こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

セイコーよりシチズンの方が優れている

電波ソーラーはセイコーよりシチズンの方が優れていると言われるのはなぜですか?コピー時計はすぐに壊れますか。

投稿日時 - 2015-05-07 17:22:05

QNo.8970712

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

ソーラー電波腕時計も価格によって基本性能がかなり違うと思います。

私は、セイコー・ドルチェのアナログ式ソーラー電波腕時計(購入価格約10万円)とシチズンの子会社になるQ&Qのデジタル式ソーラー電波腕時計(購入価格約1万円)を用途に応じて愛用してましたが、安物のQ&Qは標準電波を受信しないと内部クオーツの精度が悪く僅か数日間で数秒の誤差が生じます。
(※標準電波の受信感度も悪かった)

また、内蔵電池が6年程で駄目になり腕時計としての信頼性がないのでゴミとして棄てました。

一方の、セイコードルチェのソーラー電波腕時計は東日本大震災の時に福島局のJJY標準電波(40kHz)が暫く停波して標準電波を受信しない時期があったにも関わらず1秒の誤差もなく動作し続けましたし、今年で購入9年になりますが内蔵電池も寿命になってないですから、内部クオーツの精度が高いことや内蔵電池の信頼性もあるので今でも信頼して愛用してます。
(※他の電波腕時計ではないソーラー式クオーツ腕時計もセイコーは10年以上動作し続けてます)

勿論、シチズンも10万円以上の価格帯になるソーラー電波腕時計になると内部クオーツの精度や受信感度もそれなりに良くなるのでしょうけど、安っぽいシチズンやカシオのソーラー電波腕時計に10万円以上出してまで買いたくないのが本音です。

投稿日時 - 2015-05-07 18:43:49

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-