こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

イオンの農地バンクは、イノベーションをうむか?

イオンの行っている農地バンクというものは、イノベーションを生むでしょうか?


使ってない農地や使い手のいなくなった農地、荒れ果てて手付かずの農地を買い取り、やる気のある農業者にレンタルしたり貸し出したりするという形のようですが、法人などもイオンを通じて例えば野菜工場として使ってもらったり、農業に興味のある若手を起用してややこしい地主などのことを考えずにできるシステムを構築したことは、今後の日本の農地をめぐる懸念も新たな道を発掘したのではないでしょうか?


民主党岡田幹事長などと通じているイオンですから、こういうところでないとやっていかれないものでもありますから、イオンと岡田党首が繋がっていたということも追い風だったのではないでしょうか?


農地作付け面積が広い北海道では、なかなか担い手がつかず、山間の広島地方や岡山地方でも老人の農地の後のそれを継ぐ若手が育っていないので、イオンからの人材バンクとしても役立つのではないでしょうか?


やはり、イオンの幹部にも農業に知恵のある者を起用しているので教える体制も整っており、土地も豊富にもっているし、人材も確保していける見込みが立ちやすい状況にあるので、マッチングもうまくいきやすいのではないでしょうか?


作付け面積にしても、イオンでは、大きな土地を持っているイメージもあり、イオンときけば、安心して若手も入ってきてくれるので、めんどうな道具などもイオンを通じて借りたりすれば使い勝手もよいのではないでしょうか?


イオンは、農地をレンタルすることで、マージンもうまれますし、やる気のある若手が来てくれれば、農業改革もうまく進みますし、そこに岡田幹事長も絡んでいるとなれば、日本の農業文化も新しいものになっていくのではないでしょうか?


なにかと地主のことなどを筆頭にめんどうな手続きや土地の問題などがありますから、進めたい農地改革もすすむにすすめられなくて、不利益な状況が続きました。

その無意味な雁字搦めの状況を打破したのがこのイオンの農地バンクではないでしょうか?

トラクターなどの手配もイオンが担い手になれば、井関農機などの分野にも経済がまわることになり、経済波及にも寄与していくのではないでしょうか?

投稿日時 - 2014-10-09 19:33:57

QNo.8784731

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

農地バンクは去年12月に農水省が作った既存の制度で、イオンは、その既存の行政制度の利用者になるだけですよ。

イオンが新しい制度を作ったわけではないですし、「イオンの」制度というわけでもないです。

また、イオン(の子会社)は、農地を借りる側であって、農地の取得はしません。

農地を貸すのは農地中間管理機構(いわゆる農業公社)で、農地所有者から農地を借りて、それをイオンなどにまた貸しするという事業です。

要するに、イオンは、地主になるんじゃなくて、小作人になるということです。

投稿日時 - 2014-10-10 06:44:38

お礼

ありがとうございます。


そういうわけでしたか。

イオンに農業従事者も雇ったり経験豊かな御老体を雇ったりしているのですかね。


無人機のホークアイなんかを活用できるとよいですね。

広い土地などでは

投稿日時 - 2014-10-10 18:38:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

農地法改正は現状では困難なので、法人が地主になることはできないのです。農業法人は地主から土地を借りて耕して儲けて地代を地主に支払うのです。これ以上のことはできません。

投稿日時 - 2014-10-11 09:23:35

お礼

周知の事実ですか

投稿日時 - 2014-10-18 12:53:22

ANo.3

あり得ないですな。
そりゃ、ごく一部に農地を使う業者も出てくるでしょう。

しかしそれが本来の目的である「農地利用を増やし拡大させ、食料自給率を上げる」という結果が得られなければ全く意味が無い。

農業利権がイオンへ移動しただけ ってことでは全く無意味。

投稿日時 - 2014-10-10 17:57:46

お礼

なるほど、浅ましきことですわな

投稿日時 - 2014-10-18 12:52:57

ANo.2

日本農政は、農家ばかりを保護して、農業を保護して
来ませんでした。

だから、国際競争力を失い、安楽死寸前の状態になって
しまいました。

日本は国土が狭いから云々というのは間違いです。
1950年頃までは、日本の農産物の価格は世界と
遜色ありませんでした。
○米の生産コスト(2010年)
日本  1ヘクタール未満  315円/kg
    5     未満  188円
   15     以上  160円
中国            163円
米国            144円


それが農協と農民票欲しさの政治家がぐるになって
農家に補助金をばらまきます。
かくて、日本農業は安楽死へまっしぐらです。
国民は高い農産物を買わされ、納めた税金を農家への
補助金に使われ、とダブルパンチです。

イオンの試みは是非成功して欲しいです。
農協や政府、農民族議員の邪魔が心配です。

投稿日時 - 2014-10-10 06:53:44

お礼

まったくですね。

地主とかくだらぬことを

投稿日時 - 2014-10-17 17:47:22

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-