こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

環境問題 塩ビ管

塩ビ管を切断する時に細かい切りカスが大量に出ます。
現場作業などしていると屋外でカスをそのまま放置するわけですし、環境問題としてどうなんでしょう?

投稿日時 - 2015-05-10 14:59:36

QNo.8972564

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

塩ビ管に限らず、切削くずを含む建築廃材は地域の処理方法にしたがって適切な処理が必要です。
塩ビの切りかすを放置することは通常禁止されている筈。

H23年3月30日に環境省から関連通知が出ています。

https://www.env.go.jp/hourei/add/k035.pdf

以下は抜粋(P5. 6/63)

2.1 排出事業者の責務と役割
(1)建設工事における排出事業者には、元請業者が該当する。
(2)排出事業者は、建設廃棄物の発生抑制、再生利用等による減量化に努めなければならない。
(3)排出事業者は、自らの責任において建設廃棄物を廃棄物処理法に従い、適正に処理しなければならない。

投稿日時 - 2015-05-10 16:16:03

お礼

有難う御座います。

投稿日時 - 2015-05-14 00:25:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

フランスのヘンリー・ビクター・ルニョーが塩化ビニールを発見したのが1835年、それからプラスチックの時代が始まり約180年。
塩化ビニールの製造時には、フタル酸エステルなどの環境ホルモンと呼ばれる物質を混ぜて作ります。これらが溶け出して体内に入ると、ホルモンのような働きをして体に影響が出ると言われています。
しかし塩化ビニール管は物質的に非常に安定しており、土中に埋めても50年くらいは大丈夫のようです。切断時の切りカスですが、放置しておけば風などで飛んでも行くでしょうし、雨で流れて行ったりして、他のホコリなどと一緒になり、最終的には土と混ざってしまい自然界に残るのでしょうね。
空気中に舞い上がって体内に入っても、科学的に変化は起こさずに排泄されてしまいます。でもこれは食道に入った場合です。気管に入ると肺に達する場合も有ります。何かの病気の原因になるのかは良く分かりませんが、吸い込まないようにマスクなどをした方が良いかと思います。
環境に良くないのは明白ですが、量的にはごくわずかですので、今のところ問題になっていないだけだと思います。カスは全部集めて高温の消却施設(ダイオキシン対策済みの施設)で燃やすのがベストだと思います。

投稿日時 - 2015-05-10 16:09:18

お礼

有難う御座います。

投稿日時 - 2015-05-14 00:26:07

-広告-

ANo.1

のこぎりではなく、ハサミのようなもので
切れるハサミがありますので、乗り換えましょう。

投稿日時 - 2015-05-10 15:03:33

お礼

塩ビカッターですよね?
要らないけど持ってます。

塩ビと言っても20や25だけじゃないですよ?
ぶっといの挿すときには面取りしないと入らないですし、その面取り作業もカスが大量に出ます。

しかも環境についてどうなのかを質問しているのですが…
自分が切っているのではなく現場を見て疑問に思うことを質問しているのです。

投稿日時 - 2015-05-10 16:14:37

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-