こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

ビットコインもさることながら、セカンドライフは?

ビットコイン、という仮想通貨を扱う取引所が経営破たんしたため、
多くのビットコインが失われ、大勢の利用者が困っている、
というニュースをやっていました。

このビットコインのニュースも気になるのですが、少し前に一世を風靡した「セカンドライフ」は今どうなっているのでしょうか?
「第二の人生」とか、「今後、各企業はセカンドライフの世界内に店舗を出店し、そこで新製品発表や販売を行う」とか、”リンデンドル”なる通貨が使え、その通貨によるセカンドライフ内での売買取引などもできる。リンデンドルは何時でも現実のドルと両替可能、などなどのニュースがありました。
そして中には
「会社を辞めて、セカンドライフ内で生きることにした。セカンドライフが売り出した、セカンドライフ内の不動産をまとめ買いし、それを切り売りしたり、不動産賃料を取る事で生計を立てる」
等と言い出して本当に会社を止めちゃった妻子持ちの男性がTV取材を受けていました。
(現実世界の土地、というのは有限ですし、交通の便とか日当たりとか形状の要素があるから土地の値段の差、人気の差が出るわけですが、仮想空間ならそんなものは幾らでも設定変更可能なのでは? と心配になりましたが)

ビットコインもさることながら、セカンドライフ、およびその中の仮想通貨のリンデンドルは今どうなっているのでしょうか?

投稿日時 - 2014-03-01 10:03:58

QNo.8494989

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

セカンドライフまだありますよ

もっぱらプレイしている人はゼロに等しいでしょうけど

リンデンドルもビットコインも基本的に仮想

仮想が現実を勝ることは出来ません

投稿日時 - 2014-03-01 10:15:01

補足

第一回答なのでベストアンサーにします。

投稿日時 - 2014-03-02 20:57:31

お礼

ご回答ありがとうございます。
プレイ人数ゼロ、ですか。仮想空間は長続きしませんね。

投稿日時 - 2014-03-01 11:13:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

Second Lifeは今でも存在しているが、あまりパットしない。しかし、そのうち爆発する時がくるものと思っています。

投稿日時 - 2014-03-01 15:28:59

お礼

ご回答ありがとうございます。

いつの時代も栄枯盛衰ですなー

投稿日時 - 2014-03-02 11:36:33

-広告-

ANo.2

我も我もと参入していたリアル企業はほぼ全てが撤退済み

個人での利用者もいるにはいるが、往時の何パーセント程度

結果何処に行ってもすれ違う人は滅多におらず、ゴーストタウンのような異様な雰囲気だそうな

ごく一部の特定のエリアには人はいるようなのだが・・・・

投稿日時 - 2014-03-01 13:48:46

お礼

ご回答ありがとうございます。

祇園精舎の鐘の音が聞こえてくるような気がします。

投稿日時 - 2014-03-02 11:37:39

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-