こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

水素自動車はエコですか?

水を電気分解して水素を作るそうですが、
電気を使うのだからエコではないような気がします。

どうなのでしょうか?

投稿日時 - 2015-05-24 21:28:59

QNo.8981438

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(12)

ANo.12

電気分解で水素を作っているようではお話になりません。
それは30年前に将来は電力がいくらでも原発から生み出せると思っていた時代のアイディアで結果を見れば妄想レベルといえます。

水素を安価で潤沢に作る設備があればエコになりえますが、広い地域に水素供給インフラ網を作るのは甚だコストが高く結局無駄といえます。しかも現状水素を作る方法となると電気を使うかガスを使うか石炭を使うかでまったく化石燃料の節約にもCO2排出抑制にも寄与しません。
産油国・天然ガス産出国の場合オフガスを集め水素を作ることはできるかもしれませんが、だったら水素より電気を作ったほうが効率的という話になります。
木材やバイオ系の資源を使っても同じでしょう。
やっかいな資源を発電に回しそれだけ発電に使う石油やガスを車にまわすほうがよっぽどエコといえます。

多様な資源の活用はエコロジー問題に欠かせないアイディアですが、それをわざわざ車で行う意味が無いんですよね。発電というもっとも技術的ハードルの低い分野でまず地球にやさしい資源を使えばいいんです。

投稿日時 - 2015-06-04 00:33:16

お礼

よくわかりました。
お答えありがとうございました。

投稿日時 - 2015-06-04 06:06:03

ANo.11

水素スタンドの水素を作るための電力もCO2を排出しない水素発電所
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1309/17/news026.html

投稿日時 - 2015-05-26 20:32:04

お礼

そういう事が進行しているのですね。
素晴らしいです。
お答えありがとうございました。

投稿日時 - 2015-05-27 06:07:17

ANo.10

CO2を排出しない水素発電所
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1309/17/news026.html
次世代自動車として注目されている燃料電池車(FCV)は水素スタンドで水素をタンクに充填し、内蔵する燃料電池で電力を生み出して走行用モーターを回している。
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1308/15/news060.html

投稿日時 - 2015-05-26 13:48:57

補足

水素スタンドの水素を作るための電力は問題ない程度のものなのでしょうか?

投稿日時 - 2015-05-26 19:56:42

誰が誰に対してそういうふうに言っているのか理解すれば十分に環境問題対応していると言えます。
http://www.arb.ca.gov/msprog/zevprog/zevprog.htm

公害発生を抑えることが大事
→立法・行政→自動車メーカー: 無公害車(ZEV)を作らないと罰するからな!

投稿日時 - 2015-05-25 13:42:18

お礼

残念ながら英語を完全に理解できませんでした。
御回答に感謝します。

投稿日時 - 2015-05-26 20:00:17

ANo.8

その通りです。電気分解に使う膨大な電力のほとんどは火力発電です。太陽光発電ではとても賄えません。結局化石燃料に頼っていることになります。エコでも何でもありません。これをエコというのは偽善です。自分で燃やさないからエコだときれい事を言っているだけです。

投稿日時 - 2015-05-25 11:24:01

お礼

やはりそういう事なのですか。
お答えありがとうございました。

投稿日時 - 2015-05-26 19:58:08

ANo.7

バイオマス水素と言うのは御存じでしょうか?

バイオマス水素は主に木質チップから水素を取り出す技術です
その施設を稼働させるためには、電気が使われるのですが
木は成長の過程でCO2を吸収しますので、水素生成の際に
発生するCO2が木が成長する際に吸収したCO2と同じか
下回れば、結果としてCO2の排出はゼロ(もしくはマイナス)となるので
エコロジーとなります
(これは業界用語でカーボンニュートラルと言います)

また、化石燃料を燃やした場合発生するのはCO2だけではなく
窒素酸化物等も発生させますが、水素を燃やした所で
発生するのは水だけです

お隣の国のガソリンの質が悪いので、硫黄成分を多分に含んでおり
それがPM2.5となり深刻な大気汚染の原因になっています
そう言った意味でもエコなのでは?

投稿日時 - 2015-05-25 10:29:34

補足

水素を燃やした時に出る水蒸気は二酸化炭素と同様の温暖化ガスだと聞いたことがあります。
それほど大きな問題ではないのでしょうか?

投稿日時 - 2015-05-26 19:54:27

ANo.6

”水を電気分解して水素を作るそうですが、”
    ↑
水素を作る方法は電気分解だけではありません。
特別な薬品を使う場合や、微生物を利用する
場合もあります。


”電気を使うのだからエコではないような気がします。”
    ↑
電気を使う場合でも、それによって排出される
炭酸ガスが6であるとします。
ガソリン自動車によって排出される炭酸ガスが8
なら、差し引き「2」エコになります。


”どうなのでしょうか?”
    ↑
御指摘のような問題点もありますので、
水素の作り方が重要になります。
いかにして、効率よく、環境に影響を与えないで
作るかが、今後の課題です。

尚、水素に切り替えたい、という理由は
環境だけではありません。

石油と異なり、水素は海や川に無尽蔵にあります。
枯渇や不安定な政治状況に左右されなくて済む
という利点があるのです。

投稿日時 - 2015-05-25 07:03:47

お礼

そういうことなのですか。
よくわかりました。
お答えに感謝します。

投稿日時 - 2015-05-26 19:49:20

電気の作り方しだいです。

例えば、もし、世の中に風力発電所と電気自動車しか存在しないとしたら、
風が吹いている時にしか充電できません。
(1台に充電できる量はたかが知れています。)

そこで、電力需要がない時に風力発電でとりあえず水素を作っておけば水素を貯めておけます。
風が吹いていない時でも、貯めておいた水素を使って走れるのです。

現在のシステムとしてはまだまだですが、考え方としてはそういうことです。

投稿日時 - 2015-05-24 22:20:08

お礼

御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-05-26 19:51:20

ANo.4

そうです。太陽電池もその問題があります。ただ、工場などで排出されるエネルギーを利用したり、風力発電を一旦蓄電したものと組み合わせて実証実験も行っているようですが、まだまだの感はあります。

投稿日時 - 2015-05-24 22:13:01

お礼

お答えありがとうございました。

投稿日時 - 2015-05-26 19:50:39

ANo.3

製鉄業などで副産物として取り出せる場合を除き、水素はエコとは言えません。遠い将来を見越した技術でしょう。

投稿日時 - 2015-05-24 22:03:35

お礼

今後の技術革新が待たれますね。
お答えありがとうございました。

投稿日時 - 2015-05-26 20:02:59

ANo.2

太陽光発電で、水を電気分解できて、水素を作ることがでいればエコですが、
まだまだです。

投稿日時 - 2015-05-24 21:35:28

お礼

お答え、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-05-26 19:50:18

ANo.1

ごめん。電気を使うからエコじゃないという理屈がわかりませんが。

自分の中で、勝手にそう思っているだけ?

どちらにしても、補足をお願いします。

投稿日時 - 2015-05-24 21:35:21

補足

専門的な事には全くの素人なので、申し訳ありません。
水を電気分解するにも電力が必要という事は、
その電力を作るためにも環境に悪影響を与えているのではないのかなと思ったのです。
環境に優しい発電もあるようですが、まだまだのようですし・・・

投稿日時 - 2015-05-25 06:37:35

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-