こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

日本の資源・エネルギー関連企業の役割

ちょっと真面目な相談をさせてください。

海外だと、資源・エネルギーだと資源メジャー(エクソンモービル・ロイヤルダッチシェル・シェブロン・BPなど)があり、彼らが調査・投資・開発・採掘まで一手に引き受けているという印象があります。

日本の場合、海外の資源メジャーに相当するのは、総合商社(三井・三菱)や、資源会社(INPEX・JAPEX・JXホールディングス)などだと思うのですが、こうった日本の会社はどのように役割分担がなされているのでしょうか?

サプライチェーン別に、例えば、総合商社が投資をして、資源関連企業がこれに加えて、採掘・受注・生産・精製などを行うイメージでしょうか?

日本の資源業界のことが全く詳しくなく、この辺りに詳しい方がいらっしゃいましたら、是非、教えて頂けたら嬉しいです。

投稿日時 - 2013-08-02 15:51:45

QNo.8202775

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

おっしゃる通りエクソンモービル等の企業は上流部門と言われる石油・天然ガスの探査,開発および生産を行うとともに,下流部門と言われる精製,輸送および販売を行っています。
日本企業でこのような活動を行っているのは規模は違いますが出光とJXだけと言ってもいいでしょう。
三井や三菱は上流,下流のどちらでも活動はしていますが,実際には総合商社による上流部門への投資活動を主に行っています。つまり実際に原油の探査や採掘を行うのではなく,開発プロジェクトに投資を行い配当を受け取るわけです。
INPEXやJAPEXは上流部門で活動しており,国内および海外で実際に探査,開発および生産を行っています。生産された原油,天然ガスを下流部門の会社に販売して利益を得るのです。
下流部門の会社としては,JX日鉱日石エネルギー,出光興産,コスモ石油,東燃ゼネラル石油,太陽石油などがあります。

投稿日時 - 2013-08-02 22:09:04

お礼

ありがとうございました!!とても勉強になりました!!

投稿日時 - 2013-08-05 07:35:18

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-