こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

国際線機内でのネット利用

すみません、教えてください。

国際線で海外へ行く場合なのですが、最近では無料wifiなどのサービスを開始している航空会社も多いようです。ただし全部の便が対応していない場合や無料でない場合などもあるようですが。

そこでお聞きしたいのですが、どちみち海外に着いてから利用する目的でポケットwifiをレンタルしてもっていくつもりです。
これを機内で使う事は、技術的と常識的に可能なのでしょうか?
離着陸時以外は飛行機内でもネットを使って良い時代になったのでしょうか?

投稿日時 - 2015-01-20 11:49:36

QNo.8897742

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

一般的に、「電波を発する電子機器」は離陸から着陸まで使用禁止です。例外的にWifi通信は使えますが、ポケットWifiのような機械は「大元のネットワークに電波を使って接続する」ものなので禁止されているものになります。
そもそもの問題として、国を跨ぐようなところだと(高度の問題もありますが)そういった機器では基地局の電波を捕まえること自体が難しくなります。飛行機で導入されているWifiサービスは衛星回線を使ってネットへの接続を実現していますので。

投稿日時 - 2015-01-20 12:02:35

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

機内の条件は既に回答されています。

前半の畿内無料WIFIがと書かれていますが無料は無いと
思います。ビジネスクラスも有料です。マイルを使って
利用が可能の会社も存在します。

投稿日時 - 2015-01-20 12:50:42

-広告-

ANo.4

追記。

2014/9/1から、航空機内での電子機器の使用が緩和されましたが、緩和後も「出発地でドアが閉まってから、目的地で着陸滑走が終わるまで」の間は、携帯やスマホで使われている電波を発信する事は厳禁です。

また、Bluetooth、Wi-Fi(無線LAN機器)について、電波耐性により、航空機が「区分1」「区分2」の2つに分けられました。

Bluetooth、wi-Fi電波への耐性が低い区分2の航空機では、Bluetooth、Wi-Fi電波の使用は許されません。

Bluetooth、wi-Fi電波への耐性が高い区分1の航空機であっても「飛行中、飛行機外の通信設備への接続は禁止」ですから、飛行機に予め搭載されているWi-Fiアクセスポイント以外の通信機に接続してはいけません。

また、機内アクセスポイントの使用は「出発時に上昇が終わって水平飛行に入ってから、着陸の為に降下を開始する前まで」に限られます。離着陸時は使用できません。

そういう訳で、機内でのネットは「水平飛行中のみ、飛行機に積んであるアクセスポイントに繋いだ時だけ」行う事が出来ます。

投稿日時 - 2015-01-20 12:49:28

ANo.3

>どちみち海外に着いてから利用する目的でポケットwifiをレンタルしてもっていくつもりです。
>これを機内で使う事は、技術的と常識的に可能なのでしょうか?

駄目です。

「ポケットwifi」は「携帯と同じ電波を用いて機外と通信する物」ですから、扱いは「携帯電話と同じ」です。

つまり「ドアが閉まってから、到着地で着陸滑走を終わるまで」の間は、電源を入れてはいけません。飛行中もNGです。

携帯やポケットwifiなど、外部と直接に通信する機器は、電源を切って、機外と通信を行わない状態にしておかないといけません。

また、wifi接続は「飛行機に搭載されたアクセスポイント」以外に繋いではいけません。wifi機能を有する電子機器を航空機外の通信設備(アクセスポイント)に接続して作動させることは禁止されています。

違反した場合(飛行機外と直接に通信を行った場合)は、50万円以下の罰金に処せられます。

>離着陸時以外は飛行機内でもネットを使って良い時代になったのでしょうか?

駄目です。自前の通信機器によるネットは、離着陸時はもちろん、飛行中もNGです。

「飛行機そのものにWi-Fiのアクセスポイントが搭載されていて、外部との通信は、飛行機搭載の通信機を用いている」と言う場合のみ「飛行中に搭載されたWi-Fiアクセスポイントに接続してのネットが可能」です。

当然「ポケットWifi」や「スマホでのテザリング」などの「自前の通信機器の使用」は厳禁です。

投稿日時 - 2015-01-20 12:27:44

ANo.2

ポケットwifi とは携帯電話の回線に接続して、それをwifi 出力→パソコン、タブレット等で受信する機器のことです。
国際線で飛行中に携帯電話の電波など捉えることはで来ません。
つまりポケットwifi など何の役にも立ちません。
     
機内wifiサービースとは、飛行機から人工衛星を経由してインターネットに接続し、それを機内のwifi電波として提供するものです。
早い話が街中や駅などのホットスポットと同じです。
つまりwifiを持ったパソコン、タブレットなどだけで、機内wifiに接続できます。
それ以外の接続方法はありませんので、機内サービスがなかったら(航空会社等で)アウトです。

投稿日時 - 2015-01-20 12:03:14

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-