こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

SaasとASPの違いについて

情報の勉強初心者です。教科書に
「SaaS提供者は一つのシステムで複数利用者組織の情報やアプリケーションを
管理するマルチテナントと呼ばれる技術を応用している。
ASPはデータ管理はシングルテナントと呼ばれる利用者ごとにシステム一式を個別に
用意する方式である。 マルチテナントでは シングルテナントより
低価格でサービスを提供できかつ短期間での導入が可能になる」とあるのですが
下記質問です。
1.ASP方式で 30人くらいの営業マンのいる中小企業でCRM(営業管理ソフト)を使っている会社をみたことがあるので
少しイメージがわくような気がするのですがが このASPは ソフトの提供およびデータの
サーバーなどは ソフトベンダーが ベンダーのサーバーなどで
ソフトやデータ管理を行うものでしょうか。
2.Saasとは このCRMの例で説明していただくと 具体的にどのような
仕組みになっているのでしょうか。
3.マルチテナントやシングルテナントというのはなぜそのような
呼び方になっているのでしょうか。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-05-23 21:42:20

QNo.8980735

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1.
そうです。

2.
SaaS は ASP から発展した考え方なので、仕組み自体はASPとほとんど一緒です。
両者の最大の違いは、顧客が A, B, C 社と複数いた場合に、それぞれの顧客毎に別々のシステム(サーバ)を構築するのが ASP、ひとつのシステム(サーバ)で全顧客を一緒に管理してしまうのが SaaS です。

3.
複数の顧客(テナント)をひとつのシステムで一緒に管理するので、1システム複数顧客⇒『マルチテナント』と言います。ASPは顧客毎に別々のシステムにするので、1システム1顧客⇒『シングルテナント』になりますね。

SaaS は顧客が増えてもシステム(サーバ)を流用できることから、初期投資だけすればあとはドンドン儲けるだけというのがウリですが、『設計がASPに比べてはるかに面倒』『何かトラブルがあると問題が全顧客に波及する』などの問題もあります。

投稿日時 - 2015-05-23 22:00:36

お礼

早速に大変わかりやすいご説明有難うございました。勉強になりました。

投稿日時 - 2015-05-24 04:45:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-