こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

全ての製造業に「少年ジャンプのシステム」導入!

最近、国際的な競争力が無くなって来た日本の製造業ですが、思い切って「少年ジャンプシステム」を導入するのはどうだろうか?
すなわち、市場においてある一定のボーダーラインを設定し、それに達しなければ10週間で強制的に製造・販売供に打ち切られるというやり方です。更に、それを3回やった開発担当者は「企業に対して損害を与えた」ということで有無を言わさず懲戒解雇&損害賠償請求ということで。
開発の人間は今まで自分たちは製品が売れないことへの責任は一切取らず、全て営業に尻拭いをさせているという非常に甘えた環境にいるので、そういう甘えを排除して真剣に取り組んでもらうという狙いがあります。だからこそサムスンですらやらないことをやる必要があるのです。

エンジニアは「消費者の忠実なる下僕」であるべきであると思いますがどうでしょうか?

投稿日時 - 2014-12-14 00:20:50

QNo.8857507

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

開発者だけに限らず、公務員も含めて働く者の全員を数年ごとの定期雇用社員にすると良いと思っています。社長も定期雇用です。再雇用の判断は2ランク上の上司が行なうのです。社長以下の取締は数年間の実績を株主総会で判断するのです。衆議院選挙の洗礼と同じです。公務員があぐらをかくことも無くなります。
このようにすると人材の流動化も行なわれ、特権意識も無くなります。みんな緊張感を持って働くことになります。

投稿日時 - 2014-12-14 11:38:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

それでiPhoneやWALKMANが作れたならね。

実際、SANYOの開発部隊は、丸ごと売り払われて、買った企業はゼッコーチョーだけど、本体を買った企業はリストラにおわれました。
ダメなのはだれなんでしょうね?

投稿日時 - 2014-12-14 12:19:29

-広告-

ANo.3

経済の勉強を少しもやったことないんだろうなあ、という印象です。

投稿日時 - 2014-12-14 11:00:19

ANo.2

質問者さまは、ものが売れない原因は、すべて開発にあり、営業には問題ないとおっしゃってるのでしょうか?
ものが売れない原因は、開発にある場合もありますし、営業に原因がある場合もあります。ですから、おっしゃるシステムは、営業側にも設けないと、意味がありません。例えば、営業が適切なマーケティングをやり開発側に提案しないと売れるものができませんよ!!
開発側だけに質問のようなシステムを設けたら、誰も開発をやらないで、みな営業をやるでしょうね、それで企業が成り立つでしょうか?
また、製品の開発は、数年かかるものがあるので、10週間ではロクなものができないと思います。スマホやPC、テレビ、自動車の新しい技術やアイディアが10週間でできますか?
よ~く考えてください。

投稿日時 - 2014-12-14 08:58:13

ANo.1

>>開発の人間は今まで自分たちは製品が売れないことへの責任は一切取らず、全て営業に尻拭いをさせているという非常に甘えた環境にいるので、そういう甘えを排除して真剣に取り組んでもらうという狙いがあります。だからこそサムスンですらやらないことをやる必要があるのです。

技術者・開発者の自伝をいくつか読むと、日本の製造業の競争力低下の原因は違うようですよ。
甘えは、開発の人間ではなく、経営者や経営トップにあったと思います。売れない製品の開発にGo!を出すのは、予算権限のある経営者層です。
そして、それが売れない、失敗した場合は、失敗の原因を分析し、場合によっては経営責任をトップがとるべきなんです。

でも、日本の家電大手など(ソニー、パナなど)は、それをやってないですよね?失敗の責任は開発者たちのリストラ等でとらせて、自らは会社が大赤字になっても膨大な報酬を手に入れ続けています。
そうなれば、開発の人間は、絶望して退社するか、上から言われたテーマで適当な(売れない)製品を渋々開発して保身することになるでしょう。

>>エンジニアは「消費者の忠実なる下僕」であるべきであると思いますがどうでしょうか?

そうは思いませんね。ジョブズが消費者の僕なんて考えて、iPod,iPhoneを発明したとはとうてい思えません。逆に消費者のほうを僕と考えていたのではないでしょうか?

投稿日時 - 2014-12-14 01:04:08

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-