こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

CASE(コンピュータ支援ソフト工学)

情報の勉強超初心者です。
教科書にCASEのことが書いてあり、またネットの用語辞典を
みて書いてあることは理解できるのですが
下記質問です。
1.現在のシステム開発の現場で 毎日この方法が実務として
 具体的に活用されているのか
2.学問上の理論として 知識としてもっているだけなのか
3.どこかの団体がこのメソッドを標準化し ツールとして売っているのか
4.開発の現場では このCASEはどのような位置づけなのか
5.ほかにもたくさんこのようなシステム開発支援ツールあると思うのですが
現在の主流はどのようなものがあるのでしょうか。
どど素人ですみません。
おしえていただけますと幸いです。

投稿日時 - 2015-05-24 06:24:27

QNo.8980955

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1.
CASE とは「ソフトウェア開発やソフトウェアの保守の支援ツール」全体をさす言葉で、特定のツールを指すものではありません。具体的には CASE ツールに分類されるものには以下のツールがあります。
 ・ソースコード生成ツール
 ・UMLエディタ、または類似製品
 ・リファクタリングツール
 ・QVT またはモデル変換ツール
 ・構成管理ツール(バージョン管理システムを含む)
どのツールも開発現場では普通に使われることが多いものですが、「CASE」という言葉はめったに使いません (私も資格試験のときしか使ったことがありません)。言葉の対象が広すぎて使いようが無いのが実情でしょう。

2.
「CASE」という言葉自体は学問上もの (もしくは CASE を前面に押し出した特定のツールのもの) と言っても差支えないレベルだと思います。

3.
概念的なものですからね。特に標準化もされていないでしょう。

4.
CASE という言葉は使いませんが、それに分類されるツールは必須です。これらを使わない開発など考えられません。

5.
CASE 自体がものすごく広い範囲をカバーしており、「開発支援ツール≒CASE」と言っても良いレベルなので、それ以外で主流と言われても結構困ります。

投稿日時 - 2015-05-24 12:25:37

お礼

大変わかりやすいご説明有難うございました。

投稿日時 - 2015-05-24 12:27:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

> 1.現在のシステム開発の現場で 毎日この方法が実務として
>  具体的に活用されているのか

例えば、UMLとかは普通に使います。

> 2.学問上の理論として 知識としてもっているだけなのか
> 3.どこかの団体がこのメソッドを標準化し ツールとして売っているのか
> 4.開発の現場では このCASEはどのような位置づけなのか

CASEツール全般でなくて、例えば上のUMLに絞って情報収集すれば、書籍も出てるし、ツールも無料有料のものがあります。

> 5.ほかにもたくさんこのようなシステム開発支援ツールあると思うのですが
> 現在の主流はどのようなものがあるのでしょうか。

Visual Basicなんかの開発環境だって、そういうものに含まれるように思いますし、範囲の定義が難しいのでは。

外部リンクが切れているようですが、Wikipediaなんかの記事はまとまっていると思います。

Computer Aided Software Engineering - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Computer_Aided_Software_Engineering

投稿日時 - 2015-05-24 08:43:58

-広告-
-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-