こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

消費税上昇による末端価格へのインパクト

消費税が5%から8%へと変更されたことに伴う、末端価格への影響について疑問があります。

アメリカのSales Taxは、サプライチェーンの中にいくつの業者が存在しようと、小売から消費者への販売においてだけ税金がかかると認識しています。一方で、日本の消費税は、サプライチェーンにおけるすべてのステップに適用されると思います。

となると、消費税が5%から8%に上昇した場合、末端価格として、100円(税抜き)、105円(税5%込み)で販売されていたものが、108円(税8%込み)になるのではなく、サプライチェーンにおけるすべてのステップで増税のため販売価格が(税抜き価格に対して)3%上昇するため、末端価格は108円以上になると考えられると思います。

この考え方は、どこか理論が間違っているのでしょうか?

投稿日時 - 2014-06-27 01:25:15

QNo.8654990

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

等比級数的に膨れ上がっていきません。事業者間で売価に対して常に8%、仕入た税額を控除した差額を国に納めるだけです。

消費税なし
生産者→50→卸→80→小売→100→消費者


消費税8%
生産者→54→卸→86.4→小売→108→消費者


小売業者の納税額 8-6.4=1.6
卸業者の納税額 6.4-4=2.4
生者者の納税額 4-0=4

1.6+2.4+4=8

とまあ理論上はこういうことです。

5%から8%に値上げしたとき、たとえば卸の5%在庫を8%で売り上げ、その差額が国庫にはいるだけです。

投稿日時 - 2014-06-27 03:42:35

お礼

明快な回答ありがとうございます。
中間業者は「受け取った消費税額-支払った消費税額」を国庫に収めるんですね。

投稿日時 - 2014-06-28 12:48:28

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-