こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

「自己責任」という異常性

危険地帯に自ら足を運び捕まったという点で危機管理不足が主張されるのは一理あります。
ですが他人の死に対して無関係の第三者が偉そうに「自己責任!」と首を突っ込んで叫んでいる状況はあまりに異常ではないですか?
他人の死を自己責任と断じるということは、私にとってあなたが死のうがどうでもいいと言っているのと同じことなのに、にもかかわらず「あいつの死は自己責任!」と声高に叫ぶ必要がどこにあるんですか?
死んでもどうでもいいのになぜそこまで執着して自己責任を言い続けているんですか?誰に向かって自己責任という言葉を聞いてもらいたいと思っているんですか?
思いっきり関心あるくせに檻の外から今にも殺されようとしている人を眺めて、それを見ながら「自己責任」と必死で叫び続ける人の異常さを異常と思えないこと自体がおかしいということに気がつかないのでしょうか。
邦人が殺されればそれはもはや個人の問題ではなく外交問題です。それほど重大な問題だというのに問題のレベルを当人の自己責任かどうかでしか見れない日本人が冷静人を気取って発言してること自体が問題の本質をわきまえていないから世界に恥をさらしているんですよ。
外国からそのことを指摘されてもそれに反論したり無視したりして自己責任を主張し続ける人間は日本の品位をわざと貶めており、売国奴といっていいかと存じます。
自己責任かどうかはどうでもいい些末な問題なのにいつまでもそれにこだわり続けるしか脳のないあたりが皆さんの民度やレベルの低さを如実に表していますね。

斜に構えて冷静なふりを気取るのがかっこいいとでも馬鹿な日本人は本気で思っているのでしょうか?

投稿日時 - 2015-01-25 18:52:52

QNo.8903764

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(25)

ANo.25

まず、責任とは何でしょう。
責任とは、あるマイナスの結果が生じた場合に、その結果の発生を自らの意思で防止することができたのにそれをしなかった人物に対する非難のことを言います。
そして、具体的な損失が生じた際に、誰がその損失を負担しなければならないのかという問題でもあります。
したがって、責任は、そのマイナスの結果が生じるについてそれを自らの意思で防ぐことができたのに、それをしなかった人物に生じます。
結果に影響を及ぼしえた人が複数いる場合は、その割合に応じて各人が責任を負担します。
責任概念は、一見過去の行為に対する反省のように見えますが、それと同時に、将来における人々の行動選択の慎重さを担保し、より良き将来を導くための意義を有するものです。
責任の所在を考えるについては、常にこの観点を忘れてはなりません。

これを今回の件について言えば、「生命の剥奪・2億ドルの支払い・殺人犯の身柄解放のいずれかの実行」というマイナスの結果が生じました。
責任概念は、このマイナスの結果を誰が負担すべきかを決定するものです。
そしてそれは、既に述べたように、その結果の発生を自らの意思で防止することができたのにそれをしなかった人物が負担することになります。

今回に件についての責任の所在はどこにあるでしょうか。
まず、一次的には、イスラム国の人質事件を実行した武装集団及びそれを指示した者にあります。
当たり前ですが、そもそも彼らが人質をとらなければ、今回の事件は生じていません。
しかし、現状、彼らの責任を追及したところで彼らが自ら責任を取ることはありえません。

では、次点ではどうでしょうか。
検討すべき候補としては、人質自身、及び人質がイスラム国の勢力圏内に行くことに関与・指示した人物がいればその人物、税金からの2億ドルの支払い能力を有する国、等が挙げられます。

人質がイスラム国の勢力圏内に行くことに関与・指示した人物については、そのような人物が仮にいたとしても、その人物は2億ドルの支払能力も殺人犯解放の権限も持ち合わせていないでしょうから、結局人質自身か国について責任の所在を検討することになります。

国についてはどうでしょうか。
今回湯川さん・後藤さんが人質となることについて、これを阻止しえたのでしょうか。
手としては、日本人のイスラム国勢力圏への渡航の禁止等が考えられますが、憲法上海外渡航の自由は人権として保障されていますので、渡航の全面禁止を実現することは不可能でしょう。
勿論、注意勧告等はできますが、それが限度ですし、現に国はそれらの措置は取っています。
しかし、湯川さんは民間軍事会社社長として、また軍事オタクでもあったようですが、自らの意思で、死んでも構わないくらいの気持ちで現地に赴いたようですし、その他の様々な情報と併せ検討してみても、渡航を阻止することは不可能だったでしょう。
後藤さんも、ジャーナリストですし、渡航を禁じれば21条、22条と二重に憲法違反の問題が生じます。

では、イスラム国の言うように、安倍首相が中東支援金をしなければ今回の人質事件は発生しなかったものとして、その点について責任はあるでしょうか。
ここにおいて政治とは、万人にとって利益をもたらす選択というものはありえず、一つ一つの選択について、常に、誰かにとっては利益となり、反面、誰かにとって不利益となるものであることに鑑みると、その政策に反対する者が殺人事件を起こす度にその政策について責任を問うことになれば、政策を理由とした殺人事件さえ起こせば時の政府を転覆させ一国の政治を支配できることとなってしまい、人命を何とも思わない連中が得をする世の中になってしまいます。ですので、政策に反対する者の起こした殺人事件・人質事件の責任を、犯人が非難する政策を選択したことのみを理由として政権に問うていては、もはや政治というものが成立しなくなってしまいます。
また、今回の件についていえば、中東金支援をしなければしないで、日本の防衛を担う米国との関係を悪化させることになり、日本が軍隊を持たない今の世において、それはそれで日本人全員の命を危険に晒す選択でもあるわけです。
以上に検討したように、国としては結局今回の事件の発生を阻止しえなかったわけです。

これに対し、湯川さんと後藤さんは、イスラム国の勢力圏内に行くことが危険であることは十分に知っていました。それを理解した上で、自らの意思、自らの選択で戦地に赴いています。今回の結果の発生を阻止しえた人物は、紛れもなく湯川さん・後藤さん本人です。
したがって、湯川さん・後藤さんの行動によって生じた結果である「生命の剥奪・2億ドルの支払い・殺人犯の身柄解放」を誰が負担すべきかというと、両名自身、ということになります。これが、いわゆる自己責任というものです。

ところで、思うに質問者さんは、自己責任という単語を罵詈雑言、誹謗中傷の類として捉えているように思われます。
確かに、そのような意味合いで用いている人も多いように思います。個人的には、そういった人たちはけしからんと思います。
しかし、自己責任というものは、「身代金を払ってもらえずに死ぬことになっても仕方がない」というように結果の負担の所在を決定付けるものですので、誹謗中傷の意味合いまでは含みません。
私としては、今回の件は自己責任だと思いますが、勿論、人質にされた「被害者」である後藤さんの安否は憂慮しておりますし、湯川さんについては大変残念に思っております。

投稿日時 - 2015-01-26 21:04:14

-広告-

ANo.24

> 檻の外から今にも殺されようとしている人を眺めて、それを見ながら「自己責任」と必死で叫び続ける人
> の異常さを異常と思えないこと自体がおかしいということに気がつかないのでしょうか。

たしかにこの品位の欠如は異常だと思います。
声高に自己責任を叫ぶ人たちのほとんどはいわば単なるやじ馬です。二人に落ち度があったのは確かだが、それを理由に非難することが目的なんだと思いますね。じゃあ非難をしてなにかいいことがあるのかというと、そんなものはないのだけれど、「人の不幸は蜜の味」というように困っている人をさらに窮地に追いやる、あるいは傷口に塩を塗り付けるようなことに喜びを感じるおかしな人間がいるということでしょう。しかしあからさまに「ざまーみろ」とかいうとさすがに言ったほうが悪者になって都合が悪いので、そこで自己責任という言葉をつかうわけです。自己責任と言ってしまえば、責任は二人にある、だから二人を非難してもなんらこっちは悪くはない、という心理状態です。匿名のネットなんてそんな連中の巣窟です。

多少なりとも人命の大切さを理解している人間であれば、いまにも殺されようとしている人に無意味な罵詈雑言を浴びせるようなことはせず黙っているもので、それが最低限の品位というものです。

投稿日時 - 2015-01-26 18:03:29

ANo.23

NO.9だけど、礼コメで質問されてたんで追記。

今回の事件含めて様々なマイページの回答履歴オープンにしてるんで暇なら読んで見てください。

投稿日時 - 2015-01-26 09:46:09

ANo.22

外交問題という事は、国民全体に迷惑がかかっているという事です。政府が動くだけで多額の血税も消費されています。尚更、自己責任という謗りを受けるのは当然です。実態と表面的な事とを混同していると思います。

投稿日時 - 2015-01-26 07:46:45

ANo.21

>個人の範囲を超えてと言ったのは、すでにこの問題が個人が背負える自己責任のレベルをはるかに超えて拡散しているのに、この期に及んで自己責任を問うことに何の意味があるのかと言っているわけです。

>貴方は自己責任という言葉を強く主張されていますが現実問題として今回の問題に自己責任だと言い続けることで何か進展なり解決が見込めるんでしょうか?
意味の無い自己責任論を追求し続けるのは無益な話し合いであると思います。

私は責任を負えと言っては居ません。
ただし、政府としては何もする必要はない、という考えです。
「警告を受けているにもかかわらず行った結果については、自分で尻を拭きなさい。」
というのが基本です。
なので、政府などがわざわざ助ける必要はない。だからそれに対して政府を非難する必要もない。
という考え方です。



>それと以下の話は今回の捕虜に捕まった話とは全く関係のない自己責任についての話なのですが聞いてください。
>我々は犯罪者の責任を問うときに、その責任を100%犯罪者個人の責任とすることは出来ません。司法制度もそれを許していません。なぜなら彼が犯罪を犯した背景には彼の生い立ちや育ってきた環境など、彼の自由意思では制御できない影響が多分に含まれているからです。そのため犯行の理由が100%自由意思のせいにはならないという理念は今の司法制度の根底を構成する要素の一つです。
>次のことを言うために以上を前置きにさせてもらいましたが、つまりそれと同じように、自分が何かをしたとしても、その結果に対して行為者が100%の責任を持つことなど現実にはあり得ない話です。


この辺になると、大元の質問から考え方が変わる物では無いでしょうか?
そもそも、今回の捕虜とされた二名は、犯罪を犯したわけではありませんので、それ自体に罪はないと私は考えています。
なので、法律から見たら、悪い事はしていません。
戦争地域に行く事も日本の法律ではその渡航を禁止はしていません。

二名は、単純に考えて被害者なのです。
被害者ですが、それは、偶発的に起こった内容ではなく、危険度がとても高く、政府も支援する事は出来ません。と言う事を政府として発表している地域へあえて自分の意志で出向いたのです。
政府は助ける事は出来ないから、そこへ行かない様に。居たらすぐに退避する様に。と警告を発しているのにわざわざ出向いた人を助ける責任が政府にはあるのか?と言う事を書いて居るまでです。

これは通常の旅行に行っていて、捕虜にされたのとは大きく違うと考えています。


ですので、私の考えとしては、政府として身代金まで払って対処する問題ではなく、その政府に対して非難するべき話ではない。と言うのが私の考えになります。

まぁ、マスコミはそう思って居ても面白いので取り上げているだけの話となります。
基本的にマスコミだけでなく、TVや週刊誌全体には、「人の不幸は蜜の味」という言葉があります。
本人や家族、政府。誰が困ってもそれらメディアには三つでしかないので取り上げるのです。必ずどっちに転んでも非難を出します。
それに乗せられて騒いでいる一般の方も、マスコミのそういう所を判らずに書かれている方も多いので、そういう話ではないでしょう?と言う所で回答しています。

私個人としては、聞かれれば自己責任なんだから、法外過ぎる身代金を政府が払ってまで助ける必要はないでしょう。と答えますけどね。
悪いことしてないんだからその人を責める必要なんてないんですから。

そもそも、自己責任だからと最初に騒ぐ人はほとんどいないと思いますが?
何で助けないんだ!政府はなにやってるんだ!と言う人がいるから、自己責任でしょう?と言う人がいると思いますけどね。


今回の人質問題は、犯罪者としてのその責任とは違います。
私は、捕虜になった二人を犯罪人とは一つも思っておりません。ですので、犯罪上の責任問題の追及方法とは全く違う内容だと考えています。


>斜に構えて冷静なふりを気取るのがかっこいいとでも馬鹿な日本人は本気で思っているのでしょうか?

冷静に構えるのではなく、対応しない。と言うのが良いだけの話です。
きちんと警告は出しているのですからね。


ここでは議論は禁止されて居ますので、規約違反になっている状態とおもいますので、このQに対する回答としてはこれで最後にさせて頂きたいと思いますね。

投稿日時 - 2015-01-26 01:17:40

ANo.20

>自己責任という言葉を使えば
>この問題が丸く収まるとでも思っているんですか?

 では、責任は誰にあるの?

 現地に行った責任は
この2人には、無いのですか?

 アナタは、無関係の第三者じゃないの?

 同じ様に無関係なのに偉そうに
「自己責任!という事を異常性」と
質問する方が、異常でしょう

投稿日時 - 2015-01-26 01:07:48

ANo.19

>そしてあなたは自己責任に対して「本当の覚悟」という言葉で答えていますが、要するに自己責任の「責任」の上限を個人の範囲を超えた極限にまで広げて使われていますね。

はい、「自己で責任を取る。」それが自己責任だと考えていますからね。
貴方の言う個人の範囲を超えてと言うのはそもそも意味が分かりません。
じゃぁ、捕虜にされないでそのまま殺されて居たら、この様な話にはなったと思いますか?
そういう事は考えないのでしょうね。
どっちが影響は少なかったでしょう?

最低限でも自己責任で責任を取る覚悟(影響が少なくなる)があるのなら、なにをするべきなのかくらいは判るはずです。
それが最低限の責任の取り方で、「自己責任と考えますよ。」何せすでに、日本国政府からは「行くな!そこに居ても退避しろ!」と警告が出ていたのです。
それでも行くなら、それくらいの覚悟をしたうえで行くのが、「自己責任」と考えます。
現にまだ捕虜にされている人は、そういう内容のメッセージを残していますよね。
残念ながらとても理解に苦しむ内容です。


>私は今回の問題はもはや自己責任の語では説明できないレベルだと考えています。意味内容が明らかで無いのに自己責任という語だけがいたずらに乱用されている現状は憂慮すべき現象であると強く主張します。

私は、そういう危険地帯にわざわざ出向く事はしませんけどね。
同じ様な状態になったとしたら、自分では責任を取れない範囲になりますので、迷わず被害を拡大しない方向を選びます。

きびしい事を書くかもしれませんが、
起こった事に対して仕方ないと考える事は私はしますが、その被害を拡大させないと言う事が最低限度の自己責任の取り方と考えます。
なので、今回の問題も、自己責任と言いながら自分で責任を取れない様な状態で、のうのうとあんなビデオにとられるような状態になって居るという状態になるというのは、自己責任とは言えない。と考えます。

それが本来の自己責任と言う物だと思っていますよ。


カッコいい事を言って、どうにもならなくなったら、助けを求めるような行為に移る。そりゃ自己責任とは言いません。最後まで責任を取りなさいよ!といいますよ。
取りきれない責任で有れば、被害だけでも最小限にとどめられる道を選ぶ。と言うのが最低限の責任の取り方だと考えています。それも決断できないような人が軽々しく「自己責任」という言葉を使うべきではないと思っています。

それ位の考えも無しに「自己責任だから~」なんて言っている人を見るのが一番嫌いですね。

投稿日時 - 2015-01-25 23:36:46

お礼

個人の範囲を超えてと言ったのは、すでにこの問題が個人が背負える自己責任のレベルをはるかに超えて拡散しているのに、この期に及んで自己責任を問うことに何の意味があるのかと言っているわけです。

貴方は自己責任という言葉を強く主張されていますが現実問題として今回の問題に自己責任だと言い続けることで何か進展なり解決が見込めるんでしょうか?
意味の無い自己責任論を追求し続けるのは無益な話し合いであると思います。

それと以下の話は今回の捕虜に捕まった話とは全く関係のない自己責任についての話なのですが聞いてください。
我々は犯罪者の責任を問うときに、その責任を100%犯罪者個人の責任とすることは出来ません。司法制度もそれを許していません。なぜなら彼が犯罪を犯した背景には彼の生い立ちや育ってきた環境など、彼の自由意思では制御できない影響が多分に含まれているからです。そのため犯行の理由が100%自由意思のせいにはならないという理念は今の司法制度の根底を構成する要素の一つです。
次のことを言うために以上を前置きにさせてもらいましたが、つまりそれと同じように、自分が何かをしたとしても、その結果に対して行為者が100%の責任を持つことなど現実にはあり得ない話です。

何度か他のお礼でも書いていますが、皆さん自己責任という言葉の意味をあまりにも都合が良いように使われていると感じたので今の話をさせて頂きました。

投稿日時 - 2015-01-25 23:51:15

ANo.18

暇を持て余していることと、自分の現状への不満をぶつける対象が見つかったからでしょう。

フジテレビで72時間までのカウントダウンを画面に出して批判されたみたいですが、マスコミもエンターテイメントとして捉えている節があります。

人の死を悼むことなく安全地帯から批判は人としていかがなものかと思います。品性がなく貧しい心がみえます。

投稿日時 - 2015-01-25 22:52:39

お礼

普段社会問題とかに全く関心を持ってなさそうな人間が今回に限ってだけ偉そうに自己責任とか言っちゃってるんだろうなという雰囲気をぷんぷん感じます

投稿日時 - 2015-01-25 23:36:50

ANo.17

無論というか当然『自己責任』です
都合のいい解釈ですね
何でもかんでも無論というか当然『自己責任』ですか
あなたの家族がテロに攻撃されても無論というか当然『自己責任』です
訳ですか
バカの一つ覚えでないです
それで納得いくでしょうか
海外では日本国民を笑い者に自己責任の言葉だけが..
中身のない自己責任ではないかそれではあなた達の家族や大切な人がテロにあっても

自己責任だから諦めろと言える
自己責任自己責任自己責任自己責任自己責任と言う連呼する人たちの無責任さが
つまりバカッター同じです

投稿日時 - 2015-01-25 21:26:16

お礼

文章の主旨と意味がよくわからないのですがどういうことでしょうか

投稿日時 - 2015-01-25 23:16:14

ANo.16

政治は多数の幸福を求めるものでしょう。ただ今注目を浴びているだけで、彼一人の命を助ける労力や費用を他に当てた場合に、他の大勢の命を救うことが出来るのなら他を優先すべきです。毎日、自殺や交通事故や病気や怪我で、何の注目も浴びずに大勢の日本人が死んでいます。過失無く死んでいく人達も沢山います。何が何でも彼一人の命だけ救えと言うのもおかしな話です。現実的には命の取捨選択はせざるを得ません。過失のある人よりは過失のない人を優先すべきでしょう。一人よりは大勢を優先する政策に汗をかくべきです。注目を浴びている事だけ見て何の斟酌もせずに命は地球よりも重いというのは理想ではあるけどここはエデンの園ではありません。

投稿日時 - 2015-01-25 21:25:24

お礼

不思議なのがあなたはなぜ肝心のイスラム国に対する言及は全くせずに捕まった人だけの自己責任を問うているのでしょうか。
普通の人の普通の感覚ならまずはじめにイスラム国を非難し、その二の次に自己責任かどうかの議論をはじめるのなら納得できるのですが、他の回答者の方々を見てみても、なんで皆さんいきなり自己責任論から話をはじめているんでしょうか?

それと、救助に反対ということは救助を全力で実行しようとしている現安倍政権に対して否定の立場を取る人間の一人という認識でよろしいでしょうか?
その人の政治的立場がどのようなものかが発言内容に大きな影響を与えている気がするのでお聞かせください。

投稿日時 - 2015-01-25 23:21:28

ANo.15

まあ~私はきっと
テレビのニュースや
ワイドショー等が連日
大きく取り上げて、

皆さんをあおっているのが
大きいんじゃないかと思いますけど、

確かに一番悪いのは、
イスラム国の犯人グループな訳だから

イスラム国を批難すべき

それをあたかも
そこに行った人質が
悪いみたいになって
そっちの方ばかり注目
議論されるのもちょっと
おかしいかもしれませんよね~

投稿日時 - 2015-01-25 21:15:57

ANo.14

裏を返せば、「自分には何の責任も無い」と思い込みたいのでしょう。

「自己責任」と言い続ける限り、相手を批判でき、自分を正当化できるのだから。

こういう人間に限り、自分の非により何か問題が起きたときは「自己責任」を認めようとはしない

ものです。

投稿日時 - 2015-01-25 21:07:06

お礼

まさにその通りだと思います。
無秩序な自己責任という語の乱用が蔓延ること自体、日本の知的レベルが低下していることの証左だと思いますので

投稿日時 - 2015-01-25 23:24:21

ANo.13

自己責任という言い方は云い変えると

日本人の歩んできた歴史にきっちりその形が

有ります。

それは、「切腹」です

切腹までに至るのは最も重い自己責任と思いますが

今回の件はかなり重いのではないかと思います。

逆に、軽いのは現在でいえば交通違反のようなものでしょうか。

しかし、交通違反も人命にかかわるような事故であればかなり重い方

と思います。

それくらい自己責任というのは重い言葉であると思います


後藤さんも妻子を捨て、国の制止も破って出かけたのであるから

自己責任の言葉の意味を十分に知っていたはずである。


しかし、今回のことで、小学生の子供たちにも自己責任の

重大さを目の当たりにしたと思います。その意味では

この事件は大きな教訓として子供たちの心に残ったと思います



彼や、湯川氏が、1億2千万の国民や国に大変な

思いをさせたのでからして責任は最も重いと思います

これが本当の自己責任と思います

投稿日時 - 2015-01-25 21:04:48

お礼

これほど馬鹿げた自己責任論などかつてありませんよ。こんな中身のないものを次世代への教訓として残せば混乱深めるだけでしょう。
自己責任という言葉は便利なもので、語の意味する内容に上限がないから使用者の意図次第でどこまでもその範囲を拡大させることができるんですよね。自己責任の定義があいまいなのに、その現状を利用して自己責任という語をやたらに使いたがる人間が増えていること自体、今の日本の一つの傾向ですよ。

投稿日時 - 2015-01-25 22:48:29

ANo.12

>>現役自衛官「災害が起きても12区には行きたくない」
>>落選するなどということはあり得ない。都知事選の結果をみてもそれは明らかだ。もう一度、東京12区の開票そのものから調べ直す必要がある
http://news.livedoor.com/article/detail/9580968/

仲間を守らなければならない隊長クラスですら現代ではこんな人が平均なんですから、普通の人が冷酷な考えをするのは当たり前です。
人の上に立つ人間が私的利益ばかりなのになぜ末端が潔白に生きなければならないのか。
その人を助けることが自分にとって利益になる場合なら助けてやってもいい、日本はそんな人間性だから人道主義がどーのこーの言っても仕方がありません。
階級や地位が低い場合のみ失敗や失態が自己責任になって、階級や地位が高い場合は天気のせいにできるのなんて日本は進歩してないと思います。

投稿日時 - 2015-01-25 20:40:28

ANo.11

あの時私も心底心配してあげたのに、日本に帰って来た3人は
助けてあげた日本政府を激しく批判。

心配してあげた日本国民の一人である私がバカだった。
あの時の心配してあげた精神的疲労感と日本政府が負担した経費を政府に代位して費用返還請求訴訟を起こしたい限りです

っていうか、あの時の3人のうちの一部が国を相手に自衛隊はイラクから撤収すべきだ!ってご丁寧に訴訟まで起こしてんだよね(当然、敗訴)

イラク人質事件
http://www.wdic.org/w/POL/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E4%B8%89%E9%A6%AC%E9%B9%BF%E4%BA%8B%E4%BB%B6/

あれ以来、戦地に行く奴は国民に迷惑かけんじゃねーよ、ってはっきり言いたいね

投稿日時 - 2015-01-25 19:54:42

ANo.10

2つの問題があるでしょう。

まず一つ目は、自己責任と言う言葉を軽く考えすぎていると言う事。
ほとんどが、かっこつけて行っているだけに感じます。

それで発生した責任は自分で処理しますと言う事なんだから、それを他人に決を蒸かせるのはおかしいでしょう。


もう一つ、政府は、「危険だから近寄らない様に!」と警告をしている所へ、自分の意志で行っていると言う事。
外務省の安全情報で、各国各地域の危険度が公開されて居ます。
この危険だから、「退避勧告」を発出している訳です。
そこまでしている所に自分の意志で行っている人と、偶発的に発生した事件に巻き込まれた人を同じレベルで扱う必要があるのでしょうか?

と言う事です。

自己責任と言う人にはそれだけの本当の覚悟は必要です。

自己責任だからと言いながら、困れば助けを呼ぶ。それは自己責任とは言えないでしょう。
困れば助けを呼ぶなら、キチンと警告されているのですから、その警告には従う必要があると思います。

自己責任とは言いながら、考え方が甘すぎる人がいるんでしょうね。そういう所は情けなく感じます。


しかも、今回、捕まって殺されてしまった方と言うのは、自称軍事会社を経営している人です。
当然ですが、戦争している中では、味方にでも、敵にでもなる存在です。
マンガの武器商人の様に、何処からでも的扱いされないとももっていたのかもしれないですけどね。
現実には、敵に高性能武器や戦術を売っており、それ以上に払えるお金が無ければ、その軍事側から見れば敵でしかない存在。
そういうのすら見極められずに出かけて行ったと言う事に成りますので、それを税金で助けると言う事と、観光客などが、偶発的に捕まってそれを助けるのとでは、丸っきり考え方は違う物といえますよ。

投稿日時 - 2015-01-25 19:47:09

お礼

この議論の混乱は、他の回答者へのお礼の中にも書きましたが、皆さん一人一人が使う自己責任という言葉の表す意味がみな違っていることに由来しているんです。
誰一人統一された意味において自己責任の語を使っている人がいないんです。

使う人それぞれにおいて自己責任の示す範囲を勝手に定義しているから、みんな理屈をつけて話そうとしてもどうしても感情論でしか語っていないように見えてしまう。

そしてあなたは自己責任に対して「本当の覚悟」という言葉で答えていますが、要するに自己責任の「責任」の上限を個人の範囲を超えた極限にまで広げて使われていますね。

私は今回の問題はもはや自己責任の語では説明できないレベルだと考えています。意味内容が明らかで無いのに自己責任という語だけがいたずらに乱用されている現状は憂慮すべき現象であると強く主張します。

投稿日時 - 2015-01-25 22:55:20

ANo.9

NO.2に爆同意。

杜撰な経営して多額の負債抱えて首つる人。
会社の金を1億円使い込んで電車に飛び込む人。
ホステスに入れ込んで嫁や家族に見放されてビルの屋上からダイブする人。
博打に狂ってサラ金から1億円借りて追い込みにあって海に沈む人。
日本人を敵視してる隣国に憧れて留学して強姦殺人される女子大生。

皆、自分の考え方さえ改めていたらそんな結果にならなくて済んだ。

何も理解してないガキじゃ無いんだから誰かのせいに出来ない。

今回の人質のケースも覚悟の上の行動で彼自身が責任は全て自分に有りますって言ってるのにこれを自己責任と言わずして何と言うのか教えて欲しい。

ましてや仮にだけど彼一人に何十億円、何百億円って払うべきって言うなら上記の例の自己責任者(一部除外)に1億円ずつ国が融通してあげれば少なくとも死ぬ事は回避出来るだろ?

ただし、そんな理由で自ら命を絶つ者は今の日本にいったい何人居るのか?全ての人に税金で金をあげるべきって言うの?

「可愛そうで同情はするけど、残念ながら自己責任だよね」って殆どの人が思う、また思ってるんじゃないの?

どうしてイスラム国に人質になったアホにだけ他と違う感情になるのか理解出来ない。

ましてや安倍総理始めとする日本政府の責任問う奴の頭の中かち割って見てみたい。

投稿日時 - 2015-01-25 19:45:36

お礼

安倍総理や日本政府は今全力で邦人の救出に動いていますが、そのこと自体をも否定されるつもりですか?

No2の方も我々の税金で~というお金の話をしていますけれど、発展途上国へ無条件に1000億の融資が行われた際も、そのお金は我々の税金から出ているのに、同じようにちゃんと批判はしてたのでしょうか?

>>今回の人質のケースも覚悟の上の行動で彼自身が責任は全て自分に有りますって言ってるのにこれを自己責任と言わずして何と言うのか教えて欲しい。

自己責任という言葉ほど無責任な言葉ってないと思うんですよ。使い手にとってこの言葉は相手に全ての責任があると押しつけることで自分の意見は間違ってないとアピールできるし、相手を侮辱しているわけでもないから使うことに後ろめたさも無い。ただこの言葉を使うことによって問題の全体を相手に押しつけて「はい終わり」を気取れる、何も解決していないのに解決した気にさせる魔法の言葉です。
それで他の回答者のお礼のなかにも書いていますが、繰り返しますが自己責任という言葉を使うだけでは何も問題は解決しないんですよ。

あと一つ思ったのですが、あなたは捕まった人に対しては厳しく批判してますけど、問題の張本人であるイスラム国に対しては何の批判もなされないんですね。

投稿日時 - 2015-01-25 23:09:54

ANo.8

確かに自分自身で「自己責任」という言葉を残して、その結果捕まってしまったのですが、それによって政府、いわゆる国を挙げて救出に奔走しているのですから、自己責任ではなく自己責任では済まないということです。

これはジャーナリストに限ったことではなく、どのような仕事においても危険を顧みずに自己責任ということは通用しません。普通の会社でも上司や会社の指示に従わずに自己責任で動いた結果、莫大な損害をもたらせば自分だけで責任を負うことが出来なく会社に大きな迷惑をかけることになります。工場で自己責任で危険な作業を行った結果、手足を切断するような大怪我を負えば、それは自己責任では片付けられません。

よって、質問者様の仰る通り、自己責任で行ったのだから殺されても仕方がないというのは余りにも残酷なことで人として言ってはいけないことですが、ジャーナリストだから危険を顧みずに自己責任で危険地帯に行くということ自体が間違っているということです。

従いまして、自分で責任を負えない事態になっているような行動は、最早ジャーナリストの使命の範疇を超えたものであり、絶対にやってはいけないことであるのと同時に、現実的に日本人が捕まっている訳ですから、殺されても良いという理由にはならず、出来る限りの努力で救出して欲しいものです。

投稿日時 - 2015-01-25 19:41:51

ANo.7

 少なくても
後藤さん自身は、「自己責任」です。と
言い切っていましたが、自己責任じゃないの?

投稿日時 - 2015-01-25 19:38:19

お礼

自己責任という言葉を使えばこの問題が丸く収まるとでも思っているんですか?

投稿日時 - 2015-01-25 23:29:10

ANo.6

自己責任もなにも、
外務省設置法で法律として海外渡航者の
生命や身体の保護は義務づけられているので、
仕事でやってるだけですよ。

投稿日時 - 2015-01-25 19:37:07

ANo.5

仰るとおりです。「十分に危険性を理解し回避しようとしていたか、無知で出かけて行ったか」ということと、「自己責任だから、死んでも構わない」というのは、別の議論だと思います。この議論をごちゃ混ぜにしたままで情報を垂れ流しているのがマスコミで、それを拡大させている不見識な一般人がいると思います。

家族にとっては安否情報は、一刻も早く、より正確で詳細なものを求めるのは当然の信条ですが、第三者が知る権利として詮索するものではないと思います。アップされた動画を次々と複写し、人の死に対してあれこれ批判し、集中砲火を浴びせる行為には賛成できません。

元の動画はテロリストがアップロードしたものなので止めようがありませんが、拡散するのは一般市民の良識で止めることができる筈です。自分は安全なところにいて、柵の外から石を投げ込むような卑怯な行為だと思います。

投稿日時 - 2015-01-25 19:36:20

ANo.4

>他人の死に対して無関係の第三者が偉そうに
>「自己責任!」と首を突っ込んで叫んでいる
>状況はあまりに異常ではないですか?

 では、「身代金」を支払えとでも?
少なくても私は、税金を納めていますので
海外で活動している政府の方々の
給料の一部を支払っていますので、
「無関係の第三者」では、ありません

>「あいつの死は自己責任!」と
>声高に叫ぶ必要がどこにあるんですか?

 では、問います
誰の責任でしょうか?

>誰に向かって自己責任という
>言葉を聞いてもらいたいと思っているんですか?

 lugal さんに!! 草生える

>邦人が殺されればそれはもはや
>個人の問題ではなく外交問題です。

 イスラム国て国家でしたっけ?
日本と国交があったのでしょうか?

>日本人が冷静人を気取って発言してること自体が
>問題の本質をわきまえていないから世界に恥をさらしているんですよ。

 少なくても 海外のメディアじゃ賞賛されていますが・・・
http://blog.esuteru.com/archives/8031087.html

>斜に構えて冷静なふりを気取るのが
>かっこいいとでも馬鹿な日本人は本気で思っているのでしょうか?

 そう言われるなら こんなくだらない
質問をしていないで募金(身代金)活動したり、
ヨルダンに女性死刑囚の釈放の署名運動でもしたら?

投稿日時 - 2015-01-25 19:36:17

補足

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

お礼

投稿日時 - 2015-01-25 23:15:14

自己責任を瑣末な問題とまでは言えませんね。次々イスラム国に行って人質になられても困りますんで。いざとなれば金で助けてもらえばいい。そんな考えでは困ります。本人も自己責任だと言っていますから、そこまで切れる事では無いと思います。それに自己責任だという論調はISISにとっては不都合な事なので悪い事ばかりじゃないのです。ISIS側があなたのような投稿をしてもおかしくないくらいです。

投稿日時 - 2015-01-25 19:24:00

ANo.2

 いや だって支払いは税金でしょ?
200億円以上 誘拐された家族が払うのなら何もいいませんけど・・
 それが税金なら口出す権利くらいはあるでしょ

投稿日時 - 2015-01-25 19:21:02

補足

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

お礼

投稿日時 - 2015-01-25 23:33:23

ANo.1

 確かに自己責任にするのは浅いよね。安全な国で拉致されて連れて行かれたら払って、自分で行ったら払わないってのも首相が総判断するのは小さい。国として考えて、ひとりの命が他の多くの命を救うのなら、原爆が日本を殺して世界を助けたと同じ考え方になる。
 ただ、これは最初から決めておく事項であるようにも思う。自分で行っても、かわいそうな事情であっても、「払わない」とする。不幸な事故だったんだとするしかないかもしれない。これは、酒を飲んだ車に轢かれて死んだ交通事故テロと同じなんだよな、実は。

投稿日時 - 2015-01-25 19:13:15

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-