こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

パイオニア サラウンドプロセッサーの接続方法

パイオニアのカーオーディオ、SQ-E120
というサラウンドプロセッサーですが、
画像にある物しか接続する物がありません。

何と何の間に介するのでしょうか?

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2015-06-29 09:14:32

QNo.9002824

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

本体(ヘッドユニット)と アンプの間に入れます

投稿日時 - 2015-06-30 19:37:29

お礼

これが知りたかったんです!

ありがとうございました!

投稿日時 - 2015-07-01 07:48:34

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

再度お邪魔します。

SQーE120を他のパイオニアアンプで使うには、特殊な8ピンDIN端子を接続しなければ使えません。
パイオニアはその8ピンDIN端子を途中で新型端子に変更しました。粉のため旧型の端子の機器が接続できなくなりました。
しかし、パイオニアは新旧端子を接続させる「コネクター変換器」を出しました。

画像の少さいボックスは「コネクター変換器」かもしれません。

投稿日時 - 2015-06-29 19:24:18

お礼

解決しました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-07-01 07:49:12

-広告-

ANo.2

1980年代後半のパイオニアのカーオーディオ、ロンサムカウボーイ・シリーズに使われていたサラウンドプロセッサーです。

当時のカーオーディオはカセットデッキ、チューナーコントローラー、等に分かれていて、サラウンドプロセッサーはコンポーネント構成の途中に挿入して使用しました。

つまり、ロンサムカウボーイ・シリーズの専用接続端子なので、それ以外では使えません。

投稿日時 - 2015-06-29 10:13:01

ANo.1

SQ-E120は1986年頃に発売されたパイオニアの「ロンサムカーボーイ」というカーステレオのシリーズの最上級モデル「セントレート」で主に使用されていたモデルです。
カセットデッキ:KPX-990とAM/FMチューナーのGEX-550等とセットで使用する形になります。
上記カセットデッキ/チューナーと組み合わせて使用する専用機となりますので、残念ながら他機種への流用はできません。

以上、ご参考まで。

投稿日時 - 2015-06-29 10:06:28

お礼

解決しました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-07-01 07:49:25

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-