こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

過年度に処理した貸倒損失への出資金の充当について

協同組合です。
今般、組合員が法定脱退となり出資金の払戻が発生します。
この組合員は、以前に破産状態となり、当協同組合への商品代金を支払できなくなり、協同組合において貸倒損失処理にて当該代金を償却しました。
そのため、自己監査において、「出資金の払い戻しについて協議が必要ではないか。」という指摘があります。
このような場合、出資金の払い戻し清算において、当該代金を収入とすることは可能でしょうか。

投稿日時 - 2014-06-27 13:44:25

QNo.8655421

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

貸倒損失で処理をしても、債権を放棄したのでない限り、債権は存続している。

その債権が時効に達していなければ、払戻金と相殺することができる。時効に達していても、脱退する組合員が時効を援用しないのであれば、やはり相殺できる。

貸倒損失処理をした際に債権放棄の通知をしていないかどうか、債権が時効に達していないかどうか、まずは確認されたい。

投稿日時 - 2014-06-28 23:00:04

お礼

分かりやすくご教授いただき感謝申し上げます。
債権の時効と照らし合わせながら適正に処理するよう心がけます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-30 13:52:33

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問