こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

画像の真鍮製の煙管(キセル)のような物は何ですか?

画像の真鍮製の煙管(キセル)のような物は何でしょうか?
棒状の部分は空洞になっておりません。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-07-01 11:21:17

QNo.9004016

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

それは墨壷や筆矢立てっていってね。現代のカンペンケースみたいなもんなの。
竹の握りのところに、細い筆を入れて、先っぽのタンクに墨を入れるの。
物が書きたくなったときに、筆を出して、墨をつけて書くわけ。
江戸時代は大工の棟梁や商人、松尾芭蕉も持ってたわね。物書きの必需品よ。
万年筆や鉛筆が出るまで使い続けられてきたわ。いまでは筆ペンがあるから使わないわね。

投稿日時 - 2015-07-01 11:54:14

お礼

このたびはどうもありがとうございました。

投稿日時 - 2015-07-01 14:41:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

 No.1の回答の通りですが、少し補足を。
 名前は「矢立(やたて)」と言います。
 細い筒状の部分に筆を入れ、蓋のある容器の部分に綿を入れて墨をしみこませてありました。

投稿日時 - 2015-07-01 11:56:10

お礼

このたびはどうもありがとうございました。

投稿日時 - 2015-07-01 14:42:12

ANo.1

大昔は、ペンや鉛筆がない時代に、筆をもちあるいていました。
しかし、筆だけ持ち歩いても墨がなければ字が書けませんので、写真の墨壺を持って、先の穴が開いた部分に墨汁を入れて持ち歩いていました。

投稿日時 - 2015-07-01 11:33:00

お礼

このたびはどうもありがとうございました。

投稿日時 - 2015-07-01 14:42:03

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-