こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

電気製品の製品事故・リコールと、社員の責任

よろしくお願いします。
私は技術者として電気製品の開発をしています。
小さい会社(バイトを入れて9人程)で、とにかく少人数ですが、新興企業として会社を成長させるべく必死です。
ですが経営状態は悪く、とにかく人も資金も足りず、開発は私1人しかいません。部署に先輩や上司もいません。年上の営業や専務が実質的な上司です。
質問したいのは、もし開発した製品に問題があり、製品事故やリコール等の事態になった場合、私はどうなるのか(私が多額の賠償金を支払うような事態になったりしないか)ということです。もちろん、問題が出ないよう設計段階から入念なチェックはしていますし、試験等も必要なものは全てやっています(私しかいないので、全部自分でですが)。私としてはやり尽くしていると思っています。
・・・ですが、もしそれでも発生してしまったら、ということです。

私は今27ですが、最近、一人で開発やら何やらやらせるこの会社が、実は相当無謀でやばい会社なんじゃないかと思い始めています。
企画から設計(回路設計から基板設計からソフトまで・・・何でも)、試作、評価、試験、量産立ち上げ。その他諸々。予算も時間も無く、先輩やベテランもいません。以前いた技術者が残したらしい資料や、本で勉強したこと等を頼りに、なんとかこなしている状態です。
最初に入った会社がリーマンショックの直後でめちゃくちゃ、次が今の会社で、これが普通なのか判断がつきません・・・電気メーカーというのは、だいたいこんな感じなのでしょうか?

以上、アドバイスをお願いします。

投稿日時 - 2014-12-31 13:09:42

QNo.8875807

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

普通なら、設計書があり、製造指示書があり、出荷前の検査仕様書がある
それぞれのドキュメントに対して複数の人間の目と頭で確認する

そう言う書類を決裁するのは組織に所属する人であって、山田太郎とか鈴木一郎という個人ではない

書類に従って製造し世に出た製品に何らかの瑕疵があったとしても
その最終的な責任は法人組織とそれを代表する人間

※だからといって、明らかに問題があるのにそれを隠蔽してとか虚偽の数字でとか、そう言う不正があった場合は、一定の責任は発生する

予算や人手がないから、特定の個人に業務が集中するのは無いことも無い
そう言う場合であっても、そう言う問題を見逃してしまうような体制を作り上げた組織上の欠陥という事になる

投稿日時 - 2014-12-31 13:38:19

お礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-04 14:57:48

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

>もし開発した製品に問題があり、製品事故やリコール等の事態になった場合、私はどうなるのか
 会社の種類とあなたの立場で異なります。
 一般に従業員であれば、責任はありません。
 無論、故意では犯罪になりますので、別問題です。
 参考URLで確認して下さい。

>次が今の会社で、これが普通なのか判断がつきません
 会社は人と同じようにそれぞれです。
 ”普通”とはそれぞれの人が勝手に思っていることにすぎません。

>電気メーカーというのは、だいたいこんな感じなのでしょうか?
 電気に限らず、初めはどの会社でも一人何役もこなして大きくなったのです。
 大手資本の入った会社ならいざ知らず、一人で立ち上げた会社は一人でやらざるを得ないのですから。

 尚、組織として、きちんとした仕事をする方法として、内部統制と言うものがあります。
 これもWikipediaなどで確認して下さい。
 完全に整備しようとすると大変な労力を要しますが、必要に迫られたところから、明文化していくことが大切と思います。
 まずは、この質問の根底にある懸念を経営者にぶつけてみることをお薦めします。

 笑顔で朗らかに楽天的積極的にいきましょう。
 

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%B3%95

投稿日時 - 2015-01-01 11:11:12

お礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-04 14:57:57

54歳 男性

貴方は社員として働いているだけ

貴方個人が販売しているなら貴方に責任が負わされますが

仕事は組織で行っていますよね

欠陥は会社の責任になります

投稿日時 - 2014-12-31 15:34:43

お礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-04 14:58:13

ANo.2

PL法という法律をご存知でしょうか?
これは製造物責任法というもので、もし欠陥商品を製造し販売して人的物的な被害か出たら製造者に責任があるということです。したがってメーカーはこれらの被害を回避するために、PL保険という保険に入っているのが普通です。会社で入ってもらうことです。

投稿日時 - 2014-12-31 14:04:49

お礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-04 14:58:04

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-