こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

フルサイズ機はなぜ大柄?

最近フルサイズの新しい流れ(6D、RX1、α99など)が注目されているようですが、銀塩時代にごく普通に写真を趣味としていた者にとってはフルと言ったってごく当たり前の135サイズ、もとの姿です。やっと化学反応素材から電子信号素材へのバトンタッチが可能となったのか、ぐらいにしか思ってない(ひねくれた物言いですが悪意はありません)のですが、単純な疑問があります。

(1)なぜ、撮像素子サイズが上がるとボディもレンズも大きくなってしまうのでしょうか。銀塩時代は、デカくゴツい1眼レフもありましたがかわいい高性能コンパクトもありました。RTSもT2も、F1も35GTも24×36でした。そしてみんな素晴らしい「フルサイズ」でした。G15やLX7の大きさでなぜフルサイズを作らないのでしょうか?(逆にAPS=かつてのハーフ版がなんであんなに大柄なのか?) 技術的な問題があるのでしょうか?

(2)なぜ、どれもこれもいろんな機能を載せるのでしょうか? ISOと絞りとシャッター速度があれば十分(WBはデジには必需か)と思うのですが、そういうシンプル廉価版(でも高画質)がなぜないのでしょうか? 

某量販店でメーカーから派遣されている店員さんに尋ねましたが、「需要がないでしょ、きっと」と言ったきり、あとは多様な機能を得意気に謳い上げるばかりで話が噛み合いませんでした。若い彼には私の質問の意味が理解できなかったのかもしれません。

当方、光学技術の専門知識はありません。どなたか、わかりやすく教えていただけると大変ありがたく存じます。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-11-10 23:15:17

QNo.7791497

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

(1)について
SONYのRX1って、厚みはありますけど、幅と高さはLX7と大差ありません。
つまり技術的にはコンパクトと呼んでいい大きさのものを造ることも可能だということです。
ですが、レンズが収納される仕様ではないので収まりが悪い、単焦点の固定式、重さはレンズ交換式のマイクロフォーサーズのミラーレスに、キットの標準レンズを装着したものとと同等(むしろ重い)…
それであの価格では一般大衆には受け入れられないです。
SONYは他社が手を付けないことを先頭を切って実行する傾向のある会社ですから、SONYの技術をもってすればここまでやれるということを誇示すべく、RX1を商品化したのでしょう。
ですが別の言い方をすればSONYの技術力をもってしても、現在はRX1のような、使い勝手はどうなんだろうと思えるものでやっと、しかも高価、ということでもあるわけです。
デジタルはフィルムより、レンズを通して入ってくる情報に対して敏感です。
その上フルサイズだと解像力もハンパないですから、一眼レフでもフィルム時代のレンズとかではアラばっかり目立ってしまいます。
ボディは現在より小さくする余地があるかもしれませんが、レンズはそれなりにグレードの高いものを組み合わせないと仕方ないわけで、そういうレンズを軽く、小さく、安価に提供できるようにならないと、庶民的なフルサイズ機は登場しないと思います。

(2)について
色々な機能を付加しているのは、そのほうが商品としてのセールスポイントが増えるからです。
写真に明るい人はISOと絞りとシャッター速度があれば十分かもしれませんが、そういう人は多分少数派で、メーカーを支えているのは「ISOとか、絞りとか、シャッター速度とか考えないですむことに対して価値を見出す人々」なのだと思います。
私が思うに、ランニングコストのかからない“写ルンです”がある意味基本で、そこに動画撮影機能とかズームレンズとかを付加することによって、「ISOとか、絞りとか、シャッター速度とか考えないですむことに対して価値を見出す人々」の購買意欲がそそられる、イコール収益につながるということなのでしょう。
だから現場でお客さんに対峙する人が、薦めやすかろう、売りやすかろう、セールスポイントの多い商品を開発しているわけです。

投稿日時 - 2012-11-11 14:14:43

お礼

ご返答ありがとうございます。
デジタルは光に敏感、そうなんですか。なるほどです。
だから小径レンズは最初からアウトなんですね。
コンタックスTとか最近ならクラッセみたいなレンズサイズでフルサイズフォーマットは無茶なんですね。

投稿日時 - 2012-11-11 18:28:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(17)

ANo.17

1.単にまだできないから。
大型の撮像素子が高い。作れる所が少ない。
電池が大きくて重い。
電子部分もかさばる。
モニターがないんではデジカメの機能としては半減ですし。
撮像素子はフィルムのようにフィルムは同じで大きさをでかく切ればできるわけではないので…大きいのは高いんですよ。

2.商品として歴史が浅く、成熟していないから。
コンパクトフルサイズを作ってもその今の値段での需要がのぞめない。
新製品が出るペースが早くて、しかも新しい方が性能的に写りが良いのでフィルム機のようにバリエーションが出る余裕が無い。色々盛り込んで一機種で多くの客層にアピールしないといけない。限られた人数の開発チームに余力が無い。

でもAPSCフォーマットのコンパクトがやっと出てくるようになりました。
コンパクトフルサイズもしばしの辛抱だと思っています。


デジイチでも高級機ほどマニュアル操作がしやすくなっていますし、廉価機はそういうお客さんは買わないからという計算からだろうと思います。
フィルム機の開発当初と違って、電子制御部分が先行した形でできていたわけだからデジカメには初心者向けの機種であろうと「最初はただの箱だった」という時代が無い。
TC1のようなこなれた商品が出せる時期ではないようです。ああいうのは既存の手慣れた技術を使ってなにかできないかという状態でないと。

投稿日時 - 2012-11-12 12:23:54

お礼

ありがとうございます。
(1)技術的に今現在は無理、でも将来には可能性あり。
(2)まだまだ若い商品、青い市場。
すっきりと納得です。

単なる疑問の投げかけのはずが(質問の仕方が不適切ではありましたが)、
質問自体を拒否・批判されてしまう奇妙さに驚きつつも
(これじゃ某量販店での店員とのやりとりと同じ展開だと感じつつも)、
誠意あるご返答の数々には感謝いたします。

YouTubeでRX1を紹介する海外の動画を見ました。
想像以上にコンパクト、大いに興味そそります。
が、あの価格では御大臣の道楽です。

もう何年か経って、RX5くらいになって、
EVFまたはOVF込みで¥150,000以下になった時、
ひとまず納得&購入でしょうか(銀塩円熟期の高級コンパクト価格相当)。

デジ版TC1の登場は、53°画角f16遠近法の消失点あたりでしょうかねぇ。
みなさんありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-12 22:30:32

ANo.16

デジタル故の 繊細さ 構造的なものから フォーマットは有る意味多彩に
なりました、コンパクト機は小フォーマットにする事で、コンパクトさと
焦点距離の短いレンズで、シビアになったピントを被写界深度でフォローして
デジタル故のシビアさを「誤魔化して」きてた
時代が高性能高画質で 画素数が上がり 小さいフォーマットでは限界が
見えてきて 徐々にコンパクト機も大きなフォーマッットのものも登場
また、一眼レフと云うスタイルの枠を越えて コンパクト機と一眼レフ機の
間のミッシングリング的に
まずは 高倍率ズーム機 FUJIFILMのファインピクスSシリーズ
ネオ一眼系 形は一眼レフだけどレンズは交換できず小フォーマット
そして大きく嵩張る一眼レフの光学ファインダーユニット自体を省略して
レンジファインダカメラの様に薄いボディで作ってきたのが
ミラーレス一眼系
今メインはAPS-C系ですが マイクロフォーサーズの様にデジタル特化で
有る程度小さいフォーマットも優位になる場合も有り
ペンタックスQやNikon1シリーズが 特に体力的な衰えの人生の先輩方
ノ団塊の世代等年金等で裕福な世代に受けて 新しい楽しむためのカテゴリー
ができてきたのです.

で、フィルム時代の 一眼レフフラグシップが なぜあんなに重く大きかったのか
理由が存在します
それは質量で、ブレ等を押さえ込むためです。
今でこそ当たり前ですが 手ブレ補正機能自体 小さく軽くなったデジタル一眼レフ
フィルム時代に有った豊富な許容範囲もほとんど無くなり シビアになっている
とてもブレが如実に写る道具だったので それをフォローするために手ブレ補正機能を
のせて シビアさを緩和、誤魔化そうとする意味も大きかったと 私個人は感じます.
いかにも、初心者ユーザのフォロー機能として認識されていますが 有る程度の歩留まりが
フォロー機能無しでは厳しい道具 デジタルの本質は魔法の様に便利ではなく
単に量子的に区切って制御の簡略化であって 道具としてはかなりシビアなもの
過信誤解したままでは、上手くいかない 基礎基準をしっかり据えた運用が要る
融通の利かない道具なので

でデジタルフルサイズに話を戻して
フルサイズ機のフォーマット自体がシビアさが大きくなるもの
フィルム時代の中判ブローにカメラが 小さくなっても
一眼レフ構造では やはりそれなりの大きさが要る
レンジファインダー式で 厚みは押さえられても それなりの大きさ
同じ様に ライカのM型ならデジタルになってもそんなに大きさも変わらない
だだし デジタル対応レンズの開発は追いついていない

有る意味、ミラーレス機が デジタルカメラとして次世代に一番近い
一眼レフ構造に拘る限り 大きなミラーボックスと光学ファインダの
必要から それこそ現状の大きさから小さくなる理由が無いのです.
コンパクト機として レンズ交換式等の拡張性を捨てれば
ローライ35やコンタックスT等の様に 小型化の可能性として
“サイバーショット”『DSC-RX1』
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201209/12-0912C/
が発表されてきてますよ

フォーマットと構造の仕組みの 物理的な制約を過信して 無茶を望んでは駄目ですよ

投稿日時 - 2012-11-12 11:24:20

ANo.15

フルサイズクラスのカメラはプロ又はセミプロが使うものだから
機能を使いこなせる人が使えばよいからです

金余りの素人が値段が高ければよく映ると誤解して高級機を買ってもバカちょん程度の使い方しか出来ないのと同じだからです

特に画素数とかフルサイズで見栄を張っても良い写真(良い写真とはあなたはどんな写真を言うのでしょうか)
が撮れるわけではないのです
レンズ選択と性能関しても同じことがいえます

>当方、光学技術の専門知識はありません。どなたか、わかりやすく教えていただけると大変ありがたく存じます。よろしくお願いします。

あまり知識のない人がフルサイズを使ってもほとんど意味がないのです
かなり知識のある人でも通常の一眼レフであれば1千万画素でも十分すぎるのです

素人ほど画素数やサイズこだわります
それよりも、被写体とかシャッターチャンスとか構図しだいでいくらでも良い写真(芸術的に)が撮れるのです

投稿日時 - 2012-11-12 10:03:34

ANo.14

私も、「一眼レフ小さくすればいいのに」って素人的に思います。

保守的な人や一眼レフファンは、今までの一眼レフ又はその延長を
望んでいるのでしょうが、素人の自分としては、
「そんなに画質がいいのならば、小さくしてくれれば使ってもいいよ」
と思いますし、そう思う人は普通にいる気がします。

「小型化は、こういう理由で無理です」なんて、安易な結論にならずに、
メーカーは開発しているのではないでしょうか。
小型化できないのでは、現状できないのであって、将来についても
できないかは別の話だと思います。

自分としては、そのうち、小さい一眼レフが出てくることを期待しています。

投稿日時 - 2012-11-11 22:54:40

お礼

ありがとうございます。
私、決して1眼マニアではなく、むしろキャノネットとか、何度も引き合いに出してるTシリーズとかそういうゴロンとしてないカメラで、でも銀塩24×36カメラと同じセオリーで写真を撮りたい、という者です。パンフォーカスが嫌なら、広く浅い絵を望むなら黙って大きなフルサイズ1眼買いなさい、それがデジタルというものです、というのが限界とするならやはり寂しいです。もう何年か未来に期待します。

投稿日時 - 2012-11-12 00:57:51

ANo.13

一眼レフ機だと やはり フルサイズフォマットのミラーボックスのスペースの確保が要るから
また画像処理エンジンの処理能力も大きいため 大容量バッファファーメモリー等の搭載も有り
APS-C機より大柄になってしまう理由はありますよ?

またデジタル故に、フィルム時代に豊富に有った許容範囲がなくなり 繊細さが高くなって
精度がかなり求められるものになったので 小さくすると不都合が多いので
 
比較に出している RTSもF1もかなり大きいですよ
それに比べて この秋発売された NikonのD600やCanonのEOS 6D等は
APS-C機並みに小柄なものだったりしますし.

大分世代が重ねて フルサイズの撮像素子は手頃になってきたから
D600や6Dの発売に至ったのですが まだコンパクト機に搭載するのには
まだコスト的にまだ高いから 一眼レフ機より高いコンパクト機が
売れるとはおもえないですから。

またレンズの問題も 固定式の小型レンズがデジタル時代の繊細さ
で、フルサイズを活かす画質をだすのに、それこそ精度も上げないと
コストがかかりすぎて 一般向けの普及品としては見合うコストでは
作れないから

デジタルカメラが、駄々フィルムカメラのフィルムの代わりに撮像素子を載せれば
成り立つと 大ざっぱにしか考えていない、仕組みも便利なブラックボックスの
認識のままだから 厳しいようですが このような無い物ねだりの質問になってます.

根本的に なぜフルサイズ機としてデジタルカメラが出ていないかを
知ってほしい 
まずはフルサイズとして大判のフォーマットの撮像素子の制作自体が
コストがとてもかかるもの
今のフルサイズ機の撮像素子は SONYとCanonの素子の開発が進んで
量産化が進んだからです.
ほぼフルサイズのコンパクト機はもうSONYが発表してますし。
中判デジタルバックの大判撮像素子は 民生でなく軍事スパイ衛星等の
撮像素子を民生用に転換でまだまだ 生産コストも量産もすすんでいないから
かなり高価なのです.

また光学的に撮像素子が メインストリームがベイヤー配列で
フィルムが感色層で多層で光の波長のズレを吸収していたものが
なくなり シビアになってますし 一素子ごとにダイオードレンズで
素子間のキャップをフォローしていたりそのためにレンズを支える筒状の
支えの高さが有るために斜の光を捉えきれない、バックフランジの
浅いCanonEFマウントでは 大口径で電子化は楽だったのですが
広角で仮面周辺では斜の光が多くなり、フォローで前球の口径を
大きくして取込む量自体を大きくする等 レンズの大型化になっているから
これはデジタル対応レンズが フィルム時代の物より大口径になっている
事で気がつけるかと.
ですから >G15やLX7の大きさでなぜフルサイズを
要望は 無茶に近いものかと 
フィルム時代の 画像処理等の電子回路や機構を入れない時代の
ローライ35やコンタックスTシリーズの様に小さいものの可能性は
それこそもデジタル時代で制度の維持で季節ごとにメーカー整備が
いるような、カメラをほしがる酔狂なニッチユーザーはマイノリティーで
メーカーは商売にならないから作らないのですよ?

カメラを過信している状態ですよ 道具として興味が有るのなら
構造や仕組みを ブラックボックスのままにしないで
道具としてよく知って使いこなしてくださいな.

投稿日時 - 2012-11-11 22:28:55

お礼

ありがとうございます。
>比較に出している RTSもF1もかなり大きいですよ
RTSやF1は大きい例として挙げたつもりです(質問文をいま一度読んで下されば・・・)。
つまり、RTSやF1というゴロンと大きな1眼レフが高性能を謳ってた同時代にT2や35GTという小型機もあって、それらはみんな同じ24×36だったのだから、今もできるのでは、できないのならそれはなぜ、という質問でした。#12様や#13様のおっしゃるように現状技術的に無理(当方電子知識も光学知識もないため残念ながら核心は理解できませんが要するにデジタルはシビアなので銀塩技術をそのままスライドできない、ということでしょうか)ということのようでひとまずは納得です。

投稿日時 - 2012-11-12 00:34:12

ANo.12

センサー&記録メディア+その他必要な電子回路が有るため大きくなるのですよ
初期のデジタル一眼レフはフィルムカメラのボディーに電子回路取り付けただけだったので
本体の下にそれと同じくらいのユニットがくっついてとても大きかったのです
今のカメラはそれでも小さくなった方ですよ

投稿日時 - 2012-11-11 20:18:36

お礼

ありがとうございます。

何でもできちゃう21世紀、小さいフルサイズだって容易いはず、
なんでメーカーは作ってくれないの、という私の無知でした。

ということは、1/1.7に抑えているからこそのG15、LX7のあの大きさとも言えるのですね。
何も考えず135フォーマットを享受していたfilm時代はある意味円熟の楽園だったのかもしれませんね。

投稿日時 - 2012-11-11 20:54:28

ANo.11

A.1
ライカMは、フィルム時代と比べて縦横は変わりません。
背面に液晶モニターを設置したため、奥行きのみ4ミリ厚くなっただけ。

A.2
ライカMは、レンズに絞り環があり、ボディ右上にシャッターダイアルがある、昔からのオーソドックスな操作系。
基本的に、余計な機能は一切ありません。

私も含むライカ好きは、Q.1やQ.2のような変更は許せません。
ボディが数ミリ厚くなっただけで、強い拒否反応がおこった位ですから。
ご質問者様にはライカこそが、満足度が高いカメラかも知れません。

http://jp.leica-camera.com/photography/m_system/m_new/

投稿日時 - 2012-11-11 15:37:53

お礼

ありがとうございます。
結局昔も今も、わがまま言い出すと行きつく先はこの世界なんですねぇ。

ここで、#11様への意見ではなく、これまでの皆さんからのご意見に対して少し述べさせて下さい。
#8様へのお礼のところでも述べましたが、私はフルサイズのミラクル画質を求めているのではなく、24×36フォーマット(に由来する画角とボケの関係)を求めているのです。
もっと端的に言えば、広い画角で浅く撮るのが大好きです。つまり、望遠画像ではなく、スナップのように広く撮ってるのにピントが浅い、という絵です。これは、フォーマットが小さくなるほどパンフォーカスになって難しくなります。例えば6×6(120)75mmは135サイズの40mmぐらいの画角でしょうか、f8でもバストショットでは背景が綺麗にボケますが(しかも広がりのある画角で)、135サイズなら35mmでf4以下にしないと、というような感覚ノウハウです。APSではいったい何ミリで(25mmくらい?)いくらのf値なのか、1/1.7ではそもそもそんな絵が可能なのか、という不満といえば不満です。こいうことが、135film時代は小さなカメラでもみんな135サイズ(今で言うフルサイズ)であるがゆえに可能だった、そういう楽しさが旅先での小さなカメラにも期待できたのに今は大柄な1眼にしかできない、なんで小さいフルサイズ作ってくれないの、という質問でした。私のようなニーズ、まんざら少なくないのでは(T2、TVSのヒットを顧みると)と思うのですが、やっぱり超マイナーなんですかねぇ。

投稿日時 - 2012-11-11 18:59:12

ANo.10

1. #3、#6さん回答にあるように、電子部品や電池のためのスペースが必要、というのが大きいかと思います。レンズに関しては、使っているマウントが同じなので、ボディのサイズ大型化の理由にはならないでしょう。
フィルムカメラだと、撮像面の後はフィルムと裏ブタだけで薄くできるし、撮像面の上下もパーフォレーションのスペース+αで済ますことが可能です。
撮像素子だと、素子自体が撮像面より一回りは大きくならざるを得ないですし、背面は撮像素子の厚み+背面液晶、操作スイッチ類、基盤と厚くなる要因が多いです。
もっとも、厚みに関してはフィルムカメラ後期のものはデザインもあって、結構ゴロリとした厚みのある造りの機種もありましたが。

2.廉価機が多機能化しているので、それの上位に当たる機種も廉価機の機能を含むだけの多機能が必要と思われている、という側面はあるかもしれません。
(それ以上に、高額になることの理由付けに多機能化が使われているという面もありそうです。)
また、フィルムカメラだと、結んだ像をどう処理するか、に関してはカメラのボディはノータッチでした。色温度への対応は、フィルムの種類やフィルタで対応してたし、現像以降の処理はカメラ外で行われていました。
デジカメになると、こういった処理もボディで対応する必要があり、その分操作する項目は増えざるを得ないと思います。

投稿日時 - 2012-11-11 15:30:10

お礼

ありがとうございます。
像を結んだあとの仕事がある、なるほどです。
そこまで考えが及びませんでした。

投稿日時 - 2012-11-11 18:34:16

ANo.8

フイルム一眼レフからフルサイズデジタル一眼レフに移行しました。
今もフイルム一眼レフを使っていますが、当時は大きくて重かったニコンF2が今では小型軽量に感じてしまいます。

さて、フイルムカメラとフルサイズデジタルカメラの大きさですが、結局はパトローネ2つ分+巻き上げ機構と、撮像素子と電子機器の大きさの差になると思います。そして、今のカメラには当時なかった機能もあります。撮影時以外ではいろいろと設定が必要ですし、撮影時にはフォーカスポイントの設定、そして再生などです。このためにやたらとボタン類が増え、複雑で大きく見えるのかもしれませんね。

ただ、私見では、現在のデジタル一眼レフ、以前に比べて極端に大きくなっているとは思えないです。最初にニコンF2のことを書きましたが、F2は手動巻き上げです。オートフォーカスでもありません。オートフォーカスにするならセンサーやモーターが増えますし、連写を考えると比較対象はモータードライブを混みにした大きさと重さになると思います。
その場合、比較はたとえばニコンF4あたりとD800、F4SとD4あたりを比較するのが適当かな? と思えます。そうするとだいたい同じような重さになってきているのではないでしょうか?
フルサイズ機が大きく思えるのは、コンパクトカメラが胸のポケットに入る大きさで100g程度にまで小型化されてしまったからではないでしょうか? 以前ショールームで広角ズーム付きのフルサイズ、約2.4Kgの一眼レフを持って見て、十分使える大きさと重さ、と思っていたら、隣で若い男性がAPS-Cに軽量レンズの付いたカメラを持って”重くてとても使えん”と言っていました。コンパクトカメラを基準にするとそうなるのでは? と思ってしまいました。

投稿日時 - 2012-11-11 08:35:43

お礼

外出から戻ったらたくさんのご返答、皆さんありがとうございます。誠に失礼ながら、現時点での最終ご返答様の欄をお借りしてみなさんにお礼申し上げます。
さて、私の質問がのっけから無礼な物言いであったためか、御不快な思いをさせてしまったようで申し訳ありません(デジタルの進化を軽視するつもりは毛頭ありません)。
私の質問の真意をわかっていただきたく、ちょっと補足させてください。
135サイズ、120サイズ、4×5、・・・・それぞれに特有の被写界深度があって、かつて135filmと120filmで写真を覚えた身としては、このfilmサイズで、この距離で、このレンズで、この絞りならこんな画像(ボケ具合or締まり具合)、という感覚が染み付いてるものですからやっぱりその延長で写真を撮りたいというのが本音です。画素数やその他スペック値を追いかけて盲目的にフルサイズをあがめているというのでは決してなく、24×36フォーマットの感覚のままデジタルに関わりたい(filmはもはや特殊な世界となりつつありますので)ということです。ミノックス35GTでもニコンF3でもfilmのときは同じ感覚で撮れた、でもデジタルの場合フォーマットが全然違うため、例えばf5.6という設定の意味さえ全然違ってしまうということです。どなたかがおっしゃったように、デジカメという新しい別の道具ととらえ、新たな努力が必要なのかもしれません。コンタックスTVSがそのままフルサイズデジタルならいいのになぁ、というわがままな要望、それがなぜかなわないのかという無知な質問でした。みなさんありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-11 14:59:07

ANo.7

デジタルカメラでフィルムに相当するイメージセンサーというのは意外と高価です。
フルサイズと呼ばれるものだと初期の頃はイメージセンサーだけで十数万円。
それがカメラという形になると数倍の値段になります。

そういう高価なカメラが、感度と絞りとシャッター速度しか弄れないブツだとしたら納得できますか?
1万円しなかったフルオートの低価格フィルムコンパクトカメラと同じ事しかできないのにフルサイズだけどレンズ無しで30万円のデジタルカメラ…
「フザケンナ!」ですよね(笑)
でも、ランニングコストのことを考えると30万というのも非常識に高いというわけではないですよね。
24枚撮りフィルムのフィルム代と現像代(あわせて1,200円と仮定)から考えると、6千枚以上撮影すればフィルムより安上がりになりますよね。


半導体部品というのは元となる材料は決まった大きさの円盤で、円盤1枚の値段はほぼ決まっています。
1枚の円盤からたくさんの部品を作れば部品の単価は下がりますが、歩留まりが悪かったり部品サイズそのものが大きく1枚から作れる数が少なければ部品の単価はあがってしまいます。


メーカー側としては、売りだした商品を買ってもらわないことには商売にならないし、売れる見込みがなければ取り扱ってくれるお店も見つかりません。
となると、価格に見合う機能をつけて買ってくれる人にアピールする必要がある。

質問者様が言われているフィルムのコンパクトカメラは価格競争に突入し、レンズ付きフィルムに市場を侵食されそうな時期の話じゃないですか?
となると、コンパクトで低価格、それでいてある程度高性能のものじゃないとレンズ付きフィルムに対抗できないとメーカー側が判断して骨身を削る価格競争に突入していったのではないでしょうか。
実際、コンデジはそういう時代に突入したと見ていいでしょう。
レンズ交換式のデジタル一眼もPENTAXが価格競争の口火を切ってしまいましたが…

デジタルカメラが主流の今、そんなことを始めてしまったら企業の屋台骨が崩壊し、価格だけが取り柄の有象無象の新興企業に足元を救われてしまうでしょう。
デジタルカメラというのは、心臓部分の部品はパッケージ化されているので光学機器メーカーじゃなくてもデジタルカメラを作って売ることが可能です。元々デジタルカメラをここまで普及させるきっかけを作ったのが電卓メーカーでしたからね(笑)

NHKのプロジェクトXと言う番組で電卓メーカーのデジタルカメラ開発を扱ったことがありましたが、試作品のデジタルカメラは初期のプロジェクターそのもの。発熱もものすごかったらしいです。ついたニックネームが「熱子」と「重子」。
それが今のあの大きさまで小さくなったんだからすごいもんですよね。

フィルムカメラと比べるからそういう疑問が沸くのであって、まったくの別物で「カメラの形をしたもの」と考えればまた違った意見になるんじゃないでしょうか?


質問者様が思い描くフルサイズのコンパクトデジタルカメラで一番近いものはこれじゃないでしょうか?
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/pview/20121107_571181.html

投稿日時 - 2012-11-11 08:10:02

お礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございます。
私の質問の仕方が悪く、すみませんでした。
#8様と#11様へのお礼の欄にいま一度私の要望を書きましたので目を通していただければ幸いです。

投稿日時 - 2012-11-11 19:13:35

ANo.6

おっしゃる疑問はもっともですね。

一眼レフにはミラーがあり、
フランジバックの長さ(レンズマウントからCMOSまでの長さ)は
決められているので、短くできません。
これはフィルムの時もデジタルの今もほぼ同じです。

かつてのフィルムカメラは
フイルムの後ろは、すぐに裏ぶたでした。
いまのデジタル一眼レフは
CMOSの後ろに、基盤やら液晶やらで
ある程度のスペースが必要です。

この奥行きというか暑さの部分は削りようがなく
大きくなってしまう理由の一つです。

ファインダー側から見て左側のスペースは
フィルムカメラは、フィルムのパトローネの収まる部分で
ちょっと張り出していましたが、
デジタル一眼カメラになってからは逆に
この部分は削られ、左側の横幅は小さくなっています。

しかし、ボディの右側はというと
リチウムイオンバッテリーを収めるために
かなり横幅増加、大型化してしまっています。
使い勝手の部分でのグリップの大型化も加えられます。

私の考えられる理由は、こんなところです。

他の方が書かれていますが、もう一つの理由は
APS-Cに比べてフルサイズは高価格であるゆえに
価格に見合った見た目にするために
多少「わざと」大きくしている部分はあるでしょうね。

投稿日時 - 2012-11-11 06:37:45

お礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございます。
私の質問の仕方が悪く、すみませんでした。
#8様と#11様へのお礼の欄にいま一度私の要望を書きましたので目を通していただければ幸いです。

投稿日時 - 2012-11-11 19:12:50

ANo.5

そもそも 「フルサイズ」 に、あなたがこだわる理由がわからない。

あなたがいっているのは、撮像素子のサイズの事だと思うが、撮像素子は、もともと1インチ又は、あなたが言う所の

フルサイズ35mmフルサイズ(35.8 x 23.9mm)

でしたよ。これは1960年代のころ、テレビカメラは1インチの撮像管を使っていましたね。そう電子部品としては、1インチサイズが、ぎりぎり小さくできるサイズでした。

もちろん、3原色分離で、3管つかっていたので、当時のテレビカメラは今のスタジオ用テレビカメラと同じくらいあった。

これがCCDを使うようになって初めて、肩に載せて、担いで撮影できるタイプのものができるようになった。3CCDの開発ですね。これも当然、1インチ又は1/2インチでした。

これで初めて、家庭用のビデオカメラの普及版が発売されたわけです。

その当時CMOSもあったが感度もわるく、大きくできない、と言う欠点もあった。

なので、昔から、CCD、CMOSはフルサイズが当たり前、あなたが言うように、最近ではありません。


デジタルカメラの普及は、このCCDをいかに小さくして、大量生産するかがポイントでした。もちろん、画質など品質を、在る程度たもってです。

それが、Sonyを筆頭に成功したわけです。なので小さい方が、価値があり、先頭をはしっていたわけです。

小さいほうが、コストをさげ、電気消費量をさげ、いいことずくめでしたが、そこで、ジレンマを技術者は感じるわけです。

そう、解像度を下げずに小さくするには、1個のピクセルを小さくするしかありませんが、そうすると、感度が悪くなり、微妙な変化を抽出するにはノイズがひどくなり、とても無理。

でも開発が成功し、そのスケールメリットがもっともだせるのは、コンパクトカメラですよね。他社が5万円でだしていたのを、4万円で売れるようになるわけですから。

しかし、高級カメラ、又はプロ機材に関していは、全く逆ですよね。市場の声として要望されているのは、コンパクトカメラは、安く、壊れず、高性能。特に値段がとても大事。

高級カメラ、プロ機材は全く逆。値段が高ければ、高いほど売れます。

その答えが、キャノンがだしたCOMSの採用です。そう、世界で最初にCMOSに光を与え、採用したのはキャノンです。

これは、どうしても1インチより大きくなります。特に、ビデオカメラと違って、1CCDがあたりまえで、1CCDで3CCDと同じレベルの色再現性をだすには、どうしたらいいのかと、皆さん苦労しています。

本来 3 X CMOS個 を使うのが筋なんですけどね

現在のスタジオ用テレビカメラ(肩かつぎ型も)も、家庭用ビデオカメラも、ハイスペックなものは3CCDになっています。

それには、CMOSセンサーのところに、いろいろ工夫しないとだめです。なにせ3個分の機能をもたせるわけですから。

当然、1ピクセルが大きくなれば、感度がよくなり、色再現性や、暗い所でも、再現性がよくなります。

しかし、CMOSでは難しかったのです。それがキャノンでは成功したので、他社メーカーもデジタルカメラのセンサーにCMOSに切り替えてきました。

ほんの10年前のできごとです。

で、なぜ大きくなるかですが、パソコンやゲーム機に入っている、画像処理チップの事を思えば、相当小さくまとめているほうだと思いますよ。

4000X4000以上の100MB以上のファイルを1秒間に10個以上処理して保存されるわけです。これをパソコンでやってみてください。だいたいほぼ同じぐらいの処理かと思います。

やすいパソコンだと、たぶん1秒では終わらないかと思います。

最先端のパソコン以上の事を、あの大きさで処理してしまうわけです。

そうです、パソコンと思ってみると、まあ、こんなもんかなと思うはずです。

マックミニや、ノートパソコンなどの大きさと、カメラの大きさを比べると、同等か、カメラの方が小さいわけです。

当然処理を、より早くすると、CPUに熱がでます。その熱処理もあります。

電池と、CPU、CMOS、熱処理問題を間がると、大きさを考えたら、ものすごく小さいのでしょう。

フィルムには、電池の問題も無い、CMOSが抱えている問題も無い、熱処理も無い。当然フィルムの方が、コンパクトにできるかと思いますよ。もちろんモータードライブ(懐かしい響き)の電池は、ほとんどがカメラの下に取り付けてでかかったですね。

逆に言えば、小さい頃、あのでかさにあこがれていましたよ。何せ、5万円以上していましたからね、モータードライブの装置は。いかにもプロって感じでしたね。


>2)なぜ、どれもこれもいろんな機能を載せるのでしょうか? ISOと絞りとシャッター速度があれば

これは前述で説明したように、CPUが相当な能力をもっています。これを画像処理だけに使う手はありません。

なので、あなたが余計とおもっているような機能は、現在搭載されているチップからすれば、ほんの片手間。

まあ、わからないかもしれないが、インテルと言うパソコンのCPUを作っているメーカーですが、そのあまりあるチップで、あまり使われていない箇所があることに気がつき、それらを積極的に使うようにしたのが、

ハイパースレッド (略称: HT)

と言う機能で、本来1個のCPUに2個分のCPUの処理をさせるようにしました。これは使用されていない部分を、仮想的にもう一個あるようにみせる技術です。これを現在では

1コア2スレッド (2 X CPU)
4コア8スレッド (8 X CPU)

と呼ばれ、コアが実際に埋め込まれているチップの数でスレッドが仮想的に、もう一つのチップを構成しています。

つまり、昔だと1インチにつめる機能が、1/2、でつめるようになった、1/10になった、そして現在では1/10000ですむようになった、じゃ、空いた所で何をするかです。

それがコンパクト化と、高性能および高機能化への2分化です。

実際、マーケッティングすると、コンパクトカメラユーザーは、流行の機能以外は、あまり使っていないし、欲しいとも思っていないが、高性能なカメラを持っている方は、

より、高性能なことを求めます。

たとえば、AFや自動露出などですね。実際、オリンピックとかの現場でも、オートを使うプロの方が多くなっています。パパラッチの方もオートを使う場面が多くなったと証言しています。

もちろん全自動ではなく、シャッター優先とか、AFでもキャノンのように、後から微妙にピントが修正できる、半自動ような機能です。

昔だと、フィルム4、5本使った撮影(野球とか)でも、ピントがあってないものもたくさんあったと先輩から聞いたことがあります。いまじゃ、高校生レベルで、ピンボケの写真はないそうです。

まあ、あと5年もすれば、現在より、ひとまわり小さくなるでしょうね。カメラのチップも 30n プロセスよりしたの20n 世代にはるようですから(今は40n世代?)。

なにせニコン、インテルとの提携ですから。またキャノンも

http://search.yahoo.co.jp/search?b=1&n=10&ei=UTF-8&fr=ie8sc&p=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%E3%80%80%E6%8F%90%E6%90%BA

投稿日時 - 2012-11-11 01:24:01

お礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございます。
私の質問の仕方が悪く、すみませんでした。
#8様と#11様へのお礼の欄にいま一度私の要望を書きましたので目を通していただければ幸いです。

投稿日時 - 2012-11-11 19:12:08

ANo.4

(1) コンパクトカメラで要求される画質であればフルサイズのCCDはオーバースペックでしょう。
フルサイズにすれば光学系も大きくかつ高価になりますからコストパフォーマンスの点からも売れないでしょう。
フィルムカメラであれば110やAPSの様に特殊なフィルムを使用する事より光学系に無理をさせても35mmにするメリットもあったでしょうが撮像素子ではそのメリットはないと言うことですね。

一時は小型化を競っていましたがカメラとしてはある程度の大きさがないと使い勝手が悪く売れなくなったようです。
さらにこのクラスは携帯電話のカメラ機能で十分と言うことで姿を消しています。


(2)電子製品でのコストダウンはとにかく量産する事です。現行製品で機能を使わなければ済むものをわざわざ別製品とすれば「シンプル廉価版」ではなく「シンプル高価版」になります。

投稿日時 - 2012-11-11 00:08:38

お礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございます。
私の質問の仕方が悪く、すみませんでした。
#8様と#11様へのお礼の欄にいま一度私の要望を書きましたので目を通していただければ幸いです。

投稿日時 - 2012-11-11 19:11:22

ANo.3

技術的な問題と需要の問題の両方だと思いますよ。

技術的には高性能多機能な電子回路を格納する Space と、それを駆動するための大容量 Battery を格納する Space が必要なことで、Battery に関しては大容量 Compact な Lithium Ion Battery の時代になっても昔の Motor Drive 機構のような形をした増設 Battery がないと心もとないという需要もあるほどですから・・・。

Lens も PENTAX の Pan Cake Lens Series のような Compact な AF 固定焦点 Lens もあるものの、Lens Kit と呼ばれる一般的な Lens はどれも短焦点から長焦点までを複雑な収差補正 Lens を重ねても明るい F 値で Cover しようとする大柄な Zoom Lens ですし・・・。

需要の観点から見れば高額の Camera ほど機能と性能に高度なものが求められることから電子回路が複雑になるばかりでなく、あちこちに Switich やら Dial やらを配することから Body もそれなりに大柄になってしまうのでしょうね。

一方 APS-C Size や Four Thirds 系の Camera では Simple に徹して、写りの善し悪しは User 本人の技術ではなく、お任せ Auto Program と Camera Maker の神話的 Brand 価値に負う Compact な Camera 需要があるのですが、こうした需要を 35mm Full Size Camera に求める人はまだ少ないということなのでしょうね。

AF Lens なんか動作しない MF Lens 専用機で、露出計は付いてはいるものの何から何まで Manual 設定で、背面液晶 Panel すら付いていないのだけれど、画像 Engine 回路だけは CANON や NIKON の最高額機種と同じという Simple で Compact ながらも値段は APS-C 機や Four Thirds 機よりも遥かに高額な Camera・・・なんて誰も買わないだろうと思いますよ(汗)。

35mm 以上となる、例えば 645 ならば Image Sensor だけでも 35mm 以上の Advantage がありますので、多少の機能不足も許されるでしょうが、35mm Full Size 機は機能や性能に於いて APS-C 機や Four Thirds 機に劣るものは許されないというのが需要と供給の両 Side に一致する意見なのではないかと思います。

既に APS-C と Four Thirds という Lens 群の市場が確定していますので、Lens 市場から見れば 35mm Full Size は Pro' が安心して使えるように機能性能共に最高のものを、APS-C は手軽に Full Size の機能や性能を楽しめると共に Simple で Compact な方向にも Variety に富んだ Consumer 向けのものを、Four Thirds は Compact Digi'Came' の上級市場として Lens 交換の機会まで提供する Camera という位置付けが行われているのではないでしょうか?

個人的には 35mm Image Sensor の価格低下に伴って 35mm Camera が APS-C Camera 市場に降りてきて、Simple で Compact な Camera は Four Thirds 系に集約されるのではないかと思っているのですが、そうなるとしてもまだ先のことですね。

投稿日時 - 2012-11-11 00:08:23

お礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございます。
私の質問の仕方が悪く、すみませんでした。
#8様と#11様へのお礼の欄にいま一度私の要望を書きましたので目を通していただければ幸いです。

投稿日時 - 2012-11-11 19:10:03

最近の技術の進化には驚愕するものがありますが
銀塩でもデジタルでも映像の記憶にドット
即ち 点 がそのすべてを司っていると言う考え方ならば
高級機は一億素子ぐらいあります
方や 私も持っているのですが小型になると勢い有効画素数は千万が良いところですね
一億と一千万ではそれこそ
桁違いですので まだまだ 御店の片が仰る様に需要が無いのでしょうね
需要が無いから小型化もいまだ成し得ず
というのが本音でしょうか
私も早く一億画素超小型一眼レフ
の実用化に向けた取り組みをしてほしい
と考える者です
<(_ _)>

投稿日時 - 2012-11-11 00:02:30

お礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございます。
私の質問の仕方が悪く、すみませんでした。
#8様と#11様へのお礼の欄にいま一度私の要望を書きましたので目を通していただければ幸いです。

投稿日時 - 2012-11-11 19:09:15

ANo.1

最近の流れはわからないのですが、
銀塩でもアサヒ6x7とか、マミヤRB67などは
120,220フィルムを使って、レンズ、ボディともに大きかったです。
フィルムのサイズに合わせるためにはある程度口径の大きなレンズを
使って、焦点を合わせるためのフランジバックをとらないと
ピントを合わせられないことになります。
35ミリ一眼でも望遠になるほどレンズの長さが必要なのはそのためです。

銀塩の一眼でもAFが主流になればなるほど
シャッタースピード、絞りはカメラまかせが多くなってきて
その流れがデジカメへつばがっているんでしょう。

プロ用の器材なら、目的にあわせて設定を細かく調整できるのですが、
素人が使うカメラとけたが二つほどちがうので
一般的には売らない、売れないんでしょう。

投稿日時 - 2012-11-10 23:39:19

お礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございます。
私の質問の仕方が悪く、すみませんでした。
#8様と#11様へのお礼の欄にいま一度私の要望を書きましたので目を通していただければ幸いです。

投稿日時 - 2012-11-11 19:08:26

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-