こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

SiCへの変更でACリアクトルの小型化は可能か

こんにちは、
SiCが、Siに比べて、より高速にスイッチング動作が可能です。
すると高調波の発生を抑制できるため、ACリアクトルを小型化ができるでしょうか?

投稿日時 - 2014-07-23 11:25:42

QNo.8689194

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

(a)の電圧波形は、確かに高調波をたくさん含んでいますが、(b)は高調波とゆうよりはスイッチングリプル電流です。
紹介したテクノフロンティアには三菱電機も出展していて、SiC/Siパワーモジュール(インバータ・再生可能エネルギー・家電・自動車・鉄道などの各種用途向け)なども出しているようです。
https://www.exhibitor-info.jp/technofrontier2014/detail.html?id=901
来場して技術者に訊いてみたらどうでしょうか?

投稿日時 - 2014-07-24 22:54:14

補足

お返事有難う御座います。

>(a)の電圧波形は、確かに高調波をたくさん含んでいますが、(b)は高調波とゆうよりはスイッチングリプル電流です。

解りました。

>来場して技術者に訊いてみたらどうでしょうか?

終わってしまいましたね。結局、行けませんでした。

投稿日時 - 2014-07-26 21:06:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

高調波とゆうよりは、スイッチングノイズ(リプル電流)のことみたいですね。
例えば、スイッチング周波数を2倍にすると
1.インダクタンス→1/√2
2.巻き数は→1/(4)√2≒1/1.1892
3.ヒステリシス損→2倍
4.渦電流損→4倍
となりますが、損失増加に対して巻き数が84%にしかならないんで作って見ないとわかりません。
これを10倍にしてACリアクトルのコアを高周波用にするとどうなるのかな?
ちょうどテクノフロンティアが開かれていて、SiCメーカーやリアクトルメーカーが一堂に会しているから、専門家に訊いてみたらどうでしょうか?
http://www.jma.or.jp/TF/ja/index.html

投稿日時 - 2014-07-24 11:12:10

補足

お返事有難う御座います。
>スイッチングノイズ(リプル電流)のことみたいですね。
そうかもしれません。次数とかは、考えていません。
SiCパワーデバイスとパワーエレクトロニクス機器への応用
というPDFを見て、質問をしました。
関係する箇所は、P5とP6です。P6の図10の(a)の電圧波形は、高調波をたくさん含んでおり、(b)は高調波が減ると考えました。

投稿日時 - 2014-07-24 22:30:58

-広告-

ANo.2

高調波っていうのは何の高調波ですか?
スイッチング回路で発生する高調波であれば高速で動作することでより大きくなります。

AC電源ラインに発生する高調波でしたらリアクトルを小型化できる可能性はあるでしょう。
スイッチング周波数を2倍に出来ればインダクタの値を半分にすることが出来ます。
(正確に半分かどうかはほかの回路の影響もあるからなんともいえない。)

投稿日時 - 2014-07-24 10:14:26

お礼

お返事有難う御座います。
SiCパワーデバイスとパワーエレクトロニクス機器への応用
というPDFを見て、質問をしました。検索をして頂ければ、ヒットします。
httpは、長すぎたので貼りませんでした。
このPDFを見ますと、P6にインバータのスイッチング周波数を上げて、モータ損失を減らしたと記載してあります。
P5のエレベータ用インバータへの応用で、ACリアクトルを小型化した理由がわかりませんでした。図10を見ると、高調波が減っているような気がしますが、如何でしょうか?
インバータで発生する高調波が減るので、ACリアクトルが小型化できると考えました。

投稿日時 - 2014-07-24 22:21:53

高調波って何次くらいの高調波を想定していますか?

ACリアクトルについては単にSiC化しただけではそんなに変わらないんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2014-07-23 23:02:20

補足

お返事有難う御座います。
SiCパワーデバイスとパワーエレクトロニクス機器への応用
というPDFを見て、質問をしました。
関係する箇所は、P5とP6です。

投稿日時 - 2014-07-24 22:23:05

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-