こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

希望退職を引き抜く方法はありますか?

派遣会社で営業をしております。
希望退職者を募っている企業さんがありますが、
そういった退職者の方に弊社へ来ていただきたいのですが、
何かしらできる方法はないのでしょうか?
直接、接触を図ることができるのか、
それともそういった双方を結びつけてくれるものがあるとか。

小さなことでも構いません。
何かしら情報が欲しいです。
どなたかご回答お待ちしております。

投稿日時 - 2015-03-19 14:04:30

QNo.8938796

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

希望退職者を募っている企業へ営業に行けばいいのではと思う

投稿日時 - 2015-03-19 14:09:47

お礼

一度アポイントが取れるかやってみたいと思います。
ご回答有難うございます。

投稿日時 - 2015-03-19 15:05:11

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

ちょっと考えてみてください。

希望退職者を募っている企業に直接訪ねて行ったとしたら、自分の人材登録にどれだけ組み込めるか、計算してますか。
そういう企業の前にたってビラを配ったとしてそれを捨てられないで電話してくる人間何人いるか予測できていますか。

無断な行動をするのは、ドン・キホーテであります。費用も使い、収穫もないなんていうことは避けましょう。

考え方です。

普通、リストラを考えて希望退職を募っている場合、それに手をあげる人はどういう人だと思いますか。
末端の方というよりは、中間管理者以上が多いと思われます。
そのまま定年まで居てもたどり着くポストはこの程度、と思って不安を感じているような層です。

会社から条件が出されているはずです。退職金はどれくらい出す、みたいな。

その条件の中に普通は、転職先の紹介を会社がしてくれる、と入れるのが普通です。

もちろん紹介にすぎませんから、必ずその会社に入れる保証なんてありません。
だけど、大手の会社が、取引先にむけてこの人間をとってくれないかという紹介状を出したら、ハローワークで応募するよりも成功率は高いでしょうね。
何者であったか、は事前にわかっていますし。
そこに転職できたら、そこそこ待遇もあると思われます。

リストラ人材はまずこの紹介先をあてにすると思いますよ。
この会社だと課長代理程度で終わるけど、あの小さい会社にいったら部長まではいけるんじゃないか、と考えたりして。

こういう考え方をする人は、派遣人材として自分を登録する視点は持っていないものと思われます。

あと、退職金が日常給料感覚からいえばたくさんの額でますから、これをもとに自分で商売を始めようかとか考える人もそこそこいると思います。
それは自分が大将になれる話なので相当魅力的です。

なにがしかの自信を持っている人であれば、一般の派遣会社ではなく、i-commonのようなところに登録したいと思う可能性があります。
後進国につくるプラントの責任者、なんて喜んでやりたい案件になると思われます。

派遣への登録、を考えるとすれば、実際に現場にいた人間だと思います。
工場閉鎖みたいなかたちでの失職であれば、派遣人材になることは願ってもないと思うでしょう。

でも、そうでない場合、実際に現場は仕事が回っていますから、簡単にはリストラ対象にはしないものです。
分隊長は更迭しても、兵隊はクビにしない、というのが普通の軍隊です。

そう考えると、どの程度の比率の人が派遣人材として主体的に登録したいと思うだろうか、は必ずしも楽観できないものだと思います。

質問者様の件ですが、相手がどれだけ派遣業にたいして目を向けているかが勝負です。
これは勝手に決められませんので、Webサイトを作られることをお勧めします。
セカンドライフエージェント、みたいな形で、参加者に自由に発言をされる掲示板みたいなものを提供するのです。
何歳であるか性別はどちらか、だけを掲示しますという前提で会員登録をするのです。

そして、いくつかネタを振ります。こういう仕事をどう思うか、とか、リストラ体験談求む、みたいな。
そのとき話題になっている企業の名前をうまく折りこんで記事を作れば、検索で引き当ててくる人が出てきます。

その会員リストを分析するのですね。そこに、転職ニーズが見えるはずです。

そして、自分の派遣業への登録をしてみないか、というお誘いページを開示します。
そこはランディングページであって、応募希望のデータをコミットする形にします。
コミットされた相手には直接メールを入れるなり電話をするなりしてください。

こういうことをするのに、ほとんど費用はかかっていません。
すべてはデータです。

敵を知り己を知らば百戦危うからんや、です。

投稿日時 - 2015-03-22 13:35:10

お礼

ご回答ありがとうございます。
勉強になります。
検討してみます。

投稿日時 - 2015-03-22 21:07:17

ANo.4

希望退職を募集する会社によるでしょうが、希望退職者に次の就職先を斡旋する事もありますので、会社の人事部にでも問い合わせてみては如何ですか。
但し、希望退職者の多くは正社員を望むでしょうから、優秀と思われる方が貴社の募集に応じるかは別問題です。

投稿日時 - 2015-03-19 14:16:51

お礼

ご回答有難うございます。
確かにいくら紹介予定でも、弊社の案件に興味をもってくれるかという
ところはそのあとにくる大きな壁だと思われます。
ですが、一度問い合わせをしてみます。

投稿日時 - 2015-03-19 15:08:36

ANo.3

希望退職を募っている会社の人事に直接話されたらいかがですか。
そういう会社も、ちゃんとした会社であれば、再就職の面倒を見ています。
自身で面倒を見ない場合でも、人材紹介会社などを紹介しています。
その中に加えてもらえばいいのです。
必要ならば名簿をもらい、退職者に直接アクセスることも可能だと思います。
それがお宅のような会社の役目じゃないですか?

よく電機会社など、大量にリストラの報道がありますが、その途端にライバル会社の人事が動きます。ねこそぎ退職者をかっさらっていきます。韓国の企業もよくそうやって人集めをしていました。

投稿日時 - 2015-03-19 14:10:23

お礼

ご回答有難うございます。
おっしゃる通りだと思います。できることからやっていきたいと思います。

投稿日時 - 2015-03-19 15:06:50

ANo.1

ネット登録サイト経営がいいでしょう。

投稿日時 - 2015-03-19 14:07:50

補足

ご回答有難うございます。無知なところで申し訳ありません。
ネット登録サイト経営とはどういったものでしょうか?
そういったサイトがあるということですか?
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2015-03-19 15:04:28

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-