こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

セキュリティサービス利用者のひかり電話

セコムやアルソック等のセキュリティサービスを利用している人がフレッツ光のひかり電話を利用しようとすると、利用できないものや別途費用が発生するケースがあるのでセキュリティ会社に確認が必要だと聞きました。

これはどういうことなのでしょうか。

詳細におわかりになる方いらしたら、説明して頂けると嬉しいです。

ちなみに、セキュリティーサービス以外にも、
●ガス検知器
●ホームテレホン
●ドアホン
●ビジネスフォン
等々も、メーカーに確認が必要だったり利用できなかったりすると聞きましたが、これらについても理由や仕組みをお知りでしたら教えて頂けると嬉しいです。

アドバイスよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2013-10-01 16:33:05

QNo.8287429

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> セコムやアルソック等のセキュリティサービス
> ●ガス検知器

通信回線の媒体に対応しているかどうかです。
媒体とは、ふつうは、電話回線がメタル線(材質が銅線の電話ケーブル・引込線)か、光ケーブルか、の違いです。(更に言うなら、無線回線、同軸ケーブル回線等々もありますが、ここでは省略)。

セキュリティサービスは、ガス検知器は、メタル線対応の機器がほとんどのため、光ケーブルに接続できないのです。

私は、新機器の開発状況が分りませんので、光ケーフル対応のセキュリティサービス・ガス検知器が開発されたかかどうかは、私は分りません。
また,光回線の光終端装置から配線方法で対応が可能か同かも、私は分りません。

だから、光回線に、現在の機器が有無や、新機器の有無を確認や、建物内の配線変更が必要かどうかを、確認t゛必要なのでしょうなのでしょう。
対応出来なければ、現在の機器配線は知りは逗子です。

なお、メタル回線・光回線ともに、それらのセキュリティサービス・ガス検知器を接続した場合は、インタネツト回線会社(NTT東・西のフレッツ、電力会社系、KDDIなど)では、通信の品質保証(速度低下・エラー発生等)をしません。
だから、インタネツト回線会社では、回線の点検に伺ッた結果、それらのセキュリティサービス・ガス検知器が原因と判断した場合は、その原因となった機器配線を切り離すだけです。
そして、原因の機器の会社が修理です。
それらのセキュリティサービス・ガス検知器の品質保証は、インタネット回線会社ではなくて、それらのセキュリティサービス・ガス検知器の会社がするのです。



> ●ホームテレホン
> ●ドアホン
> ●ビジネスフォン 

メタル回線(材質が銅線の電話ケーブル・引込線)と、光回線では、主装置・親機の建物内の配線方法が違うためです。
NTTマークのある機器なら、有料で主装置・親機の建物内の配線変更が可能です。
しかし、建物の壁等に、更に、穴を開けることもあります。

NTTマークの無い機器ならば、契約している電話工事業者等に、主装置・親機の建物内の配線変更が事前の確認が必要なのです。やはり、建物の壁等に、更に、穴を開けることもあります。

投稿日時 - 2013-10-01 17:31:27

お礼

とても詳しい回答を素早くくださってありがとうございます。
大変勉強になりました。

なるほど、例えばガス検知器であれば、光ケーブルに対応してなくて銅線のみのがほとんどだから、できないのですね。

なるほど全く知らなかったことがかなりつかめてきました。
ありがとうございます。助かりました。

投稿日時 - 2013-10-02 14:39:24

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-