。

対外協定は「批准 (発効)」の前に「締結」がありますので、発効を阻止しても締結を破棄しない限りは再び批准審議が再開されたり強行採決される可能性があるのですが、現代の日本で徴兵制を時限立法化しようとする審議をしようなどということになれば、たちまち反対派が国会を取り囲んで何時でも突入、24 時間占拠できる体制を整えるでしょう?

将来、徴兵制を阻止できないような社会情勢になったとしたら、それはその時代の日本人がそう望んでいるのですから、現代の我々に何の口出しもする権利などありません。

私達の子や孫達が……なんて懸念は先代 (親) の責任ではなく、先代の Ego に過ぎないと思います。

寧ろ徴兵制を望む社会に現代の私達が社会を変えてしまうことにこそ責任を感じるべきであり、徴兵制を敷かなければ日本が滅亡して人々が思いも寄らなかった新興独裁国家の奴隷にされてしまうような情勢下に「先代が徴兵制を敷けない憲法を制定してしまったので迅速な対処できず、あれよあれよと言う間に占領されて二等市民として奴隷化されてしまった」なんて社会に導いてしまうことこそ懸念すべきでしょう。

「徴兵制を唱える自由はあるけれども、そんな制度を施行する必要などこれっぽっちもない社会」にするのが私達の責務であり、徴兵制を禁じる政策を施行させることに多大な税金と知恵を浪費することは間違っていると考えます。

軍事力の Robot 化を進めることができる社会は徴兵制なんてこれっぽっちも必要としませんので、その点では御質問者さんの意見に賛成です。

軍事力まで Robot 化が大いに進んだ社会では「徴兵制を禁止する政策を採るべきだ」なんて懸念する必要すらありませんものね。

そもそも「徴兵制」なんて言葉で国民の不安を煽っている者の方が、反日 Terrorism を支援する急先鋒みたいな者だったりしますので、嗤ってしまいます。


まぁ私は、実は徴兵制に賛成なのですが(笑)……。

ただし、実質的には徴兵ではなく徴用であり、受け皿が軍隊 (自衛隊) というだけのものですが……。

しかも徴兵期間は選挙権取得前の 3 ヶ月間ぐらいとし、その後も一定の年齢までは年に 1 週間ぐらいを予備役として徴用する制度です。

……でも、内容は 1 発の銃弾を撃たせることもなく、そもそも武器なんか一切触らせず、ひたすら災害時の避難、誘導、救助支援及び公共福祉活動に従事させるもので、市民の公共心向上が実質的な成果となるもの……若者は基礎知識の習得を要するので 3 ヶ月という期間を設け、それを終了した暁には選挙権を付与、「一定の年齢までは身分証明と共に『徴兵/予備役修了証書』または『徴兵/予備役免除証明書』が投票用紙の交付を受けられるものにする」というものです。

こうしておけば不意の大災害に市民が Panic に陥ることなく整然と避難、誘導、救助を自発的に支え合う社会にすることができますし、普段から皆で助け合い、社会を乱さない風紀が育まれます。

何処がこれほど大規模な非生産的 (物を作って売るわけではありませんので) 活動を統括し、教導するかと言えば、非営利組織で組織員の個人的利害関係もなく、支援設備を無駄なく活用でき、組織の体質自体が公共支援保護に向き合って綿密な活動計画を正確に実行できる自衛隊以上に適切な組織はないでしょうから、自衛隊に徴用されるからには徴兵と言っても良い制度でしょう。

万が一の場合は徴用期間や予備役期間を延長して本物の徴兵訓練を行える体制にもなり得るのですが、いつでもなり得るというだけのもので実際には「しない」社会を保つことこそが私達の責務でしょう。

「延長して指導内容を変更することで何時でも百万人単位の軍隊増強ができる」という体制は対外的に大きな紛争抑止力になりますし「徴兵期間を延長しない」でいる間は確実に平和な社会である上に世界一公共福祉活動が進んでいて世界一公共心の高い国民を育む社会になります。

中学、高校を卒業して就職した人達に対して、雇用した企業が 3ヶ月間の徴兵期間を「解雇はせずに帰還を待つ無給期間」とし、徴兵財源は保険や年金のような仕組みから捻出するというのもありかと思います。

「徴兵制或いは徴用制というものが現代の日本社会にどのように利用されるものなのか?」と考えると、そんな非生産的活動を受け入れる社会ではなく、ましてや「武器を持たせて戦地に赴かせる」なんて「人的消耗を強いる活動」なんて有り得ませんので、有り得るとすれば上記のような利用法ぐらいしか思い付きません。


Robot 化は大いに賛成ですが「Robot 化が進めば戦争は無人化される」なんて御花畑の発想ですよ。

私が敵ならばやってくる Robot なんていちいち撃ち倒さず、Robot を発進させる基地の人間やその人達に指示を与えている軍幹部や政府要人を殺すことを最優先させます(^_^;)。……戦争は Game ではなく「勝って生きるか負けて死ぬか」ですので「殺るからには元を絶たなければダメっ!」なのは当然でしょう?

現代の先進国に於ける戦争は「結果的には消耗戦」になっても「目的は元を絶つ」であることですので、相手の Robot 軍隊を殲滅させたところで戦争が終わるわけではありません。

Robot 軍隊を失った、或いは初めからろくすっぽ持っていない国は Terrorism で対抗するでしょう?

元を絶たない限りは Robot 軍隊を持とうと持つまいと死者は後を絶たないものですが、相手に「コイツらと戦争してやろう」と思わせる隙を与えないことが重要ですので、その抑止力としての Robot 化……「アイツらと戦ったってアイツらを殺す前に Robot によってこちらの被害が甚大なものになる」と思わせる、或いは「補給線を絶とうと攻撃しても Robot だらけで人っ子一人いないし、Robot を捕獲しても使い方が判らん上に勝手に爆発するし、そもそもあちこちを Amazon の宅配便 Quadcopter みたいな Robot がうじゃうじゃ飛んでいるので、元の人間殺さずに幾ら Robot 壊したって補給線遮断とか偵察阻止なんて絶対無理っ! しかも元の人間が何処にいるのか、どれほどいるかもさっぱり判らないので Robot 戦域の突破なんて無理っ!」なんて状況にするために Robot を大量生産し、平時にはその Robot を輸送業務などの生産的活動に利用するというのであれば大賛成です(^_^;)。

因みに「時間帯制限も含む、指定された戦域以外の地域に出てしまうと自動的に指定戦域に強制帰還してしまい、指定時間を過ぎると自動的に着地して戦力が無効化されて回収される一方で、指定時間/戦域内であれば他県に住む人が厳重な Cracking (妨害) 対抗策を施した専用回線を使用できる Program を Install した携帯電話で映像 Monitor しながら機体を制御して敵軍に機体を突入させることができるよう Program を改変した Quadcopter」の制御ならば操縦訓練に予備役教導期間の 1 日も割けば充分でしょう(^_^;)。

そんな Game 化された軍事力を百万人単位で即時増強できる国に通常兵器戦を仕掛ける国なんて有り得ないでしょうね。

投稿日時 - 2015-07-21 19:40:43

お礼

長文の回答ありがとうございました!
感動しながら読ませていただきました。
おおむね、「「徴兵制を唱える自由はあるけれども、そんな制度を施行する必要などこれっぽっちもない社会」にするのが私達の責務であり、徴兵制を禁じる政策を施行させることに多大な税金と知恵を浪費することは間違っていると考えます。」というところに、回答者様の徴兵制に対する気持ちが込められていると思いました。私も、大賛成です。
徴兵徴用の効用や活かし方もあるかもしれませんが、やはり現実的には無理筋があるかと思いますので、わたくしもロボット化を進めるべきではと考えたわけです。
確かに、ロボット同士の戦争では消耗戦でしかなく、元を断たなければだめですね。
今のゲーム機世代には、徴兵しなくても優秀な兵士が育っているようにも思うんですよ。コントローラーによる戦争になりますからね。あらゆるソフトが組み込まれて、自家用車でさえ無人運転可能な時代ですから、アメリカでは緻密な兵器に五感以上の探知能力や追尾能力と攻撃能力を持たせて、空も陸も海中でもターゲットを追尾攻撃する開発が進んでいます。日本もこの方法しかないですね。また軍事大国アメリカに追いつき追い越せの時代が来るような気がします。

投稿日時 - 2015-07-22 18:25:48

ANo.5

徴兵制の有効性に関してはほかの人に譲るとして。

>速やかにあらゆるロボット兵器の無人運転で戦争遂行できるようにしなければならないと思いますが、いかがでしょうか。
すでに無人兵器は実践に投入されていて、プレデターとか有名ですね。

ただ、戦闘兵器を無人にしても、攻撃する(される)戦略拠点には必ず人がいるので、無人兵器同士の戦闘は意味がありません。
昔の合戦みたいな感じで無人兵器同士が壊しあったところで資源の浪費にしかなりません。

>どこへでも誰にも気づかれず近づける自己増殖型の昆虫を模した殺人暗殺兵器や、生物兵器ならぬDNA解析しながら特定攻撃する自己増殖ナノウィルス兵器、コンピュータウィルスならぬ指定国内部の民生以外の全コンピュータを自動解析しながら徹底的に無力化し破壊する無数のソフトや、無人低空飛行のレーザー兵器や衛星レーザー兵器など、人間同士ではなくロボット間の戦争になれば日本の技術力に勝ち目があるかもしれません。
SFの世界っですね。
近未来では無理でしょう。

投稿日時 - 2015-07-21 19:17:11

お礼

回答ありがとうございます。
私もプレデターは知っていました。
確かにロボット同士の壊しあいでは、資源の無駄で日本に不利ですね。
人間の兵士をやっつけないことには。
SFの世界のようですが、今検索してみても、アメリカ軍では四脚歩行の馬型の運搬ロボットやパワードスーツ・消えるスーツなどを開発し、海軍では強力なレーザー兵器や、航空戦のように海の中を追尾する魚雷のような兵器を開発していますね。
イラク戦争のころから、ゲームコントローラー仕様の兵器で、アメリカ軍は戦争していましたから、ロボット化はますます進むと思われます。

投稿日時 - 2015-07-22 18:10:23

ANo.4

米国は徴兵制をやめました。

それは徴兵しなくても、不法移民とかプアホワイト
黒人など、下層階級が沢山応募してくるからです。

戦争で命を落とすのは、大部分が彼らです。
プアホワイト、黒人は民間企業に就職できませんし
不法移民は市民権と引き替えに戦場に行きます。

米国の某議員が、しっかり勉強しないとイラクに
行くことになる、と大学生を叱咤激励し、物議を醸しました。

もうお気づきでしょう。
日本にも似たような階層の若者が沢山いることを。

投稿日時 - 2015-07-21 18:08:46

お礼

回答ありがとうございます。
わーお、気づいてしまいました、うちの子供やその子供や孫ですね、きっと;;;
かわいそうな世代だとは思っていましたが、国の借金も払って、年寄りの年金も払って、おまけにアメリカの兵站に参戦して、アメリカ部隊本体よりも先に攻撃される運命なんですよね;;;
不法移民といえば、マッサージや風俗や研修生だけでなく、どこぞの国からブラックマーケットで男女一緒に誘い込んで、もっと高額の自衛隊に引き入れるとか言う手もありそうな;;;
でも戦場では、日本人に鉄砲を向けるかも;;;

投稿日時 - 2015-07-22 17:43:49

ANo.3

>どこへでも誰にも気づかれず近づける自己増殖型の昆虫を模した殺人暗殺兵器や、生物兵器ならぬDNA解析しながら特定攻撃する自己増殖ナノウィルス兵器、コンピュータウィルスならぬ指定国内部の民生以外の全コンピュータを自動解析しながら徹底的に無力化し破壊する無数のソフトや、無人低空飛行のレーザー兵器や衛星レーザー兵器など、人間同士ではなくロボット間の戦争になれば日本の技術力に勝ち目があるかもしれません。

頑張って開発してください。



>海外への武器輸出でも必ず売れるようになると思います。

実現すればね。

投稿日時 - 2015-07-21 15:13:21

お礼

回答ありがとうございます。
はい、わかりました、頑張って開発します;;;
営業も頑張ります;;;

投稿日時 - 2015-07-22 17:37:34

ANo.2

徴兵制と関係なく、先端軍事兵器は技術革新としてロボット化が進んで来ていますよ。なので日本も例外ではなくその手の兵器を導入することになるでしょう。今後は嫌でもアメリカから買わされることにもなるというのが日本の立場。
安全保障においても経済面においても技術面においても、軍事兵器は自国で開発していなければ何の意味もないのですが、日本の政治家はバカばかりなので、バカしか騙せないような理屈でアメリカからバカ高い金額で兵器購入してますからね。まずはそれを辞めるところがスタートですね。

投稿日時 - 2015-07-21 15:01:47

お礼

回答ありがとうございます。
アメリカから買わされたロボット兵器では、インターネットと同じで、アメリカには筒抜けですよね。やはり、日本独自のロボットがほしいです。
おっしゃる通りで、日本の政治家が海外から笑いものになっている現状では情けないです。人数を10分の1に減らして、給料を10倍にし、バイリンガルで博士号を持たなければ立候補できないようにすべきかも;

投稿日時 - 2015-07-22 17:35:46

ANo.1

ロボットで戦争無人化しなければ、日本の徴兵制は必至になると思います。
既に、戦争無人化はかなり進んでいて、徴兵制は無意味になっています。

投稿日時 - 2015-07-21 14:24:38

お礼

回答ありがとうございます。回答番号順にお礼を書かせていただきます。
戦争無人化は、アメリカの無人機操縦のように確かに実用化されていますよね。
これが進めば、わたしも徴兵制は必要なくなると思います。

投稿日時 - 2015-07-22 17:32:01

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-