こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

公共料金について

講義で、現在の原子力政策、低炭素社会を鑑みて、どのような電気料金政策が望ましいかという質問が出たのですが、まったくわかりません

コストとインセンティブをキーワードとして、考えていきたいのですが、どなたか詳しいことがわかる方がいたらいたら教えてください。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-11-25 02:19:07

QNo.8360861

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

電気料金と低炭素社会
日本は世界的に見ても省エネ国家(1)・低炭素国家(2)であるが、これをさらに進めていく必要があります。

例えば現在の蛍光灯や水銀灯をCCFL、LVD、LEDなどの新規照明器具に換えるだけで照度はそのままで電気代・CO2発生量半分以下になり、長寿命のため製造廃棄段階での水銀・炭素の発生も抑制可能です。日本中の蛍光灯を換えていくためには消費者及び企業に動機付けする必要があり、電気代(コスト)を上げ続ける事で動機付け可能です。現在日本はアジア各国と比べ三倍以上の電気料金となっています(2)。この状態を維持し続ける事でさらなる省エネ国家となる事が可能です。

#低炭素社会と原子力政策は関連がありますが、原子力政策と電気料金は日本においてはあまり関係ありません。
#発送電分離がされていないためです。詳しくは以下リンク回答1中後半。
http://okwave.jp/qa/q8185976.html

原子力政策と低炭素社会
原子力発電はCO2をほぼ発生させない(4),(5)ため、火力発電と置き換えるだけで低炭素化が可能です。
廃止となった福島原発分だけでも281.2万kW分が逆に火力発電に置き換えられています。
CO2発生量は1kwあたり30倍違うため、大きなCO2発生源となっています。

以上質問者様の参考になれば幸いです。

(1)
資源エネルギー庁
http://www.enecho.meti.go.jp/topics/hakusho/enehaku-kaisetu/kaisetu/10.htm
経済産業省 GDP当たりエネルギー効率指数 国際比較
http://www.env.go.jp/council/06earth/y060-53/ref02.pdf
(2)
個人ブログ(参考:ドイツは電力を他国から輸入しているため低くなっている可能性もある)
http://blogs.yahoo.co.jp/r_shi2006/45854444.html
(3)
ジェトロ(日本の地域と調べたい海外の地域のチェックボックスにチェックを入れてオレンジのボタンをクリック。電気料金の欄を参照)
http://www.jetro.go.jp/world/search/cost/
(4)
電気事業連合会(ただし、運用部分では少量発生)
http://www.fepc.or.jp/nuclear/state/riyuu/co2/
(5)
日本原子力産業協会
http://www.jaif.or.jp/ja/joho/press-kit_4-4.pdf

投稿日時 - 2013-12-04 11:26:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-