こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

リニアPCMレコーダー録音時に推奨する接続端子は?

リニアPCMレコーダーについて質問します。リニアPCMレコーダーで録音し、その後音声ファイルをパソコンへ転送してから、音楽用CD-Rに焼いて再生して楽しむ場合ですが、下記の2例の場合に関して、どちらの方が良い音質で録音できるのか御回答下さい。

・例1 DVDソフトやフルーレイソフトに収録されている音楽等の音声のみ録音したい場合、「録音側」であるリニアPCMレコーダー側は「LINE IN端子」(ライン イン端子)につなげますが、再生側は、DVDプレーヤーないしブルーレイプレーヤー本体にある、赤と白のステレオ音声出力用のRCA端子(いわゆるピン端子、ピンプラグ・ピンジャック)に録音ケーブルをつなげた方が良いのでしょうか。それとも、DVDプレーヤーないしブルーレイプレーヤーをつないで普段視聴しているテレビ側のヘッドホンジャック(ステレオミニ)につなげた方が良いのでしょうか。

・例2 カセットテープ・MD・USB等でラジオを録音できる機能が無い、あるいはその機能が壊れているステレオミニコンポを使用してラジオを録音する場合、「録音側」であるリニアPCMレコーダー側は「LINE IN端子」(ライン イン端子)につなげますが、「再生側」は、ステレオミニコンポに付いている赤と白のステレオ音声出力用のRCA端子(いわゆるピン端子、ピンプラグ・ピンジャック)に録音ケーブルをつなげた方が良いのでしょうか。それともステレオミニコンポに付いているヘッドホンジャック(ステレオミニ)につなげた方が良いのでしょうか。

*例1と例2共に、実際の演奏やイベントを録音する場合はリニアPCMレコーダー側は「MICジャック(ステレオミニ)」につなげますが、再生機器からの録音時は「LINE IN端子」(ライン イン端子)につなげるのは分かるのですが、要するに再生側の機器には、赤と白のステレオ音声出力用の「RCA端子(いわゆるピン端子、ピンプラグ・ピンジャック)」と「ヘッドホンジャック(ステレオミニ)」の2種類のステレオ音声出力端子が存在しますが、リニアPCMレコーダーで録音する場合、どちらの端子につなげて録音した方が良い音で録音できるのか教えてください。ちなみにリニアPCMレコーダーの録音音質(音の良さ)は音楽CDと同じレベルの「44.1kHz 16ビット」で録音する場合です。ファイル形式はWAVファイルになります。もちろんこれは、DVDプレーヤー等の再生機器やリニアPCMレコーダーの性能等にも左右されると思いますので一概には言えないかもしれませんが、一般論としてどちらのほうが良い音で録音できるか教えてください。イメージ的に、再生機器側の「ヘッドホンジャック(ステレオミニ)」につなげた場合、録音ケーブルは音圧を抑えるため、つまり録音時の音割れを防ぐために、「抵抗入りケーブル」を使う事になりますが、「抵抗入りケーブル」を使うという事は、「音圧を人為的に抑える、言い換えれば無理に音圧を下げる」という行為であれば、元の音源の良さの全てを録音できない、つまりあまり良い音で録音できない感じがしますが、これは間違いでしょうか。あるいは、再生機器側を「ヘッドホンジャック(ステレオミニ)」につなげて録音する場合は、リニアPCMレコーダー側は、実際の演奏やイベントを録音する時に使う入力端子である「MICジャック(ステレオミニ)」につなげれば良い音で録音できるのでしょうか。

当方オーディオ分野は疎いため、広い心で御回答いただけると助かります。

投稿日時 - 2014-09-23 19:35:56

QNo.8765603

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 「インピーダンスを合わせる」ということが、信号を正しく伝送する上で必要なので、

(例1)リニアPCMレコーダーの「Line IN」には、再生側は、赤と白のステレオ音声出力用のRCA端子(通常「Line OUT」と書かれているはず)

(例2)リニアPCMレコーダーの「Line IN」には、再生側は、ステレオミニコンポに付いている赤と白のステレオ音声出力用のRCA端子(通常「Line OUT」と書かれているはず)

が音質の面ではよいでしょう。

 ヘッドホンジャック(ステレオミニ)は、「おまけ」的な簡易回路(スピーカへの出力の単なる抵抗分圧とか)から取られていたり、しかも「音量調節」などの余計な回路を通っていますので、音質劣化の可能性も高くなります。音量調節によっては「信号過大」で歪んだり、信号レベルが低すぎてノイズが乗ったりします。

 入力の「マイク端子」は、やはり「マイク」のインピーダンスに合わせて設計されているので、「Line OUT」の信号を入力するのには合いません。
 出力側が「Line OUT」なら、リニアPCMレコーダー側は「Line IN」で入力するのが正解です。

投稿日時 - 2014-09-23 20:09:36

お礼

御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-10-01 19:01:03

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

はじめまして♪

まぁ、実用上ではどれも可能な方法ですね。

さて、まずは「例1」
通常は、プレーヤーのラインアウトから、レコーダーのラインインです。
ただし、接続環境やソフトにより、テレビ側を経由しないと音声信号が得られない、という時は、テレビのイヤホン端子も有効です。

音質面では、プレーヤー内のDA変換およびアナログ出力バッファの性能、テレビ内のDA変換および出力バッファ(このケースではイヤホン駆動アンプ)の品位次第です。

基本的に、映像主体の機器は、音声部分まで重装備していないので、それなり、と考えて良いでしょう。

次に、「例2」
これは迷い無く、ラインアウトからラインイン
なお、低音や高音を強めたり弱めたり、という状態で録音したいなら、イヤホン端子から、という事に成ります。

追伸:抵抗入りケーブルは、ラインレベル出力を1/100とか1/1000というマイク入力でしか利用出来ない時に用いる方法です、イヤホン/ヘッドホン出力は、出力レベルを適度に調整しますと、ラインレベルに流用可能です。おそらく、抵抗入りケーブルでライン入力しますと、再生機器側は音が割れる最大音量、録音機器側はノイズが目立つ最大音量という組み合わせに成りかねませんよぉ。(最悪の組み合わせだぁ~~、、汗)

投稿日時 - 2014-09-23 19:58:37

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-