こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

伝統工芸品の塗料について

こんにちは。質問は伝統工芸品の塗料の材料についてです。よろしくお願いします。

私は、お面を趣味で制作しています。
そこでお面の事を調べている中で、東南アジアやアフリカの伝統工芸品などで、
木彫りの動物の置物やお面等がありますが、その多くがカラフルであることに気づきました。
そう言った塗装には、有機塗料が真っ先に浮かびますが、伝統工芸で使っているとは思えません。
実際に、自分がお土産で得たお面(東南アジアの物だと思われる)は、表面に薄く白く粉っぽい
塗装がしてあり、汚れを落とすのに水洗いをしたら、塗装が全て落ちてしまいました。

ですので、伝統工芸品では有機塗料ではないものが使われていると思ったのですが、
具体的にその材料が何なのか分かりませんでした。自分の推測では、
泥を使っているのではないかと思われるのですが、調べてみても確証が得られませんでした。

そこで、伝統工芸品に使われる塗料の材料を知りたいと思い質問しました。
塗料や伝統工芸品に詳しい方に是非お聞きしたいです。
具体的には以下のことを知りたいです。よろしくお願いします。

・カラフルな塗料の材料について
・材料の詳しい名前など
・制作過程(塗装の様子)などが分かるサイトなどありましたら教えていただけると嬉しいです。

投稿日時 - 2014-01-03 04:42:29

QNo.8411289

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

現代文明以前の物でしたら白はたぶん粘土や石か貝殻を粉にした物を糊や膠で(あるいはバインダー無しで水で溶いて)つけているのだと思います。赤い紅殻色や茶色は土だろうと思いますが。

土地によって入手できる物が違うと思いますが例えばここでは植物と鉱物由来と書いていますね。
http://www.asian-recipe.com/sri-lanka/lk-information/dancing-masks-of-sri-lanka.html
白:マクル粘土 、
緑:キキリンジャ、ラナバラ、マ蔦、の葉 、
青:熟したボビチャの実
黄:ヒリヤル石黄(硫化砒素鉱石)または黄色辛子(ターメリックなどが使われることがあるみたいです)
黒:綿の焦がした物
赤:辰砂(バーミリオン)またはグッルガルと呼ばれる赤粘土
〈それをバリッチと呼ばれるハルとドラノの木から取れる樹脂と蜜蝋から作る塗料で塗り固める。〉
とあります。

調べたい土地の名前と「pigments traditional」などで検索すると出てくると思います。
ちなみに上記は「malaysia pigments traditional」で今検索して出てきた物です。


今のみやげ物でしたらカラフルな物は現代の顔料を買って使っている可能性もあるでしょう。みやげ物として流通させているのですからそれを買うお金は持っているはずです。

アフリカの場合インドやペルシャあたりから材料を買っている場合も多いようです。

投稿日時 - 2014-01-03 10:54:35

お礼

回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

詳しい調べ方などを記載いただきありがとうございます。
今後、塗料について調べるときに活用しようと思います。

無事、私が調べたい内容について分かりました。

投稿日時 - 2014-02-09 01:16:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

黄土や鉱石などを砕いたりして顔料を作っているのではないでしょうか

投稿日時 - 2014-01-03 05:37:07

お礼

回答ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ないです。

今回のものは、泥でした。

投稿日時 - 2014-02-09 01:18:38

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-