こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

青色LEDがノーベル賞?そもそも元祖LEDを発明し

た米国のホロニアック氏(1962年、ゼネラルエレクトリック研究所勤務当時発明)こそ、物理学賞を頂くべきではないのでしょうか?GEの多くの同僚もこぞって彼の発明はノーベル賞に値すると当時から思っていたそうです。ちなみに氏は現在もご存命です。

例えば、トランジスター。
それまでの真空管に替わるソリッド・ステートとして、これを発明した米国ベル研究所の偉大な3人(バーディーン、ブラッテン、ショックレー)が連名で1956年に物理学賞を受賞。これには勿論、大納得です!現代のコンピュータ社会も半導体=トランジスターの発明なしには実現不可能ですから。

話を戻し、元祖LEDを発明した張本人が受賞していないのに何でそこから派生した青色LEDがノーベル賞なのか?
ベル研の3人が発明に成功した最初のTRは点接触型(ゲルマニウム)であり不安定感は否めなかったものの、やがてシリコンを使い、画期的な接合型が誕生し現在に至ります。これにより量産を可能にし極めて安定した動作で価格も安価。但し、TRでノーベル賞を貰ったのは先の3人のみ。

思うに青色LEDはTRの接合型に匹敵するくらいの技術・・・?
だとしたらノーベル賞はちょっと出来過ぎ??・・・

ノーベル賞の選考委員は「青色LEDの登場は21世紀の世界を明るく照らす画期的な発明」なんて言ってますが、あのストックホルムの街中で青く光り輝くLED自体のインパクトのみに眼が行ってる!?・・・と思うのは私だけでしょうか・・・

宜しくご意見をお願い致します。

投稿日時 - 2014-12-12 02:00:24

QNo.8855461

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

最近のノーベル賞は世の中に大きな影響を与えたことを評価すると言う面も大きいようです。
確かに青色発光ダイオードの発明によって世の中の光に革命が起きています。
テレビ、PC画面は全てがLEDになってしまいましたし、照明も白熱電球や蛍光灯もまもなく消えることになるでしょう。
また、アフリカの奥地でさえ安価に夜間照明ができるようになりました。
その結果、莫大な省エネが可能になり日本中全てがLEDになることで原発がなくても問題ない程度になってしいました。
原発が必要等という主張は、電力会社が儲けが無くなって経営が苦しくなったことによるものです。

10年間で世の中の光を変えてしまったという点で、青色LEDは画期的な大発明と評価されるのはふさわしいことです。

投稿日時 - 2014-12-12 08:46:09

お礼

ご回答ありがとうございます。

仰るとおり確かに青色LEDの発明はCRT(ブラウン管)や白熱球、蛍光灯に替わる画期的なものです。
また、省エネの効果も甚大です。
ただ、大元の発光する半導体(ダイオード)自体を発明したのは彼ら3人ではありません。
あのエサキダイオード(トンネル効果により4極管に相当)も派生型でしょう。勿論、半導体でその効果を実現出来たことは凄いと思います。
TRにしてもDにしても最初の発明は日本人ではないのです。全て(アングロサクソン人)や(ゲルマン人)です。
我々のような日本人は模倣や応用、バリエーションは実に巧みで得意ですが、どうも一番最初の何もないところからの創造は逆立ちしても彼らには到底かなわないとも思えたり・・・
まあ、ノーベル賞という最高の権威あるものに拘らずとも世界各地で様々な分野の研究・開発・商品化が日々おこなわれているわけですから、そのごく一部の人間の栄光の影には日の目を見ない人も数多くいる(いた)ことでしょう・・・

投稿日時 - 2014-12-13 20:12:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(11)

ANo.11

私がホロニアックを3位に持ってきた
のは、最初の発明者に敬意を表したいからです。

ただ、CCDのように発明より実用化の方がはるかに
難しかった例もあるし、私のLEDに関する知識も
あやふやです。
#CCDは発明者に賞が送られましたが
#あれはちょっとかわいそう。

初期のLEDの実用性の乏しさを考えると、あながら
ホロニアックの評価が低いのも
妥当なのかもしれません。

投稿日時 - 2014-12-17 04:22:44

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-12-21 00:02:11

ANo.10

LEDの貢献者は

ホロニアック、西澤、赤崎、天野、中村

ですが、3人に絞るのに結構揉めたみたいですね。

個人的には、

1) GaN の将来性を見抜いた 赤崎
2) GaNの欠陥の少ない結晶化に成功した天野
3) 最初にLEDを発明したホロニアック
4) 高輝度青色を実用化した中村
5) 高輝度LEDの西沢

で中村は次点で落選ではないかと思います(^^;
人数制限なんてなくせばよいのに。

投稿日時 - 2014-12-12 21:47:04

お礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね、LEDの貢献者はホロニアック氏、西沢博士、赤崎氏、天野氏、中村氏 の順ですね。
青色LEDの登場により光の三原色の完成ということが今回の受賞の最大の理由ですが、人数制限や年代の遡及等をいっそ緩和してしまえばいいのにと思います・・・

投稿日時 - 2014-12-14 23:52:45

ANo.9

ノーベル賞はノーベルの遺言
【引用】____________ここから
この遺言においてノーベルは、「私のすべての換金可能な財は、次の方法で処理されなくてはならない。私の遺言執行者が安全な有価証券に投資し継続される基金を設立し、その毎年の利子について、前年に人類のために最大たる貢献をした人々に分配されるものとする」と残している。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[ノーベル賞 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E )]より
『前年に人類のために最大たる貢献をした人々』
 すなわち『これにより量産を可能にし極めて安定した動作で価格も安価。』
 決して科学的な価値だけではないということ。
 

投稿日時 - 2014-12-12 11:22:39

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-12-14 11:10:38

ANo.8

当時の技術水準を鑑みて、誰かが開発したであろうと予見できるものは、やはり対象外なのでしょう。受賞してるとすると、もっと早くに選ばれていたでしょうし。

実は、日本政府がせっせと貢物をして選考委員を買収しているという裏もあります(あるようです、いえ妄想ですが)。
なので、ここ10年くらい、なんでこの人が?という日本人受賞者が多くなっています。

日本(japan)というブランド維持の国家戦略なのか、昔演説で豪語した首相の話を言質に甘い蜜をすすっている役人のせいなのかは、分かりませんがw

投稿日時 - 2014-12-12 10:22:04

お礼

ご回答ありがとうございます。

・・・興味深い話ですね。

投稿日時 - 2014-12-14 11:10:17

ANo.6

 賞ってそんな物ですよ。

 人のを盗んだとか、仲良しだから、とか自然科学でもありますが、平和賞や文学賞は、戦争でさんざん人を殺した人が貰ったり、訳でしか読めない人たちが決めたり、そんな感じです。

投稿日時 - 2014-12-12 07:40:09

お礼

ご回答ありがとうございます。

確かに、一理ありますね。

投稿日時 - 2014-12-13 19:30:28

ANo.5

そもそもGEの創業者エジソンがノーベル賞を受賞していない。
テスラももらっていないので、人類のために最大たる貢献をした人々の片手落ちどころか両手落ち。

肩書の権威付けの為に賞があるのであって、すでに権威のある人にとってはさほどの意味を持たない。
青色LEDのために、遡及してLEDにノーベル賞を与えても権威は失墜するし、
LEDがノーベル未受賞のために、青色LEDがノーベル賞を受賞できないことこそ、人類のために貢献していない。

投稿日時 - 2014-12-12 07:13:59

お礼

ご回答ありがとうございます。

テスラはエジソンとの共同受賞の持ちかけを自身の持論との相違(テスラ→交流、エジソン→直流)により辞退したため結果的に両者ともノーベル賞を逃がしましたね。

その点、青色LEDの3人は同じ場所で共同研究した訳でもないのに賞欲しさ?のためにあえて表向きはタイアップし共同で発見・開発~商品化にまでこぎ着けたとなっています。特に中村氏は実際にメーカーで世界初の商品化に成功し(これについては今でもメーカー側との確執がありますが)、学者の理論・実験等机上のものだけではないという自負があり、どうも見ていてもあとの2人とは決して仲がいいとは言えませんね。(歴代の受賞者が軒並み旧帝大出身であるのに対し、地方国立大出身であるということも彼の並みならぬ原動力になっていると思われますし)
ま、そこはそれぞれ大人なので結果的に3人同時受賞になりましたが・・・

投稿日時 - 2014-12-13 11:00:07

>元祖LEDを発明した張本人が受賞していないのに何でそこから派生した青色LEDがノーベル賞なのか?
私も同感です。

ただ、ノーベル賞(どの賞も似たようなものでしょうが)は人気投票的な側面もあるのではないでしょうか。
言ってみれば、ホロニアックの業績は忘れられてしまったのです。
やっぱ、選考する側だって世間の評判という物に無関係ではいられませんから、話題の研究成果には賞を挙げたいと無意識のうちに考えちゃうんじゃないですかね。

あと、「この人にはあげたい」というような例もあるような気がします。例えばアインシュタインのノーベル賞の理由が相対性理論でないのはなんとも不思議な感じがします。当時の雰囲気は知らないですが、相対性理論が十分理解されていないとしてもアインシュタインがノーベル賞を受賞していないなんてありえない、みたいな事情もあったんじゃないですか?

所詮人間のやることですから、完璧な選考なんてありえないです。
ノーベル賞クラスの研究者でさえ、運不運があるということになるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2014-12-12 04:52:28

お礼

ご回答ありがとうございます。

どうもノーベル賞というのはたとえ偉大な発見・発明であっても一部の専門的な人にだけ理解出来る類のものではだめで、万人のために貢献するものでないと与えられないらしいですね。
アインシュタインの相対性理論は一般人には理解し難く、また人類に大きな利益をもたらすものとは言えず、結局「光電効果の発見」でノーベル物理学賞を受賞しました。

ホロニアックは将来LEDがエジソンの電球を駆逐するに違いないと当時から予言していたそうです。
彼の予言は概ね的中しそうですが、個人的には電気製品・各種機器に使われていたかつてのパイロットランプ、インジケータが豆電球→LEDには納得できても室内の明かりの裸電球、蛍光灯→LEDランプは受け入れNGです。クールで冷たい感じがします。そういえば神戸だったか有名なXマスのイルミネーションがLEDから元の豆電球の電飾に戻ったとか。LEDの明かりは冷たくて温もりがないという市民の声に答えた結果だそうです。
まあ、明かりという視覚的なものは最先端の技術が必ずしも優れているとは言えないのでしょう・・・

投稿日時 - 2014-12-13 00:52:13

ANo.3

私も同じ疑問を感じました。
確かに短波長領域で高効率発光するLEDの開発が難しかったのは確かです。
しかしながら、そもそものLED技術を開発したホロニアック氏を始めとした方々が受賞されていないのは違和感を覚えました。学問・技術の基礎に対する敬意が不足しているように思います。

投稿日時 - 2014-12-12 03:37:46

お礼

ご回答ありがとうございます。

今回の3人の受賞でLEDの先駆者であるホロニアック氏がにわかに脚光を浴びているみたいです。どうして彼が貰わなかったのかと・・・

投稿日時 - 2014-12-12 23:57:08

ANo.2

青色LEDは波長が短いからです。
ですから開発が難しいと言われていました。またその利便性も高いのですが。
また3色揃うことで様々なことが出来ます。

投稿日時 - 2014-12-12 03:15:52

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-12-12 23:51:36

ANo.1

賞に こだわって何になる!?

偉大な人は 没後から偉大になり 歴史に名を残す人の方が圧倒的に多いのです

投稿日時 - 2014-12-12 02:35:24

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-12-12 23:50:52

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-