こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

締切り済みの質問

ACDCスイッチング電源は、なぜ小型化されないのか

いまや、一般的となったACDCスイッチング電源ですが、現状100kHz程度のスイッチングどまりで、あんまり小型化されてないような気がします。
というのは、これに比較して、DCDCコンバータは驚くほど小型化が進んでます。
DCDC電源もACDC電源も主要部分はそれほど異なる技術ではないと思いますが。
なぜ、ACDCスイッチング電源の小型化が進まないのかお教えください。

よく、市場のニースがないのでメーカはやらないだけだよなんて解答されそうですけど。そうですか??

投稿日時 - 2013-06-14 16:21:58

QNo.8133806

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

大きい小さいは主観的なものですから、人によって見方が違うでしょうが、
ACアダプタもかなり小型化されていると思いますけどね。

12V1Aのもので 45(L)x33(W)x24(H)mm :約72g
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-01804/

DC5V 1A で高さ 53mm×幅 40mm×厚さ 23.5mm
(ACプラグを格納するスペースを含む)
http://www.nttdocomo.co.jp/product/option/about/ac_adapter03/index.html
FOMA ACアダプタ 02はもう少し小さくて、
5V 0.7A で 47mm×幅 43mm×厚さ 19mm

ACDCの方がDCDCより大きくなるのは次のような理由があるのではないかと思います。
1.絶縁をする必要があるので、トランスが必要になる。DCDCの場合はコイル1個で済みます。
2.安全規格の為、1次と2次の間の絶縁距離を確保する必要がある。
3.不要輻射を抑えて、VCCI規制に適合する必要がある。ノイズフィルターやスイッチング周波数に注意が必要。

投稿日時 - 2013-06-14 20:51:31

-広告-

ANo.2

ACDCスイッチング電源はACを一旦整流しDCに変換してDCDCコンバートを行います。よって整流回路を持つ為にその部分の小型化が難しいのです。出力の電力(電圧・電流)によっても異なりますが。
単なるDCDCコンバータは整流回路が不要なためにその分小型化が可能です。

投稿日時 - 2013-06-14 16:47:07

お礼

御回答ありがとうございます。ノーマルモードフィルタやXYコン、ダイオード、アルミコンデンサはそれなりの大きさですね。ひところよりは小型化されてるようですが、ゼロでは無いですね。
ということは、ACDC電源はDCDC電源の2倍の大きさになる?ならばもちょっと小型できる様な気がしますがしますが気の性でしょうか。

投稿日時 - 2013-06-14 18:28:35

ANo.1

たぶん逆だからだと思いますよ。

今のPCってパーツパーツが規格化されてますよね。筐体(ケース)もですね。HDDのサイズも5インチから3.5インチ、今は2.5インチが主流でしょうかね。でもハード的にはCDやDVD、BDがあるために5インチベイの規格はどうしても必要ですよね。

小型軽量のノートなら独自規格の電源回りもありでしょうが、企画されたデスクトップでは独自に小型化しても高くなるだけで、あまり意味はないと思います。

まあ、将来のような方向に進むのかもしれませんがいまの所は、規格が優先されていると言う事だと思います。

投稿日時 - 2013-06-14 16:43:58

お礼

そうですか。法律で小型化は禁止されているようですね。

投稿日時 - 2013-06-14 18:20:23

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-