こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

ブラックライトのペン、紫外線?危険?

ブラックライトのペン、紫外線?

子供達が秘密の手紙をペンで光らせて読めるブラックライトですが、あのペンは紫外線ですよね?

小学校低学年の子供達が遊んでるのを見ました。
ライトを目に近づけて目の中を照らしたり、
ペンで顔に絵を書いてペンライトで光らせて遊んだり。


ブラックライトのペン、危険ではないですか?

投稿日時 - 2015-05-23 10:29:08

QNo.8980380

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 ブラックライトは紫外線を放射するライトで、ブラックライトの光自体は人間の目にほとんど見えません。紫外線は波長により次のUV-A、UV-B、UV-Cの3つに分類されます。 太陽光線の場合、地上まで到達する紫外線はUV-Aがほとんどで、 人の体は太陽光線を利用し適合するようにつくられていることなどにより、 過剰に浴びたり、体質的に合わない事を除けば通常あまり障害を受ける事はありません。 しかし、人工的に作られた紫外線の場合は光の種類によりUV-A~UV-Cの全ての波長を発生させるものや、 あるいは一部の波長の紫外線を発生させているため利用にあたっては安全上の注意が必要になります。 そのうち、人体に悪影響を及ぼすといわれている紫外線は320nm以下の短い波長側(UV-B・UV-C)になり、 これらの光(溶接アーク光、殺菌灯など)を裸眼で見たり、 無防備で人体を光にさらす事は危険な行為となります。 ブラックライトの紫外線はほとんどUV-Aであり、エネルギーのピークが波長365nm付近にあるため、 300nm~400nmの範囲全域の紫外線を発生している太陽光線に比べても短波長成分が少ないのでより安全な光源と考えられます。 40Wのブラックライトの紫外線は20~30cm離れたところの測定値が自然界の曇りの環境と一致し、 40Wのブラックライトは50cmも離して使用すれば、曇り空の紫外線以下の環境下にいることになり人体への影響は考えなくていいという測定データもあるそうです。 ただ、長時間ブラックライトの環境下にいる場合、UV-Aは日焼けの作用があるのでこれを好まない人は日焼け止めの塗布、 手袋の着用など直接皮膚に紫外線が当たらないようにする必要があります。
 使用上の注意点としては、ブラックライトの光源を直接覗き込まないようにする事でしょうね。 ブラックライトは可視光線と違い、眩しさを感じにくいため、 うっかり長時間直視してしまいがちです。注意が必要です。

投稿日時 - 2015-05-23 12:02:26

お礼

誠にありがとうございました。
感謝いたします

投稿日時 - 2015-06-12 08:55:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

紫外線が出ていますので、人肌に当てるのは避けてください。特に、眼に光線を入れるのはやめさせたほうがよいです。

投稿日時 - 2015-05-23 14:00:48

ANo.1

消費者庁、または国民消費者センターに相談し、実物とメーカーや購入場所などのわかる情報をつけて、紫外線の波長や光の強度を調べてもらってください。

消費者安全調査委員会への申出 | 消費者庁
http://www.caa.go.jp/csic/action/index.html

通報/相談窓口・紛争解決_国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/category/consult.html

投稿日時 - 2015-05-23 11:49:08

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-