こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

健康的な食生活について

 最近、添加物などが気になって、食生活を見直しました。
 基本は、空腹になるまで絶対に食べない。「野生動物に肥満はいない」という言葉が、わかりやすかった。確かにその通り。腹が減るまで食べないからです。
 
 また塩素やフッ素が良くないとの事で、水道水をできるだけ使わないようにしたのが一点。
 血糖値を急激に上げるとされる小麦を使った食材や米などを、あまり食べすぎない事。電子レンジは食材の栄養を壊すので、できるだけ使わない事。

 アスパルテーム、アセスルファムKなどの人口甘味料が入っている食品はできるだけ口にしない事。サッカリンは歯磨き粉にも入っているので注意する事。ソルビトールも歯磨き粉の生地に使われています。
 
 添加物系ですと、特に要注意なのはリン酸塩で、これはカルシウムの吸収を妨害するそうです。リン酸塩はパンのイーストや乳製品の乳化剤、ph調整剤などにも含まれますし、また最近では「アミノ酸等」にリン酸塩を含めるという「リン酸塩隠し」が横行しているという事。
 なので、このあたりは注意しています。
 カルシウム不足になると、イライラしたり神経過敏になるそうですしね。またミネラルの吸収も妨げるそうですね。

 あとは魚介類、いくら、魚肉、魚卵などに使われている亜硝酸Naは、胃の中で魚介類のアミンという成分と結合して発がん性物質に変化するそうですね。
 
 そんなこんなで、最近私が食べているものといったら、スーパーに売ってるゆで蕎麦、たまにうどんを少し食べて、あとは納豆、もずく、めかぶなどを添加物に注意して選び。
 あとは、足りないミネラルは無添加の煮干し、アボカド、アーモンド、バナナなどで補っています。特にアボカドはスーパーフードだなと感じます。
 最近では正直、スーパーやコンビニの惣菜類は、添加物が多すぎて手が出ません。
 
 それで質問というのは、こうした食生活の気の遣い方をしている方なら意図はわかると思うのですが、他におすすめの食べ物などはありますか?
 ちなみに、できるだけ電気は使わないようにしています。
 可能なら冷蔵庫も使いたくないくらいです。

投稿日時 - 2015-05-13 01:58:25

QNo.8974104

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 現在、主食とされていらっしゃるものについて。

「スーパーに売っているゆで蕎麦」は、添加物なしではないですよね?
小麦粉も混ざっている筈です。
 乾麺を茹でて食べる方が、安全です。
海藻も、国産の乾燥ものを選んで、浸水でもどして食べると良いですよ。


 水道水を安全に使える様に、浄水器を付けましょう。
お出汁と調味料にはこだわって、安い大量生産のものは止めて下さい。
 考え始めますと、スーパーやコンビニで買えるものがなくなります。
縛りを少し緩めるか、ナチュラル・フードを取り扱う特別なお店でだけ
食材を調達する(常に自炊)か、生協から添加物少なめのものを宅配して
もらうか、考えてみられては?
 地元でとれる旬の食材も、身体が順応するという点において、最適な
様です。
バナナやアボカドの栄養素が優れていても、遠く日本と気候の違う地域で
とれる食物の為、食べない方がいいという専門家もおられます。

投稿日時 - 2015-05-13 11:16:01

補足

地のもの、旬のものを食べたほうがいいというのは、書籍でも読んだことがあります。アユールヴェーダでしたか。この考え方は、かなり参考にしてます。
書き忘れていましたが、酸味料にもリン酸塩が含まれているとか聞きました。
リン酸塩は、カルシウムの吸収を阻害する添加物ですね。

 それと話は飛びますが、意外だったのはココナッツオイルはアルツハイマーや認知症の抑止などに効果があるとされる反面、性ホルモン代謝を乱す事があるという話です。
 子供などに与えすぎると、性別が転換してしまうという事例が第三世界で多発した事があるとか。
 ココナッツオイルに含まれる成分が5aリタクターゼの活動を阻害して、テストステロン(男性ホルモン)がジヒドロテストステロンという強力な性別決定ホルモンに変化することを妨げるためではないかと言われているそうです。

投稿日時 - 2015-05-14 02:11:39

お礼

乾麺のほうが良いというのは気づきませんでした。確かに添加物も少なくて済みますし、冷蔵庫も使わなくてすみますね。

生協さんは添加物について明確に冊子を出していますし、私も信頼できるなと思います。ただ、盲点はやはり計り売りの総菜類には添加物表示の義務がないため、そこだけは気を付けています。

投稿日時 - 2015-05-13 13:04:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

私も添加物だけでなく、人工化学合成物質全般、気を付けています。
人間にはもともと毒物を分解、排泄する機能が備わっています。
よくこの手の話題で言われることですが、この機能を過信した意見か、「そんなこと言い出したらきりがない」という意見です。
人間を含め生物には毒物を分解する酵素があり、どんな大工場よりも優れた仕事をしてくれています。
それも瞬時に。
私は現在トキシコロジーや、生体内元素転換なども含めて、多方面の書籍を読んだり、検索しながら、素人ではありますが勉強しながら、考えたことを実生活で実行しています。
色々ややこしいようにも思えますが、意外とシンプルな答えが出ています。
結局、体に任せることです。
ただ体の機能を低下させる老廃物や蓄積されていく物質はどんどん出す必要があります。
そのため、私は体の汚れを出す目的でオフィス神河のひょうたん水を飲んでます。
これはお勧めです。
メーカーHPで分析データが公開されていますが、添加できる還元剤のようなものです。
併せて、洗剤を石鹸や重曹、米ぬかなどを活用したナチュラルな生活、化粧も、ファブリーズなども使わない生活、運動はしっかり週に1度はする、お風呂はしっかり浸かる、食べ物は砂糖・塩は精製したものは使用しないという感じで生活しています。
やりだしたらきりがない。
だけどやらなきゃ、喜んで病気への道をまっしぐらに進むことになる。
出来ることをやっていくしかありませんね。

あ、あと、旬の野菜は季節に合った体づくりの基本です。
排毒のシーズンである春には排毒作用のある菜の花やゴボウが旬であるように。
自分にできることをしていれば体は答えてくれます。頑張りましょう。

投稿日時 - 2015-05-13 13:58:05

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-