こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

Windows10 タッチスクリーンはなくなる?

タスクバーに表示されるWindows 10を入手するアプリで、
PCをチェックを確認すると、
このPCではWindows 10をご利用になれます。
となっていますが、
タッチスクリーン:不要となっています。
ググってみましたが、
Windows 10でタッチスクリーンが無くなるという情報が見当たりません。
詳しい方お教えください。

投稿日時 - 2015-06-23 07:49:36

QNo.8999302

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

><<必須条件ではない、
>つまり無くても何の問題も無く使用可能と言う事でしょうか?

タッチスクリーン非対応のWindows8パソコンもありますし、やはりタッチスクリーンは「必須ではない」「非対応でもキチンとWindows10を使える」となるでしょう。

回答No.1さんのURLも拝見しましたが、Windows8でデスクトップとタッチ操作を両立しようとしたのは、やはり全世界的に不評だった、ってことですかね…?

実は私もタッチパネル対応Windows7パソコン(ノート型)を使っておりますが、普段の操作はキーボードと手元のタッチパッドだけです。まあたまにマウスも使いますが。
タッチスクリーン対応だからって、指の陰になる数ドット幅のフレームを指でつかもうなんて作業は至難の業。(マウスならドット単位でも動かせますけど)

ただ、ある種のゲームをするときなどは、ダイレクトにゲーム画面上のボタンやアイテムをタップできるので快適にプレイできます(笑

投稿日時 - 2015-06-23 13:50:52

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かに私も世界的には不評と思います。
マウス操作のようにドット単位で、例えば写真加工なら人物と背景の境界があって、背景側の色を塗り替える時に、ドット単位のキメの細かい操作が要求されるので、
マウスの操作と同等にするには、
例えば、背景の色を変えるべき部分を指で範囲指定する時には、指で範囲指定している周辺を別途拡大鏡の様なもので見やすいように大きく表示して、
一方で、おっしゃられるように指では範囲指定しようとしているドットが、指の面積に対して大き過ぎてディスプレーのどのドットに指が当たっているのかが分からないので、
マウスの様にドット単位でキメ細かく指定出来ないのを補う為に、
大きく表示したドットの中で、ドットを指定する為にディスプレーを指で押さえて移動する速度をゆっくりにすれば、また手ブレに鈍感になるようにすれば、
マウスのように繊細に指定が出来るようになると思います。
Wordとかでも同じですね。
タブレットPCがノートPCのように普及しない最大の原因は指での繊細で尚且つ機敏な操作(範囲指定や画面上のボタンの押しにくさ)だと思います。
それさえ改善されバッテリーの容量が飛躍的に伸びる技術が開発実用化されれば、
ノートPCやデスクトップPCは役割を終えて姿を消す事になると思います。
究極のところはマウス操作より、
ディスプレーでの操作の方が素早い操作が可能なのは、
比較の対象が若干異なりますが、
キーボードを打つより、スマホなどでディスプレーに直接触れてメールを文字入力する方が効率がいいのと同じと思います。
今の様な発展途上の未完成な物だと、
結局は時間的にはマウスとキーボード操作が、99%を占めてしまい、残りの1%のタッチ操作は気が向いた時のみに限られ、その操作も実質的には他で取って代われ、全く意味もなく実用にもならず存在価値の視点で見れば0%の役割しかありません。
メーカーの研究材料(実験材料)の開発費用を商品価格に転嫁されて、その費用を払わされただけの事です。
3Dディスプレーも3Dメガネを全く必要としない東芝の技術を除けば、同様の無駄な研究かかる費用を商品価格に転嫁されて知らず知らずの内に、消費者はその費用を負担させられていると思います。

投稿日時 - 2015-06-24 10:19:12

-広告-

ANo.5

タッチ・スクリーンでなくとも、お持ちのモニターで通常のマウスとキー・ボードで操作はできるので、絶対必需品ではないという意味ですが。タッチ・スクリーンのモニターでは、当然、機能します。

投稿日時 - 2015-06-23 11:07:33

お礼

ご回答ありがとうございます。
私はノートPCにタッチスクリーン対応の機種を使っては見たものの、
ディスプレーに表示されるタッチ操作用のボタンなどは小さく、
あまり実用レベルには達していない印象が色濃く使い始めてこの1年の間には、滅多にスクリーンに触れる事などありませんでしたし、
タッチスクリーン対応とする為に別途1万円程払ったのが惜しいので、
マウスとキーボードで事が済む事のにも関わらず、わざわざマウスを握る手を、マウスからは遠く離れたディスプレーまで移動して、
またマウスにまで手を動かすと言う全く時間の無駄と効率の悪い事をしていました。
タブレットPCって使った事がないので詳しくないですが、使いやすいならノートPCにもその使いやすさを移植してほしいです。
非対応からタッチスクリーンの追加費用については、私には無駄な買い物だったと思っています。
ノートPCでタッチスクリーン何て不便な物をわざわざ使っている人何て本当にいるのかと知りたいくらいです。

投稿日時 - 2015-06-23 12:56:27

ANo.4

「タッチスクリーン:非対応」ではなくて、「タッチスクリーン:不要」と書かれています。

すなわち、Windows 10 のデスクトップモードでは、タッチスクリーンなし(マウスとキーボード)でも使えるので、「必須条件ではない」という表示でしょうね。

もちろんWindows10はタッチスクリーンに対応していますから、PC本体にその機能があれば、使用できるはずです。

ただし、お使いのPCに搭載されているタッチスクリーン用ドライバが、Windows10の標準ドライバに含まれない可能性があります。(現状でそのメッセージが出るということは、そういうことかもしれません。)
もし、MicrosoftがWindows10を出してすぐに移行した場合、パソコンメーカーがWindows10用のタッチスクリーンドライバを出すまで、あなたのPCではタッチスクリーン機能が使えなくなってしまうかもしれません。

移行するのは、パソコンメーカーが自分のPCのWindows10移行(互換)情報を出してからにした方が良いかもしれません。

投稿日時 - 2015-06-23 09:44:26

お礼

ご回答ありがとうございます。
<<必須条件ではない、
つまり無くても何の問題も無く使用可能と言う事でしょうか?
<<ただし、お使いのPCに搭載されているタッチスクリーン用ドライバが、Windows10の標準ドライバに含まれない可能性があります。(現状でそのメッセージが出るということは、そういうことかもしれません。)
もし、MicrosoftがWindows10を出してすぐに移行した場合、パソコンメーカーがWindows10用のタッチスクリーンドライバを出すまで、あなたのPCではタッチスクリーン機能が使えなくなってしまうかもしれません。
そうですね、おっしゃるように私も暫くは様子見をしてみようかと思います。
私のは、NEC2014夏版ロットのLavieですが、一部機種を除き、NECのPCは2013年5月以降に発表した「LaVie」「LaVie Tab W」「VALUESTAR」をアップグレード対象製品と公式アナウンスをしているので、
NECがWindows 10に公式対応したドライバーをリリースすると思います。
Windows98SEやXPの頃と同様に、ここ数年にしてはNECの対応では珍しく、
対象製品の販売期間の幅が2年強とかなり広いですね。
歓迎している人も多いのでは。
幅が広いとは言い換えれば、NECの製品に限って言えば、ここ2年ほどはPCのハードウェアの基本部品や性能にはそれほど変化は無かった、と言う事になるかと思います。
パソコンのメイン基盤には殆ど機能アップは施されず、プリインストールアプリや内蔵している周辺機器を少しづつ機能アップした物を、
春モデル→夏モデル→秋冬モデル→春モデル……とリリースしていただけと言う事になりますね。
富士通など他社の対応状況については分かりません。
2・3年前に経緯は忘れましたが、マイクロソフトの営業担当者と電話で話す機会があり、
対して大きな変化はないのに、次々とWindowsを2・3年置きにリリースしては、
意図的にハードウェアとの互換性を保証せずに、
OSやPCの乗り換え誘導を図るビジネススタイルは止めてほしいと言いましたところ、
その様なご意見をかなり頂いていますと言っていました。
マザーボードを向う先最低でも20年以上は問題無く、新しい機能に対応出来るハードウェアにファミコンのカセットを入れ替えるように出来ればと要望しました。
テレビでも15~16万円払えば、最低でも20年は使えるのに、
パソコンのマザーボードが最低でも20年持たないのは問題と思いそう要望しました。
まあ、これはハードウェアメーカーの協力が欠かせないですね。

投稿日時 - 2015-06-23 12:39:59

ANo.3

Windows10ではスマホ(ウィンドウズフォン)、タブレット、パソコンまで対応しますから、タッチスクリーン非対応という事はありません。
余り知られていませんが、Windows7でもモニターが対応していればタッチスクリーンは機能します。
   
従って「タッチスクリーン:不要」の表示は何故かわかりませんが、Windows10でタッチスクリーン非対応という事はないはずです。

投稿日時 - 2015-06-23 09:43:24

お礼

ご回答ありがとうございます。
ほ~なるほど7でもタッチスクリーン対応は知らなかったです。
非対応と言う事はないはず…そうであってほしいですし、ご賛同をありがとございます。
マイクロソフトのツメが甘いと言うか、何てゆうかほんと分かりにくいです…。

投稿日時 - 2015-06-23 11:55:34

ANo.2

タッチスクリーンに対応したモニター、タッチスクリーン採用の一体型、タッチスクリーン採用のノート(タブレットモードなし)もあるので
タッチスクリーンはタブレット(あるいはノートのタブレットモード)だけではありません。
また、元々が英語で作られているものを日本語にしているので一部で日本語にした際に翻訳・表現の一部におかしなところがあっても不思議ではありません。

投稿日時 - 2015-06-23 09:12:34

お礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、タッチスクリーンでも色々あるのですか。
マイクロソフトのHPでドライバーなどを検索していると、
日本語訳は自動翻訳されていて文章が理解出来ない内容になっている時があるのでそれと同じですね。
自動翻訳って顧客を軽視しているのかと言いたくなる時があります。

投稿日時 - 2015-06-23 11:49:56

ANo.1

つまりこういう事です。
http://microsoftnews.hatenablog.jp/entry/windows10.mode

投稿日時 - 2015-06-23 08:15:18

お礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、Windows10 にはタブレットモードがあるので、タッチスクリーンの機能は無くならないという事ですか?
なら、不要と書いているのは、私のように意味が分かりにくく無くなるのかと誤解する人もいそうです。(これは、マイクロソフトに言いたい事で回答者様に言うのも何ですけど、どこに言えば良いのやら…。)
タブレットモードもタッチスクリーンも同じ意味なので、
Windows 10を入手するアプリには、
タッチスクリーン:不要
とは書かずに、
タッチスクリーン:タブレットモードで対応
と明記すればいいのにな。

投稿日時 - 2015-06-23 09:00:57

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-