こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

UPSに繋げる事ができるNASの数

お世話になります。

会社で使用しているLinkstationをTerastationに変更しようと思っています。
現在、私の所属するグループ以外の箇所ではTerastationをすでに使用しており、UPSに接続しています。
ですので、そのUPSにこちらで新しく購入するTerastationを繋ぎ、1台のUPSで2台のTerastationをカバーしようと考えています。
ですが、UPSの容量と、繋げる事ができるTerastationの数がいまいちわかりません。
解説も含めて教えて頂けると助かります。

ちなみに、使用するTerastationとUPSの型番は以下になります。

Terastation:TS5400DWR0404(Buffalo製)×2台
UPS:Smart UPS 750VA(SUA750JB)(APC製)
(余裕があれば現在使用しているLinkstationをバックアップ用として繋ぎたいと思います)

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-11-26 11:21:47

QNo.8837821

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>テラステーション TS5400DWRシリーズ
http://buffalo.jp/product/hdd/pro-network/ts5400dwr/

こちらの「仕様」で、「皮相電力 平均:約64VA、最大:91VA」とありますので、750VAのUPSなら、750÷91=8.24…ですから、(このテラステーションを)最大8台までなら繋げて安定動作させることができる、と言えます。
(すべての機器がフル稼働した時にも安定して電力供給できるように、最大の方を見ます)

--

ただし、バッテリーに蓄積された電力は有限ですから、機器を繋げれば繋げるほど、停電してからの動作可能時間は短くなります。

>APC Smart-UPS 750VA LCD 100V
http://www.apc.com/products/resource/include/techspec_index.cfm?base_sku=SMT750J&ISOCountryCode=JP

先ほどのNAS仕様を見ると、「消費電力 平均:約60W、最大:86W」とあります。
本当に8台繋げたとしたら、通常動作時の電力は60×8=480W。
480W消費時のバッテリー保持時間をUPS仕様のグラフ(ランタイム)から見ると、わずか5分ほどとなっていますので、この間にすべての作業を終えなければなりません。(1分以内に回復するような短時間停電なら耐えられますが。まあ日本の停電はほとんどがすぐ回復するのでOKとも言えます)

でもテラステーション×2とリンクステーションだけだったら、たぶん全部合わせても150Wぐらいでしょうから、同グラフより、最大30分ぐらい動作できることになります。
これだけあれば、停電が発生した後、ちょっと様子を見てから、うーん、回復しないな、仕方ない、シャットダウンするか…みたいに十分な時間が取れるかと思います。

--

まあ、停電時にNASにアクセスするためには、経由しているハブやルータ等もUPS等で電源保全されていることが必要になりますが…。
一緒のUPSに繋ぐなら、その分の消費電力も考えなければいけませんね。
まあ大した容量じゃないでしょうから、そんなに使用可能時間が落ちることにはならないでしょう。
(電力を食いそうな大型のスイッチ・Firewallルータ等があるなら別ですが^^;)

投稿日時 - 2014-11-26 12:39:26

お礼

詳しい解説と回答ありがとうございます。

普通の電力計算と同じように考えればいいのですね、難しく考えすぎていました。

UPSへつなぐ目的としては、停電の電力瞬停によるHDD破損を防ぐためなので、アクセスなどは考えていません。停電になったらPCも落ちますからね・・><
合計150Wほどで30分ほどの動作が可能でしたら人がいない場合以外は問題なさそうですね。


最近HDDなどの管理をするようになり、勉強中だったため、大変ためになりました。
また何かありましたらよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-11-26 13:19:22

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-