こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

Linuxのnetstatの表記について

疑問に思ったので質問させてください。
netstat -naを実行した結果が下記のようになっています。

---
(一部抜粋)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address Foreign Address State
tcp 0 0    0.0.0.0:3306 0.0.0.0:* LISTEN
tcp 0 0    :::80    :::*   LISTEN
---

Local Address とForeign Addressの表記がIPv4とIPv6と違うのですが
原因や機能としての差異など違いはあるのでしょうか??
*今のところIPv4でapacheは接続できています。
ちなみに環境は下記を利用しています。

環境
OSはCentOS release 6.6 (Final)
webミドルウェアはhttpd-2.2.15-39.el6.centos.x86_64
DBミドルウェアはmysql-5.1.73-3.el6_5.x86_64

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2015-05-22 12:43:24

QNo.8979802

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>apacheはIPv6でしかリッスンしているように見受けられないので
>なぜv4で接続できているのか不審と感じています。

ということは、本当の質問は「IPv4で80番ポートでの待ち受けがnetstat -anで表示されないが、IPv4で80番ポートにアクセスに行くとApacheにつながるのは何故か?」ということでしょうか。

>IPv6表記の方はIPv4のリッスンも含んでいるのかなぁ?と疑問に思いました。

それで合ってると思います。
IPv4とIPv6両方で全ポートで待ち受けているとnetstatはそういう表示になるようです。
httpd.confで、Listen 80 でなく、Listen 0.0.0.0:80 と書くと、IPv4だけ待つので0.0.0.0:80という表示になります。

投稿日時 - 2015-05-25 23:29:00

お礼

質問の意図が分かりづらく申し訳ありません。
詳細なご説明ありがとうございました。
すっきりしました!

投稿日時 - 2015-05-26 12:10:30

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

Addressの表記がIPv4とIPv6と違うのは当然だと思いますが、どういうことを指して不審ですか?

0.0.0.0 と ::: はそれぞれのプロトコルにおいて同じ意味です。

投稿日時 - 2015-05-22 22:33:49

補足

すいません。言葉足らずでした。
apacheはIPv6でしかリッスンしているように見受けられないので
なぜv4で接続できているのか不審と感じています。

IPv6表記の方はIPv4のリッスンも含んでいるのかなぁ?と疑問に思いました。

投稿日時 - 2015-05-25 10:20:46

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-