こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

雷ガードタップの機能について

雷ガードタップはネットでも電気店でもかなり多くの種類が売られています。

いろいろと調べていくうちに雷サージのことや雷対策のことも少しずつ分かってきました。
その中でどうもよくわからないことが数点あり、お教えいただきたく思います。

カタログや仕様書には、規格として 
1) IEC61000-4-5  2) JEC210/212  3) ジュール(電圧×電流×通電時間) 3つをよく目にします。
特に1)は多いです。3)はAPCのUPSで使われています。

また、ウィキペディアでは、UL規定がありTYPE1~4があってSPDがどうのこうの・・・
もうわけがわかりません。

メーカー(サンワサプライ)に問合せメールしても一向に返信きません。電話も途中で切られます。

購入する時は、
★1: 1) IEC61000-4-5 をベースにカバーしてくれる電圧をかんがえればいいでしょうか?
★2:ジュール表示の機器とどう比較すればいいでしょうか?
★3:バリスタ電圧は、何V~何Vまでが許容範囲になるでしょうか?
★4:制限電圧は、低い方が性能がよい と書いてありましたが、何V以下ならOKでしょうか?

詳細解説ではなく、実際今買うに当たって、どんな値の商品を買えばいいかの判断をしたいと思っています。

何卒、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-09-16 20:23:39

QNo.8757028

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No.1 です。
サンワサプライのある製品の仕様をみてみました。
■バリスタ電圧:470V
■制限電圧:775V(50A)
■最大サージ電圧:10000V(IEC61000-4-5)/12500V(JEC210/212)
■プラグ仕様:3P(3P→2P変換アダプタ付き)
■定格容量:15A・125V(合計1500Wまで)

最大サージ電圧に関する性能は、この製品を、
IEC61000-4-5 (国際試験規格)で試験したとき、最大サージ電圧10000V まで耐えられる。
JEC210/212(日本、電気学界の試験規格)で試験したとき、最大サージ電圧12500V まで耐えられる。
と、言っています。
大雑把に言って、「10000V 程度の雷サージに耐えられる製品である」と理解したら良いと思います。

IEC61000-4-5も、JEC210/212も、試験規格を定めたものです。試験電圧の波形などが規定されているようですがすべてを紹介した記事は見つかりません。JEC210/212は、電気学会から書籍を購入するか、図書館で閲覧することにより、全容を見ることができると思います。(全容を見ても専門的過ぎて、私には理解できないかもしれません。)

参考:
IEC61000-4-5: http://www.ipros.jp/catalog/detail/246385/
JEC210/212: http://www.kuee.kyoto-u.ac.jp/library/zasshi/jec.html

投稿日時 - 2014-09-23 15:07:18

お礼

お忙しい中、わざわざお調べいただきましてありがとうございます。
大変感謝しています。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-24 00:47:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

まえがき
多くの雷保護タップは保護素子としてバリスタを使用しています。保護性能はバリスタの性能によって決まります。

・IEC は国際規格、JEC は日本の規格(電気学会)、どちらも測定装置の仕様で
す。
二つの製品の性能が同じ規格で表示されているなら、性能を比較することができます。カバーしてくれる電圧が高いほうは性能が良いと言えます。一方がIEC 他方がJEC の場合は比較が難しいです。

・二つの製品のとちらにもジュールの表示がある場合は、数値が高いほうが性能が良いと言えます。
ジュール値が大きい製品は、許容エネルギーの大きいバリスタが使われています。
ジュール値が表示されているタップは少ないので比較は難しいと思います。

・バリスタ電圧と制限電圧はバリスタの仕様です。
バリスタはバリスタ電圧を下回る電圧を加えても電流が流れず、バリスタが取り付けられていないと同等です。
導通を始める電圧(1mAの電流が流れるときの電圧)がバリスタ電圧です。200V用のタップでは、電源電圧が200V(中国では240V)あります。交流ですので、電圧はサインウエーブでうねっています。200Vと言っても、もっとも電圧が高いところでは、282V(中国では、339V)になります。したがって、バリスタ電圧がこの電圧より低ければ導通してしまって、役に立ちません。
電圧は変動しますので、さらに余裕をみなければなりません。
200V用タップに使用されるバリスタはバリスタ電圧が4百数十ボルトのものが選定されます。
制限電圧は、そのバリスタに規定の電流(たとえば50A)が流れるときの電圧です。バリスタ電圧よりは高い値です。
この値は低いほど性能がいいのですが、くりかえしますが、バリスタ電圧以下になることはありません。二つの製品を比べたとき、制限電圧が低い方を選ぶのが良いとしか言えません。

バリスタ電圧が2百数十ボルトの製品(タップ)があるなら、それは100V専用タップです。日本国内でしか使えませんが、200Vタップより保護性能が優れています。

「価格に糸目をつけない。大きさもいくら大きくてもかまわない。」とおっしゃるなら、製品の中でIEC またはJEC 規格で表示した電圧値が最も高く、ジュール値が最も高い製品を選びましょう。バリスタ電圧は電源電圧に対して適切な値が選択されていますので考える必要はありません。

投稿日時 - 2014-09-16 22:51:49

補足

IEC とJECとありますが、1)IEC61000-4-5 2)JEC210/212はどっちがどっちになるか?

これだけアドバイスいただけないでしょうか?

投稿日時 - 2014-09-23 06:22:22

お礼

ご返事が遅くなりました。
貴重なアドバイスありがとうございました。

これでいろいろな疑問が解消されました。

補足入力にありますこと、お手数おかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-09-23 06:22:29

-広告-
-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-