こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

配電線路の対地静電容量について

非接地方式の配電線路には、対地間に充電電流が流れるようですが、配電線路単位長さの静電容量をCs(uF/km)、電圧をE(V)とすると、単位長さあたりの充電電流の大きさIs(A)は、Is=ωCsE(ω=2πf)になるとのこと。

ここのCsは、実際の配電線路毎に違うと思いますが、どうやって求めるのでしょうか?(実測?計算?)

そもそも対地間をどれくらいの充電電流が、どのような形態(具体的に配電線路のどの部分にどのような形)で流れているのかが知りたいです。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-04-08 08:39:59

QNo.8951581

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

>ここのCsは、実際の配電線路毎に違うと思いますが、どうやって求めるのでしょうか?(実測?計算?)

CSよりも地絡電流が問題ですから
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/law/files/dengikaishaku.pdf#search='%E9%9B%BB%E6%B0%97%E8%A8%AD%E5%82%99%E6%8A%80%E8%A1%93%E5%9F%BA%E6%BA%96'
のP31の計算によって地絡電流を計算によって求めることができます。

また、試験によっても求めることができます。
人工地絡試験 などと言います。

>そもそも対地間をどれくらいの充電電流が
http://www.jeea.or.jp/course/contents/08202/

リンクのようなイメージになります。

投稿日時 - 2015-04-11 17:30:53

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-