こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

お勧めのオーディオ評論家?ってどの方ですか

お世話になっております。
身もふたもない質問でごめんなさいです。

久しぶりにオーディオ雑誌を (十年以上ぶりかな?)
買ってきたのですが当然 知っている評論家さんは
ほとんど(菅野沖彦先生は何処かの雑誌に書かれているようですが)
いない状態です。福田雅光先生だけはお名前を知っていましたが。。。

福田先生以外で現在評論活動をしている
お勧めのオーディオ評論家のかたを教えて
いただけるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2015-03-18 22:45:39

QNo.8938494

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

麻倉怜士

投稿日時 - 2015-03-19 18:49:50

補足

回答有難うございます。

麻倉怜士 氏 ステレオサウンドに掲載されている方ですね

ステレオサウンド は特集が面白いそうなので買ってみたいです。
でも結構場所取るので躊躇します。
(80号あたりから100号ちょっと超えたぐらいまで購読してました)
買うなら付録も欲しいし


いま194号ですか。。

20年以上ブランクがありますね。。ははは

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-03-20 22:57:29

お礼

回答有難うございます

投稿日時 - 2015-03-20 10:17:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

好きな評論家はいません。
と言うよりは知りませんと言ったほうが正解です。
今世の中に出ているオーディオ雑誌は、技術的要素は殆どなくてメーカーの新製品紹介記事が大半です。
しかも其のメーカーはしばらく前には聞いたこともなかったような振興メーカーが多く老舗は殆どありません。
そのような事情の中で、記事に書かれてるのは結局メーカーの受け売りかちょうちん持ちとしか思えないような記事です。
おまけにオカルトとしか思えないようなケーブルやスピーカースパイクなどの記事満載です。
しかもその価格は驚くほど高価で、いったい誰が買うのかというほどのものです。
数千円で代えるドライブの電子回路を載せただけでどうして数十万円のプレーヤーになるのでしょうか。
そんな日常生活とかけ離れた記事がかかれて、それらの商品が賞賛されてもそれは別世界の話であって普通人には関係ないとしか思えないのです。
したがってどの筆者の記事も好感がありません。
読んでも(めったに読みませんが)ただああそうですかと思うだけです。

ということで私は有名評論家の名前も知らないと言うことなのです。

投稿日時 - 2015-03-20 14:12:23

お礼

回答有難うございます

 ケーブルが多いのは、儲かるからですよ。
只原価だけでいうのも気の毒です
ケーブルというのは300mとかある程度
はけないといけないので。

魅魍魎それメーカーのかたも言われています。             ブームのときのような絶対数がいないので
ある程度高くなるのはしようがないですが高いですよね。
PCOCC-Aが造られないのも絶対量がないからです。


ちゃんとしたスピーカーやアンプをなどを作っている
メーカーは小品種のケ-ブルしか作っていません。
JBLなんかは製品の品質からみると安く売っていますね。

評論家はある程度提灯持ちしないと干されます。
昔からそうですよ。

じゃ批評が間違っているかというと
いい時も悪い時もあるみたいです、昔 長岡鉄男氏が
FM FANでダイベン?されていますが
幾つかの場合があるそうです
(1)試作品だった
(2)量産の途中で部品回路変更
(3)マイナス評価のものは外される
 結果、相対的に上に行ってしまった

などいくつでも可能性があるそうです。

 今比較的信頼できるの評論家のかたを探しているのですが     
いらっしゃいませんか?

残念です。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-03-20 16:46:54

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-