こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

サッポロ「極ZERO(ゴクゼロ)」販売中止の理由は

サッポロビールは4日、昨年6月発売した第3のビール「極ZERO」の販売を終了、製法を変更し、7月に「発泡酒」として再発売すると発表した。

酒税率の低い「リキュール(発泡性)(1)」の区分で販売していたが、国税庁から1月に製法の照会があったため、同社も独自に検証を開始。結論次第で「発泡性酒類」のうち最も高い税率区分の製品と認定される恐れもあることから、「自主的に発泡酒に切り替えることを決めた」

という記事を見たんですが、
これって、結局酒税率の高さが規定より多かったということなんですか?
発泡酒扱いのはずなのに第3のビールとしていたってこと??

発泡酒として再発売するそうですが、製法が変わることによって味や成分が変わることはないんでしょうか?(プリン体と糖質カットがウリですよね)

投稿日時 - 2014-06-05 10:46:33

QNo.8624467

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

発泡酒かリキュール(発泡性)かは製法によって変わりますが、ざっくり言ってしまうと発泡酒を別の酒で割ったものがリキュール(発泡性)になります。

発泡酒よりリキュールのほうが酒税が安いのですが、今回のケースはリキュールと認定されるほどには他の酒が含まれていなかったのだと思います。
ですので、再発売に関しては製法を変えるというより、表示と納める税率が変わるという事でしょう。

投稿日時 - 2014-06-05 11:11:17

お礼

わかりやすいご説明ありがとうございました!

投稿日時 - 2014-06-09 10:44:18

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

売るだけ損だから。

投稿日時 - 2014-06-05 15:20:24

-広告-

ANo.5

 この手のお酒は常に戦いです。新しい物を出し、売れると、それに対して税金を取れるように改正したりしてきたのです。なんとか税金をとってやる側と、お客様のために安いお酒を提供してやるというメーカーとの戦いです。

 メーカーもそうですか。仕方が無いですね。という態度を見せつつも次の製品を考えている事でしょう。

投稿日時 - 2014-06-05 14:09:14

お礼

税金をとってやる側と、お客様のために安いお酒を提供してやるというメーカーとの戦いです。

なるほど…!
安くておいしいお酒がのめるのは消費者にとってうれしいことなのでがんばってもらえたらなぁと思いますw
ありがとうございました

投稿日時 - 2014-06-09 10:41:41

ANo.4

酒は「酒」か「第三のビール」かで取れる税金が違ってくる
その辺は国税庁は厳しいですからね

投稿日時 - 2014-06-05 13:22:24

お礼

麦芽の量?で酒税が変わってくるんでしたっけ。
一度発売されているものに対してもチェックが入るほど厳しいものだとは思いませんでした。
ありがとうございました

投稿日時 - 2014-06-09 10:42:30

ANo.3

製造方法、材料 何も変わりません。
値段とラベルが変わるだけです。

中身(製造も)変えられれば、もちろん変えて第三で売りたいのですが、設備やレシピをスグ変えられません、それに数ヶ月先までの原材料も手配済みです。

今から夏の消費期に変えることは無理です。

そこで仕方ないので 同じ物を発泡酒としてしばらく売ります。

ただ、販売戦略がまったく違う(価格が違う)ので、この夏を乗り切ったら、タブン秋には変更(第三に適合するように)するでしょうね。(年末商戦向け)

しかし、これサッポロ社内では大問題でしょうね。(責任問題)
株主からも相当叱責をうけるでしょう。

投稿日時 - 2014-06-05 11:26:25

お礼

確かに社内では大変なことになりそう…
それを考えるとなんだか胸が痛みますが…

ご回答ありがとうございました

投稿日時 - 2014-06-09 10:43:22

ANo.2

>発泡酒扱いのはずなのに第3のビールとしていたってこと…

国税庁がその疑いを持ち、メーカーに製法に関する詳しい資料の提出を求めた。
メーカーも改めて検証してみたら、国税庁の疑いを晴らすに十分な資料を用意できそうにない。
ここは素直に謝って、すでに売った分は税率の差額分を自腹で追納、今後売る分は発泡酒としての値段にする。

ってことじゃないですか。
国税庁も現段階では疑いだけで、脱税と決めつけたわけではないので、メーカーとしては「自主的に発泡酒に切り替えることを決めた」とすれば世間体も良くなると判断したのでしょう。

投稿日時 - 2014-06-05 11:12:30

お礼

なるほど。
飽くまで、偽造ではなく認識の違い?といったことだったのでしょうか
ありがとうございました

投稿日時 - 2014-06-09 10:43:57

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-